カテゴリー「01)達の巻」の104件の記事

2021/11/27

1)桜、咲くか。

2)若干の機能不足は否めない。そこは割り切りが大切である。軽である。乗り心地、ハッタリ感。長距離走行性能。そこを期待してはいけない。経済性、V2H、H2V、シティコミュター性。そこのキャラクターを十分評価しなくてならない。

3)長くても、あと10数年で、我が免許も返納することになるだろう。生涯最後の車にもなり得る一台であって欲しい。そのためにも、10年乗って、後悔するような車じゃダメだ。リーフのように、7〜8年で、ユーザーのため息があちこちから聞こえてくるようじゃダメだ。20のように最後は感謝して終われるような一台であって欲しい。

4)しかも、これまでの歪んでしまったKカーの存在を正すような、しかも明るく楽しい未来を暗示させるような、未来感を感じさせてほしい。

5)桜が咲けば、bZシリーズにも良い刺激になるだろう。他のメーカーも黙ってはいまい。オイル高の今、家庭充電の必要性と優位性、必然性に、ヒットをかましてほしい。カルロスゴーンの負のイメージを払拭してほしい。

6)桜が素敵だったら、何ももう一台欲しいなんて言わない。マイファーストになってほしい。そもそもが長距離を走るなんて、年に数回しかなかった。これからはますます減るだろう。シティコミューターとしてのコンパクト性、未来性、経済性、その中に存在感を示してほしい。

7)   雪消えて桜花咲く大和かな    把不住

| | | コメント (0)

ND再燃


見た瞬間に運転してみたくなるようなスタイル。走り出した瞬間から操る楽しさを実感でき、いつまでも走り続けたくなるような人と車の関係を追求した車です!颯爽と駆け抜けて行くそのスタイルに誰もが魅了されます。

1)友人がヤリスでやってきた。へー、ヤリス。ちょっとやりすぎ?と思ったが、実は車検の代車だという。彼は私よりスリムだが、身長は高い。開口一番、こりゃ狭くてダメだ、という。そりゃそうだろう。私とおんなじ意見だ、というより、世間相場はそうだ。ヤリスは思ったより売れないんじゃないかな。

2)スカイラインに乗っていた知人が、何年か前に、ノートePowerにのりかえた。そしてつい最近、中古ベゼルになった。高齢になったし、家族構成も変化があった。それにしても、UCとは。新車ばかり数年で乗り換えてきた男が、またどうしたことか。そしてSUVかよ。

3)車は実用性が高く、また趣味性も高い。環境性能も問われるし、政治戦略的な社会情勢も関係してくる。これら全ての要請をカバーすることは難しい。これら4つの方向性を満たす車など、本当は少ない。

4)翻って考えると、nhw20exは、私にとって、極めて稀なベストチョイスだったのだと思う。廉価な5人乗りHV,。ハッチバックの実用性は、430cmというサイズ感と共に、あまりにピッタリしていた。exという期間限定のタイミングもあって、コスパも良かった。あのムーミン顔も良かったし、ハイブリッドという旗艦車的雰囲気も良かった。

5)しかし、ここに来て、13年目のハイブリッドは、全然目立たなくなったし、そもそも燃費も下がってきた。家族構成も変化して、たまには一人でのんびりした雰囲気に浸りたい。そう言った意味では、やはり乗り換え時期なのだ。だが、我が20に匹敵するベストチョイスが、現在見当たらない。オールインワンの究極の一台がない。

6)そこで赤NDが再燃する。もし日産新EVさくらがハマったら、さくら+N Dの2台持ちもありかも知れないと妄想する。桜は徹底的に女房仕様にして、NDはオレ仕様のわがままを許してもらう。2台合わせてのコスパも検討すれば、NDが、NCやNBになっても仕方ない。それほど、心が奪われてしまっているのだ。

7)いつ出るかわからないNEを待つことは出来ないし、おそらくBEVにはならない。出たとしても新車じゃ無理。2席じゃ無理。いっそbZシリーズ待ちかとも思うが、これもまどろっこしい。そして20のサドンデスも、もっと怖い。赤NDもUCを狙う限り、出たとこ勝負の一品ものだ。決断を迫られる。

| | | コメント (0)

2021/11/25

テスラ 黒船

https://youtu.be/htW1KoiD4fA

https://youtu.be/OAsWVSm-PbM

Img_5713

1)いくつかのテスラ情報を見た。確かにすごいと思った。車のボディとしての作り込みはこれからとしても、このワクワク感は一体なんだろう。車というものの意味合い、存在意義が、すっかり変わってしまいそうだ。

2)価格もかなり現実的になって来た。補助金を入れると、300万台まで来ている。どうかすると、NDロードスターやプリウスなどと、ほとんど同等だ。日産さくら?が補助金使って200万などと言っているうちに、テスラでさえ、200万切ってくる可能性が出て来た。

3)何と言っても驚くのは、そのスピードだろう。出力としてのスピードもだが、イノベーションとしての開発のスピードだ。モデル3だってとても魅力的だが、この次には、さらに小型化したハッチバックが入ってくるらしい。これは、まさに時代の到来だ。

4)同程度の性能で、同程度の価格だったら、やっぱり私は日本製が欲しい。輸入車は、細かいところで、いろいろな不都合が出てくる可能性がある。操作や、部品関係、サイズ感などは、国産メーカーに大いに期待する。

5)しかし多機能化するスイッチ類をタッチパネルひとつのに集中する、なんてことは、日本メーカーにはできないかも。パンフレットも作らず、宣伝もしない、広告費ゼロ、なんて販売方法はできないだろう。

6)新型車を、何の予告なしに、プログラムの更新で一気にやってしまうなんてことは、日本車にはできないかも。しかしそのような黒船に対抗しなければならないのも事実。

7)本日の気分は、本命テスラ、対抗bZ、穴サクラ。

 

| | | コメント (0)

街角のテスラ

Fb7abe74d3254cafa1d02b7ab4d51559

1)自宅の表通りまで帰ってきたら、見かけぬ車が前を走っている。よく見たらT のエンブレム。おお、これが噂のテスラですか。

1aa993e012114c8b98203c1b9ad78ec3

2)遠い国のお話とばかり思っていたが、いやはや、我が家の前まで来ていたのである。用もないのに、ついつい追いかけてしまった。

87408e0938e341b1b68361c14076b9f1

3)追っかけをしながら、思った。結構大きいな。取り回しには苦労しそう。デザインはもっさりしていて、どこという特徴はない。エンブレムがTではなくて、C国とかK国とかを思わすような車だったら、ちっとも魅力的ではない。

4c170d43eea94c84bd4cb9bd44daa041

4)でもそんなテスラを買って乗っている人たちがいるのだ。きっとそれだけの魅力があるのだろう。例の車は飛行場の方に曲がっていったので、追っかけはそこまでとした。

5)総合的に判断すれば、テスラの狙いも悪くはないが、トヨタをはじめとする日本車勢も、決して間違っているとは思えない。

6)少なくとも、これから10年、私が生涯最後の車を選ぶということにおいては、ほとんど何の影響もなかろう。

7)経済的に個人的に責任を持って管理でき、無理なく運転して自分も他者も決して傷つけることなく、安全に走行、運転できるなら、あとは、ノンビリ楽しめばいいだろう。

 

| | | コメント (0)

Imk さくら?

4ed9510893714623ab6c19980e1a7b86
1)日産三菱連合の軽EV 、Imk (さくら?)が見えてきた。本体価格220万、補助金50万、冬タイヤや税込みで200万程度に収まるなら、買いだ。

2)トヨタからも出るであろうが、bZ4Xの後になるだろう。

3)来年2022春以降からの予約として、納車は2022後半から、2023にかかるか?

4)高齢家庭のファーストカーたりえるか? 我が家の奥さんにも運転できるレベルか? 見極めるのが、楽しみである。

5)仮にトヨタ車体の一人乗りEVコムスにしたとしても、適当に経費は掛かってしまうし、絶対にファーストカーにはなりえない。

6)我が生涯最後の車は、さくら?であったか? まず、知れもよし。しかしまだまだ、2台持ちの可能性も残る。

7)ステラばかりがEVではない。最近何やらステラは通信障害を起こしたそうな。

| | | コメント (0)

2021/11/24

EVいつ買うの? 今でしょ!

| | | コメント (0)

テスラ ロードスター

Photo_20211124004801

1)

| | | コメント (0)

2021/11/23

EV


1)EVって、まだまだだと思っていたが、いやいやどうして、革命、あるいはイノベーションは、刻々と確実に進行しているかも知れないぞ、と思い始めた。

2)思い出すのは、スマホのこと。国産もなかなか頑張っていた。iModeなんてのも世界をリードしていた。しかしワールドワイドにならなかった。日本人は英語標準じゃないからな、思っていたが、どうもそこではないらしい。日本の通信機器は一気に抜き去られ、急に古び、そして絶滅していった。

3)タブレットもまたそうだった。こんなもの使うか、なんて馬鹿にしていたのは、ほんのちょっとの間だけだった。今やこうして、寝床でブログをタブレットで更新している。PCより至って便利である。家電業界もそうだった。日本の名だたる家電メーカーが次々と沈没していった。

4)自動車業界だけが安泰だなんてことはない。トヨタだって、日産、ホンダだって、ウロウロしていれば、ガラパゴス状態から、一気に砂漠化してしまう可能性がある。

5)最近の新車を試乗していて思うことは、あれこれ新機能を取り込み過ぎて、ボタンだらけになっていること。自分はいいとして、奧さんが運転することを考えれば、うるさくて仕方ないだろう。むしろ大型ディスプレイにまとめて表示し、随時通信で更新していくのが当然のように思えてくる。いらなくなった古い機能のボタンなんか、次々と削除して仕舞えばいいのだ。

6)給電の施設なども、急増させる必要はない、自宅で夜間なりに充電すればそれで済むこと。水素はやっぱり、遠い。水素は、結局はマッドサイエンスに終わるのではないか。蒸気機関車やコンコルド、などのように、いずれ科学博物館のお宝となりはてるのではないか。

7)精神的ガラパゴスならぬ、地球人スピリットを標榜する当ブログとしては、どの国のどの企業に軍配が上がったとしても、一向にナショナルストに戻る気はないが、より広い視点から、より科学的で、より全体的な先進の未来が切り開かれていくことを望む。

 

| | | コメント (0)

2021/11/22

EV化

 

1)思った。もうここまでテスラが攻めてきているのか。ネットのUC市場でも、すでにテスラは400万台で買える時代なのだ。

32bd0d3f368c4056a2b6e9efa8dfb586

2)個人カーシェアにおいても、ほとんどNDと変わらない程度の経費でテスラに乗れる時代だ。買うことはできないが、レンタカーなら可能だ。しかも市内に2台ある。近々乗ろう。

Fd570924cf4440c3ae5a561babcc19f5

3)わが1/5NDも実はダミーで運転席はデジタル表示にしてあるし、ボンネットの中には、電子機器の基盤類を設置してある。これって結構EVっぽいんじゃない?

1256f964dab7460eaf038f1d940e332f

4)1/5制作はそろそろ切り上げようかな、と思っていたが、最初の目論見通り、孫たちの廃品リモコンカーの部品を活かして、きちんとEV化まで到達する必要があるのではないか。

5)そもそも、このリモコンカーは充電式乾電池で動いている。それを、我が家の屋根に乗っている太陽光パネルで充電すれば、まさに地産地消のモデルケースとなるだろう。

4c3bc1df2ac248f6b5a6a4600918009c

6)ごく最近、業者にチェックしてもらったところ、8年経過したパネルであるが、至って正常に稼働しているようだ。

7)リーフも1日無料で乗れることになったし、ここからは一気にEV化を推進しようではないか。ここまでくると、私は次なるNEがEVになっても、いいと思う。日産の新型軽EVも、早く出ないかな、と待ち遠おしくなってきた。

| | | コメント (0)

2021/11/21

テスラの支配

L_evventure0

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧