カテゴリー「02)遼の巻」の108件の記事

2021/08/19

地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<83>「進の巻」について

<82>よりつづく

「地球人スピリット・ジャーナル」ダイジェスト版

<83>把不住述懐「遼の巻」について

1)ちょっとだけ、いつもより投げやりになってしまった。いちいちひとつひとつの記事のリンクを貼りながら書くことが、実に億劫になってしまった。今回は、ベッドに寝ころびながら、型落ちタブレットで、実にルーズに下書きをし、それをそのままアップした。

2)時間がくれば、そしてやる気が戻ってくれば、タイトルを付け直したり、リンクを貼り続けたりしたが、実にラフなカテゴリになってしまった。

3)そもそもが、自分勝手なブログであり、別段誰に気兼ねする必要もないのだが、やはり当ブログとしての統一したフォーマットあってしかるべきだろう、という思いで15年間やってきた。しかし、それがほころび始めている。

4)今回は、このカテゴリこの三冊でもわかる通り、ロードスター、というイメージに引っ張られた108記事だった。もっと正確に言えば、NDソウルレッドクリスタルメタリック、のひとことに尽きるだろう。

Img_5633

5)ここから派生した、さまざまなことどもが乱舞した。結論はでていない。結論はでていないが、収束過程に在り、その結末は、なんと、フェラーリレッドのEVコムスへと向かっているかに見える。(@_@)



Img_5634

6)次のカテゴリ名は、「達の巻」となる。他意はない。身辺の姓名ゆかりのネーミングである。リンクはなにもない。ただ、時期を表すひとくくりの名前である。

7)書かれたのは、2021/05/28から2021/08/19まで。夏至に書かれるべき、新刊書ベスト10は、休んだ。

| | | コメント (0)

再読したいこのカテゴリこの3冊「遼の巻」編

 

再読したいこのカテゴリこの3冊「遼の巻」編

71at5amfasl
    51ig26tyyjl

    B09bq63py801_sclzzzzzzz_sx500_

 

| | | コメント (0)

021 - 2022 年 コンパクトカー のすべて (モーターファン別冊 統括シリーズ Vol. 134)


2021 - 2022 年 コンパクトカー のすべて (モーターファン別冊 統括シリーズ Vol. 134) ムック – 2021/6/21
No.4564★★★★☆

ロードスターは、現在のNDは1500CCである。20プリウスEXも1500CCである。私にはこのサイズがぴったりのようである。ということは、このコンパクトカーの範囲が適当なのであろう。

このサイズのジャンルにおいて、そのどのようなクルマがあるのか。みておくのも悪くない。



| | | コメント (0)

スポーツカーのすべて  2021-2022年


ニューモデル速報 統括シリーズ 2021-2022年 スポーツカーのすべて 
三栄  (著)  
No.4563★★★★☆

| | | コメント (0)

ROADSTER BROS. (ロードスターブロス) Vol.20



ROADSTER BROS. (ロードスターブロス) Vol.20 (Motor Magazine Mook) ムック – 2021/7/29
No.4562★★★★☆

いくら季節とは言え、ロードスターにボートや自転車をつんで、アウトドアをやろうというのは、極端なハチャメチャさd。私は、もうついてはいけない。楽しい人たちはどうぞ。

なにか、楽しむ、ってことの意味が、かなり違っている。

| | | コメント (0)

最新2021-2022 国産車選びの本


最新2021-2022 国産車選びの本 (CARTOPMOOK) ムック – 2021/5/26
No.4561★★★★☆


| | | コメント (0)

ハイパーレブ Vol.255 マツダ ・ ロードスター


ハイパーレブ Vol.255 マツダ ・ ロードスター No.12 (ニューズムック 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイド) ムック – 2021/7/30
No.4560★★★★☆

ふと気が付くと、あおられるだけあおられてしまったな。

あれもよし、これもよし。外側にいつまで、何を求めているのだろう。

| | | コメント (0)

ROADSTER BROS. (ロードスターブロス) Vol.19


ROADSTER BROS. (ロードスターブロス) Vol.19 (Motor Magazine Mook) ムック – 2021/1/29
ROADSTER BROS. 編集部 (編集)
No.4559★★★★☆

| | | コメント (0)

2021/08/18

「スピリット・オブ・ロードスター」<68>続き

<67>からつづく

1)ポン友来る。クルマ談義になる。私は例によって、ロードスターからコムスの話題提供。彼は自分のクルマの話。

2)彼は3年で12万キロ走ったという。大体行きたいところは走ったな。後はも少しこまめに走る、と、メッシュを細かくするらしい。高速は使わない主義。私はいつも決断力がない、と反撃を食らう。

3)市内に一台コムス登場、画像を見る限り正常価格で美品だが、過走行。特徴はないが、これだったら、満充電してもらい、自宅まで持って帰れそう。ほぼノーマルなので奥さんも乗りたくなるかな。タイヤが耕運機風なのが、気になるが。

4)ロードスター1/5ウッドモデル製作スタート。なかなか楽しい。

5)二番手中古店から電話くる。検討されましたか。検討したけど、結論はまだです。お早めにどうぞ。はいはい。

6)ポン友が、決断力がないなぁ、と嘆くのがわかる。EVはまだまだだ、でお互い納得。

7)で、彼は最新中型SUVでドライブを繰り返し、私は廃物アートで1/5ロードスター製作にいとしむ。是好日。

<69>につづく

| | | コメント (0)

2021/08/17

「スピリット・オブ・ロードスター」<67>決定打

<66>からつづく

1)決定打がない。いや、ある。すでに20プリウスEX11年目の車検の車検で決定である。迷いに迷うので、すでにディーラーに早めの予約済みである。ここは決定している。

2)ここから2年間が 、熾烈な戦いとなろう。

3)日産リーフはどうなのか。65歳以上なら190万補助とか歌っている。ええ、本当?と関心を寄せてみるが、元値が410万とか。そもそもあのクルマ、そんなにするもんだろうか。見かけの値下げ詐欺っぽい。いずれ近々試乗して見積もり取ってみよう。

4)トヨタにはすでに限定販売されているC-podがある。二人乗りにして、ドアをつけたコムスである。これは乗んなくてもいいし、170万はちょっと高い。継続走行150キロは魅力だが、やはり私ならセカンドカーだ。保険料も自賠も税金もあるので、Kの安価なものを買ったほうがいい。充電も200vで5時間程度とか。

5)そんなに20EXが快調ならと、全塗装を考えてみる。15~20万程度でいきそうという。だが、車が使えない期間は1ヶ月以上程度だとか。現実的ではない。

6)コムスもバッテリーの持ちは悪くなる一方だろう。私にとっての片道20キロ程度の一人旅とは、どんなもんだろう。コムスだからこそできることは何か。

6)ロードスターに乗ったとしても、いつもいつも遠乗りばかりするわけじゃない。まったく、人馬一体していない。

7)つまり、決定しているのは20EXの車検継続のみ。このような議論を、これから2年間、続けるのだ。

<68>につづく

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧