« 小説 ある日突然 7 | トップページ | タイトル »

2023/11/02

風邪薬

1)なんとなく体が重かった。連日の練習の疲れが溜まってきたか、風邪ひいたか、気温だ高かったからか。まぁどれも正解だろう。3分の1づつ、正解だろう。

2)とにかく風邪薬を飲んでいくことにした。今日の練習は、割とスムーズだった。だけど、ちょっとボヤッとしたものだった。幕間のきがえに力が入らない。のんびりとしている。結局、間に合わず、周囲に迷惑をかけた。

3)明日は公演前日。みんな練習に熱がこもっている。でも、明日午前はインフルエンザ予防ワクチンを打つ日だ。大丈夫か、オレ。

4)これじゃぁ、とりあえず明日はエナジードリンクでも用意しておかなければ、ならないかも。ホントは飲みたくないのだが。

5)いよいよ緊張は高まる。緊張するというより、ボーッとして、緊張から逃げている、というのが本当か。

6)当日は、水だけが持ち込みOK。いやいやそれもトイレが近くなる。多飲は禁物。

7)とにかく、今日は、寝る前に風邪薬を飲んで、焼酎を引っ掛けてから、布団に入ることとする。

| |

« 小説 ある日突然 7 | トップページ | タイトル »

03)老齢の密かな愉しみ<1>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説 ある日突然 7 | トップページ | タイトル »