« 【PRIUS × Safari】Special Movie | トップページ | Ma Bodhi Dwari (Brazil) interview by Ma Dharm Jyoti »

2023/01/30

訃報

1)知人が、また一人、亡くなった。年齢は私より幾分若い。こればっかりは年齢順とはいかない。ご冥福をお祈りいたします。合掌

2)働き者だった。家族思いだった。口数は決して多くなく、しかし物事のしっかりわかった人だった。

3)数年前から体調を崩しているのは知っていた。もうかれこれ、20数年の付き合いである。家族環境もわかるし、住まいの環境も知っていた。ある意味、理想のライフスタイルを送ることができる人だった。

4)死は、等しく、誰にもやってくる。そこまで、どのように生き、どのようにその機に対面するのか。

5)それは人間として生まれた以上、誰もが、心のうちに抱えていく大命題である。避けては通れない。

6)それは誰あろう、私にとっても大命題であり、これまでも問い続け、これからも問い続けていかなくてはならない、人生のもっと中核に位置するテーマである。

7)これまでも多くの人を送ってきた。これからもきっと、そのようなことが続くのだろう。そして私という存在も、いずれは大きな存在の中に消えていくのである。

| |

« 【PRIUS × Safari】Special Movie | トップページ | Ma Bodhi Dwari (Brazil) interview by Ma Dharm Jyoti »

08)素晴楽堂消息★其の弐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【PRIUS × Safari】Special Movie | トップページ | Ma Bodhi Dwari (Brazil) interview by Ma Dharm Jyoti »