« 【TOYOTAがHVをいまだに出す理由とは?】時代はEVなのにTOYOTAがいまだにHVに力を入れる理由とは? | トップページ | 町山智浩 映画『ファーザー』『ディック・ジョンソンの死』2021.03.02 »

2022/11/23

雑感20221123

1)新型コロナ🚘、本日発売! じゃなかった_| ̄|○  新型コロナワクチン5回目接種。筋肉痛で、夜中に目が覚める。体温は平熱。10日ほど前に、インフルエンザワクチン注射を打った時は、全く平常だったのに。

2)新型プリウスミサイル攻撃に、撃沈。毎日、ネットの紹介記事に釘付け。ただのセダンなら、いくら13年落ちとは言え、我が20EXで十分だ。不足なし。しかし、2000phevには、降参。領土を開け渡さざるを得ない。いろは、メタリックシルバーが一番かっこいいと思う。

3)価格は未発表だが、2000phevで400万、補助金付きで350なんなら、誰でも手が届くEVを許さざるを得ない。それ以上なら、全く興味の範囲外となる。EEZ領海範囲の外、ということになる。迎撃する意味さえない。

4)外観はまぁいいだろう。mx5と横並びさせた場合、300万のmx5もまだまだ魅力的だ。だがツーシーターは、現実的ではない。4m60も、本当は現実的ではない。つまり両方とも失格だ。

5)限定型小型ミサイルが、必要である。日産サクラは中途半端。価格は、あの半分くらいがちょうどいい。つまり、原価償却した20EXに、まだまだ勝機がある。もうこれしかないだろう。

6)速度は十分、加速も十分、ボディへたりもまずまず限界内。乗り心地、必要にして十分。その他、維持費、車格、ボディサイズ、問題なし。コモディティである限り、何の問題もない。愛車としては、なかなか憎い奴である。スピリット、まだまだ腐っちゃぁいませんよ。

7)冬タイヤさぁ来い雑魚どもドンと来い 把不住

| |

« 【TOYOTAがHVをいまだに出す理由とは?】時代はEVなのにTOYOTAがいまだにHVに力を入れる理由とは? | トップページ | 町山智浩 映画『ファーザー』『ディック・ジョンソンの死』2021.03.02 »

09)素晴楽堂消息★其の壱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【TOYOTAがHVをいまだに出す理由とは?】時代はEVなのにTOYOTAがいまだにHVに力を入れる理由とは? | トップページ | 町山智浩 映画『ファーザー』『ディック・ジョンソンの死』2021.03.02 »