« 私が新型プリウスを買うとすると。 | トップページ | Hi speed action »

2022/11/26

私が新型プリウスの動画を見る理由

1)待っていた。30、40、50が、クソだった。美しくない。欲しくない、そんなモデルが続きすぎた。今度はどうなる? 期待した。スポーツ性も相まって、後ろドアノブを隠したのも良い。だけど、おおきすぎるな。

2)値段が気になる。phevは400万前後になるだろうが、それがグレードや補助金などで、どれだけ現実的な数字になるか、見定めたい。ソーラーパネルやパノラマルーフだけでは納得できない。新型アルファなんてバカみたい。

3)各者の意見を知りたい。いまのところ、トヨタが出した情報だけでは、ほぼ同じトーン。phevが、誰にでも手が届く、エンジン付きEVになることができたら、劇的現象が起きるだろう。それには価格。日産サクラですら上位車種300万。補助金付きで、300の声が聞こえたら、すごい。

4)そこまで行ったら、内装の質感の、ドライブフィールの、と言っている場合じゃない。とにかく国民車、ワールドコミューター、世界標準の、それこそ標準車になれる。

5)カローラだの、ヤリスだのには、醸し出せない魅力をプリウスが持ちうるかどうか。トヨタが本気になって、作れるか、そこを見極める必要がある。

6)戦争が収まって、物流や生産が落ち着いて、納期が1〜2ヶ月になるなんて、夢のような時代である。そこを、プリウスは生き残れて行けるのか。見ものである。

7)本当は、他のニュースがなさすぎる。MX5のEV化なんて、全くの矛盾。中古市場の高騰なんて、全くの皮肉。テスラなんて、クソ。

| |

« 私が新型プリウスを買うとすると。 | トップページ | Hi speed action »

02)素晴楽堂消息★其の壱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が新型プリウスを買うとすると。 | トップページ | Hi speed action »