« 映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』予告編 | トップページ | ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング共演!映画『ナイスガイズ!』予告編 »

2022/09/19

敬老の日

1)私はこのところ、町内会の区長をしている。突然の指名を受けてから今年で3年目。少し慣れてはきたが、新鮮な体験も続いている。我が町内は、JR本線駅を含む500メートル四方ほどのエリアだが、1000世帯の会員が加入している。かつては1200世帯ほどあって、地方政令都市の我が市の中でも、最大の規模を誇っていた。巨大化したために、一時は4つの町内会に分割しようという提案さえあったほどである。

2)それ以後も、人口は増え続けているが、町内会の会員は減少し始めている。結局街づくりは高層化し、マンション族は独自の自治会を成立させるために、地域の町内会とは、別の活動となる。私は、分割案のあった4区域の一つの区長ということになる。300世帯程の担当となるが、家庭の在り方はそれぞれだ。

3)そもそもは縄文時代の遺跡も残る地域であり、巨大古墳も地域に散在し、熊野信仰の神社仏閣も残る。坂上田村麻呂や源頼朝にまつわる遺跡もあり、直接には、伊達政宗が家臣に領地として拝領した田畑開墾が、村落の発生の始まりとなる。昭和の初期は純朴な農村地帯であった。明治時代に配線された国鉄路線の、裏側に存在したので、開発が本格化したのは、高度成長期の後である。

4)だから、純朴な農家の後継者の村落共同体の上に、宅地造成の開発が蚕食のようにはじまり建売住宅が見え始め、やがて大型の都市区画造成事業に伴い、公共集合住宅が建設され、高層マンションも増え続けた。幹線道路も開発され、有名チェーン店の出店率も地域ナンバーワンとさえみられはじまった。

5)医療機関や教育機関も増え、小学校ができ、中学校ができ、小学校はやがて地域の子どもたちを吸収し切れなくなり、二つの学校に分割された。農村、建売、マンション、と、いくつかのレイヤーの上に、今や、職住一体化した、電脳社会が出現しようとしている。この中で、子供たちも、青年たちも、職業人たちも生きている。もちろん老人というか、高齢者たちも生きている。

6)町内会としては、80才以上の方々に、記念品をお渡ししようと申込書をお配りした。これまでは、行政からリストがくることもあったが、最近は個人情報やコンプライアンスに配慮し、町内会のリストさえまともに作成されず、もちろん公表さえされなくなっている。町内会の活動としては、決して便利とは言い難い。

7)今回の区長としての私の仕事は、区内の35人の80才以上の高齢者のみなさんにささやかな記念品をお渡しすることだった。本来、区長は、それぞれの10人以上いる班長さんにお願いして配布してももよかったのだが、今回は時間もタイトだったので、私が一軒一軒回ることになった。そしてそのおかげで、いろいろな貴重な気づきがいくつもあった。

8)高齢になって地域で暮らしている人々は、基本的にお元気である。もちろん町内会をはじめとするボランティア活動に参加している人もいるし、高齢者クラブに参加して、積極的に社会に関わろうとされている。夫婦で80才以上の方も4組いた。88才の米寿の方も4名。この方々には、別途、社会福祉協議会から粗品が追加された。

9)住所は町内にあるが、ご本人はすでに施設や病院で暮らしている方も少なからずいらっしゃる。半数が、そうかも。もちろん、同じお話を繰り返してしまう人もいる。数分後に、訪問者の私が誰なのか分からなくなり、なんども名前を聞いてくる方もいる。玄関のベルを何度押しても、出てくれない夫婦もある。

10)玄関先で、先年亡くなったご主人の思い出を詳しく教えてくださり、その亡くなる瞬間を微に入り細に入り話される場合もある。10才も離れた夫婦が出来上がった経緯を、オノロケ話で聞かされる事も。逆に、町内会の役員として突如訪問したこちらの経歴や出自をやたらと詳しく知りたがる人もいる。ちょっと面倒だが、話せば大体わかっていただける。

11)90才の男性は、ちょっと珍しいお名前ですね、と褒めると、実は私が生まれたのは、北朝鮮で、その地名を親がつけてくれたのだ、とおしえてくれた。数日前訪問した時は、元気で庭の草取りをしていたのに、今日訪問したら、腰をいためて、孫の世話になっている人も。

12)町内最高齢は、102才の女性、であるはずだったが、本日訪問すると、ご家族が出てこられて、実は数日前に亡くなりました、とのこと。大正8年生まれ、行年104才。ご冥福をお祈りいたします。合掌

13)最近は自宅で亡くなる方はまれで、ほとんどの方は病院か施設で亡くなる。しかも、コロナ感染の影響もあり、家族葬がほとんどである。隣組でも、訃報を知るのが半年後、なんてことは珍しくない。かつてなら、町内全域に回覧板を回し、霊柩車も町内を回って、みんなで見送りしたものだが、時代は様変わりである。

14)あと10数年、何事もなく経過すれば、私もまた敬老の記念品を受け取る年代になるはずである。腰を痛めるかも知れないし、記憶力が極端に下がってしまうかもしれない。その時、家族の環境はどうなっているだろう。施設に入っているだろうか。経済的に破綻はしていないか。ひょっとして、まだ仕事をやり、町内会の仕事も続けているかもしれない。

15)もちろん、明日のことなど、誰にも分からない。私の人生には、80才以上の時代なんて訪れないかもしれない。ましてや104歳なんて時代は来ないだろう。いつかはやってくる死。その前に、すでに老境に達している人々の世界を、垣間見させていただく事も、またなかなか興味尽きない体験である。

| |

« 映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』予告編 | トップページ | ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング共演!映画『ナイスガイズ!』予告編 »

02)みんないっしょに空になれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』予告編 | トップページ | ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング共演!映画『ナイスガイズ!』予告編 »