« 宇多丸「ラ・ラ・ランド」シネマハスラー | トップページ | 映画『セッション』予告編 »

2022/09/01

笑わない数学 カオス理論

No4958⭐️4left90

 

1)ポアンカレが初期値敏感性を発見した。

2)ごく小さな初期値の誤差が、バラフライエフェクト、というとてつもない大きな結果の違いになることがわかった。

3)そこからカオス理論が生まれる。

4)パイこね変換。

5)数式があれば、未来を予測できる、は間違いだった。カオスが生まれる。

6)マンデルフロ。カオスの初期値敏感性をビジュアル化した。自己相似。でた、フラクタル。ナビエ・ストークス方程式。

7)司会の尾形貴弘は仙台育英サッカーのキャプテンだったのだ。だからというわけではないが、今回は少し分かりやすかった。いや、その用語とかについてだが。フラクタル、なんて、お馴染みだった。でも、その仕組みについては、全くわからない。

| |

« 宇多丸「ラ・ラ・ランド」シネマハスラー | トップページ | 映画『セッション』予告編 »

04)コンシャス・シンギュラリティ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇多丸「ラ・ラ・ランド」シネマハスラー | トップページ | 映画『セッション』予告編 »