« コース | トップページ | New Prius PHV | Freedom from limits »

2022/08/07

NCロードスター9年目の劣化箇所は?

 

No4871 星3
1)1kkyコースで探すと、灰2006AT幌茶で800ky総額というブツが出てくる。このNCの一番良いところは、店がすぐそばにある、ということ。保証が若干ながら、1ヶ月1000kmあるというところ。距離も6万km以内。

2)逆に不満というか、我慢すべきは、赤RHTATではないということ。この価格なら、これはいか仕方ない。それと、16年経過していること。経年劣化は個体差ががあるから、なんとも言えぬが、あとは税金保険。

3)どうしても憑き物が落ちない場合は、数年この程度の車を所有してみる手もあるか。飽きちゃえばすぐ売却すればいいことだし、火傷と思える程度で済むのではないか。トヨタコムスに手を出すのと、それほど大きな違いはない。

4)実はすでに軽く下見をしておいたが、ちょっと目には、ピンと来るものではなかった。やはり赤NDATや、赤NCRHTAT出ないところに不満は残る。ここの見切りをつけることができるなら、我がターゲットに最安価格帯となろう。

5)欧米においては、いまだにNC人気は高いわけだから、これで行けない、ということはないだろう。どうしても、RHT、AT、赤が必要なのか。むしろイージードライブで街に馴染むことを考えるなら、これもありだろう。何もトンガる必要もなかろう。

6)思えば、セコハン市場でのピンはO店の赤ND2020年2.5kkyで、キリはこのM店灰NCであろう。まだまだバリエーションの幅が広すぎる。もっと具体的にターゲットをしぼり込まないといけない。

7)熱帯夜クルマの夢にうなされる  把不住

| |

« コース | トップページ | New Prius PHV | Freedom from limits »

03)コンシャス・シンギュラリティ2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コース | トップページ | New Prius PHV | Freedom from limits »