« 音楽のある風景 バロックの優雅な調べ | トップページ | 歌のある風景 時代の歌 いつまでも心に残る歌謡曲 »

2022/07/12

歌のある風景 ほろ酔い歌

No4788 星3 リスト

1)何もかにも、世間の憂さを忘れて、コップ酒でもあおってしまいたい。そんな気分はよくわかる。

2)とはいうものに、街での飲み会も全く無くなってしまったし、自宅で夕食についてくる発泡酒じゃ、なんだか気分が盛り上がらない。

3)酒にまつわる歌がこんなにあるのか、びっくり。でもよく考えてみれば、歌謡曲なんてほとんどカラオケで歌われるものだから、酒とは離れることはできないものでもあるのだろう。

4)むしろ100曲に絞ることの方が難しいに違いない。

5)このCDをバックに、チビチビやることが、残された人生のいつか、やってくるだろうか。

6)若い時や、忙しい年代ならそれも悪くないが、人生の黄昏時じゃぁ、あまりにもそのものすぎる。

7)わたしは、やっぱり、ちょっと違うな。

 

| |

« 音楽のある風景 バロックの優雅な調べ | トップページ | 歌のある風景 時代の歌 いつまでも心に残る歌謡曲 »

12)コンシャス・シンギュラリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽のある風景 バロックの優雅な調べ | トップページ | 歌のある風景 時代の歌 いつまでも心に残る歌謡曲 »