« 団体 | トップページ | おぎはぎの愛車遍歴 ローランド »

2022/07/17

ロードスター・アーカイブス

No4801 星5🌈

1)りんくを追いかけていったら出てきた。車づくりの中の人。主査ともいうらしい。その人のNAからNCまでの振り返り。NDが入っていないことが不満だが、このインタビューが2017年のことであってみれば、それも仕方ない。

2)ワクチン4回目。若干の発熱と節々の痛みで、寝っ転がっている。3連休だから、タイミングとしては悪くない。本を読もうとするが難しい本はだめ。長い文章もだめ。だけどこの記事は、コマ切れになっていて、次から次へとリンクを追いかけていったら、結構な文量なっていた。

3)枕元に放置されていたNC1/24プラモデルフジミを製作中。と言っても、手順は全く無視。まず手をつけたいとこから。ボディ色付け、幌、タイヤ、など、目につくとこから。えのぐは、余っている残りもので間に合わせ。いつ出来るやら。

4)たまにネットで車情報を見る。中心は、NC、赤、RHT、MT、近県、10kky以下、10km以下、修歴なし。と、いつものパターンだが、このターーゲットには、幾つも可能物体が飛び込んでくる。決められないのは、自分が決断力と甲斐性がないからだ。資金もない。

5)されど、このような記事を読んでいると、これだけの選択項目では、はるかに少ないことがよくわかる。言ってみれば一台一台が、グラヂィエーションのように違っていて、全く同じものなど、ひとつもなさそうだ。出会ったところが、勝負どころである。

6)細く言ったらキリはない。では、ざっくりと、これは外せない3点に絞ってみよう。赤、10kky以下、近県、と、この3点になるだろうか。

7)新車を発売するには4年かかるという。発売時点では3年落ちの最新技術になるという。発売時点で、次のマイナーチェンジは予定済みだと。この模索、我がNCに反映されずとも、次なる車選びに役立つはずだ。

 

| |

« 団体 | トップページ | おぎはぎの愛車遍歴 ローランド »

12)コンシャス・シンギュラリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 団体 | トップページ | おぎはぎの愛車遍歴 ローランド »