« 美の壷 いざ鎌倉 武士たちの美意識 | トップページ | おぎやはぎの愛車遍歴 樹木希林 »

2022/07/24

こころの時代 歎異抄にであう 第4回 他力を選ぶ

No4819 星3

1)いつかは親鸞にどっぷり浸かりたい、と思ったことがある。しっかりがっぷり四つに取り組む時が来るかもしれない、と思ったこともある。

2)されど、それはかなり穿った話で、それは、自ら探究するという問題ではなさそうだ。そういう機縁があるかどうか、もうそこを避けては生きていけないどうか、という人生場面に出会わなければ、それは可能ではなかろう。

3)私の親鸞に対する関心は、知に偏り過ぎているきらいがある。こういう言い方が正しいかどうかわからないが、道元が言うところの自力を正しいと感じるならば、それだけで完成しているのであって、あちこちキョロキョロ見る必要はないのである。そこに浸り、成り切れば、それでおわりなのだ。にもかかわらず、親鸞いうところの他力が気になるとするならば、それは何かの具体的な機縁が必要となるだろう。

4)他力本願の念仏に機縁を持って、生ききっている方がおられるとすれば、そのことにとかく関わる必要はないのであろう。

5)ただ、耳に念仏が聞こえてくるような、日常具体があればこそ、思いがそちらにいくのであって、その流れが神学的な整合性ではなく、具象的な出会いがあるはずなのである。

6)私はOSHOの門弟であって、サンニヤシンであって、瞑想をこととする人間であり、具体的には道元という方を好ましいと思っている人間である。その私が親鸞という方にこころ引かれるとすれば、それはそれ、何かきっと何かの機縁があるのだろう。

7)それが何かは、本当のところは、今は全くわかっていない。

| |

« 美の壷 いざ鎌倉 武士たちの美意識 | トップページ | おぎやはぎの愛車遍歴 樹木希林 »

11)コンシャス・シンギュラリティ2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美の壷 いざ鎌倉 武士たちの美意識 | トップページ | おぎやはぎの愛車遍歴 樹木希林 »