« SDGs | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<171>ROADSTAR BROS. 21 »

2022/02/02

Words from a Man of No Words <5>

<4>からつづく

619udbhbjcl

Words from a Man of No Words<5>
Osho (著), 2015/12 Osho International Foundation (編さん) 出版社 : Osho Media International 
(英語) ペーパーバック  136ページ
No.4452★★★★★ 

1)いみじくも、ちょうど一年前、やはりこの小さな冊子を我が胸の中心に置いて、何事かを再スタートさせようとしていたようである。

2)信条として、意志堅固な人間であろうとして生きてきたわけじゃない。むしろ傷つきやすく、あちこちと移ろいやすい感受性をよしとして、ふらふらと散漫な散歩をたのしんできた、と言った方があっているだろう。

3)それにしても、これまでの、半年以上のクルマ談義は、一体なんであったのだろうか。目が覚めてみれば、なんともおかしな浮ついた、何事からか目をそらせるような、企ての数々。私は凝り性がある方である。今後同じ轍にはハマらないだろうが、それにしてもまぁ、不思議な夢の世界であった。

4)我がFBから、クルマ関連のリンクを取り除いてみたら、なんと興醒めか。浦島太郎が、龍宮から帰って、もう見知らぬ世界に成り果てたむらに、足を踏み入れたような気分だ。

5)FBはメタと名前を変え、バーチャルな世界構築に邁進するようだが、10年前のセカンドライフSLに戻ろうというのであろうか。やっぱりセカンドライフは先駆的な試みであったのか。どちらであるにせよ、オイラいち抜けた。

6)私のリアルな日常は、かなり雑多な動線が交わっている。この線が、どこでどうつながっているのか、どこに向かっているのか。

7)ゆったりと、落ち着いて、気づつきやすく、目を見張って。自分は自分でいよう。

| |

« SDGs | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<171>ROADSTAR BROS. 21 »

14)道の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDGs | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<171>ROADSTAR BROS. 21 »