« 吾妻鏡 奥州合戦 <2> | トップページ | 70歳は老化の分かれ道 和田秀樹 <1> »

2022/02/15

もう老いなのか

 

「もう老いなのか」 把不住替歌

老いというもの 知りたくて
阿弥陀の名まえを呼んでみた
俺の心のかたすみを
冷たい夜風が 吹きぬけた
ああ この淋しさは もう老いなのか
ああ この淋しさは もう老いなのか

菩薩になりたい頃がある
浄土に行きたい頃もある
の笑顔も 約束も
信じられないことばかり
ああ このむなしさは もうなのか
ああ このむなしさは もう老いなのか

死ぬということ 知りたくて
月の光に 照らされた
冷たい世間をみつめていたら
いつか小水もれてい
ああ この悲しみは もう老いなのか
ああ この悲しみは もう老いなのか

| |

« 吾妻鏡 奥州合戦 <2> | トップページ | 70歳は老化の分かれ道 和田秀樹 <1> »

14)コンシャス・シンギュラリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾妻鏡 奥州合戦 <2> | トップページ | 70歳は老化の分かれ道 和田秀樹 <1> »