« 「スピリット・オブ・ロードスター」<175>Miata NC | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<177>NC プラモデル »

2022/02/10

「スピリット・オブ・ロードスター」<176>人生最後に乗るクルマ

「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次

 

 

No.4641★★★★☆

 

1)どうやら逈の巻になっても、クルマ談義は終わりそうにない。いやいや、むしろさらに加速度がついているようでもある。人生最後に乗るクルマ、このテーマはなかなかに魅力的である。一体どうなってしまうのだ。

2)この本は、平成25年、2013年の発行である。しかも、発行元はリクルート社。思えば、あの大震災3・11の2年後である。うー〜ん、と考える。あのタイミングで、私なら、とてもとても、こんな本などは、読めなかっただろう。

3)しかもだ、今ようやくこの本が読めるようになったとしても、内容があまりに外車礼賛なので、私には、とてもとてもふさわしいとは、言い難い。

4)されど、人生最後のクルマを考えるということは、人生最後を、どう生きるか、を考えることでもある。一体全体、人生最後をどう生きるのだろう。他の誰かのことではない。私自身のことだ。

5)人生最後とは何か、つまり、死ぬ直前の自分はどう生きているか、ということである。死ぬとは何か。60だから、70だから死ぬのか。いやいやとんでもない。死は常にすぐそばにある。80だって、90だって、クルマを運転しようとすれば、できる。

6)つまり、人生最後に乗るクルマ、というテーマは、とっくに破産している。この本でも、趣味性と、実用性は、対立する概念として併記されている。そして、この本は、大きく趣味性に偏っている。さらに言えば、私は、どうしても趣味には没頭できる人間ではなさそうだ。半々だ。どっちも必要だ。

7)  これがまぁ終いのクルマか車椅子   把不住

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」<175>Miata NC | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<177>NC プラモデル »

05)コンシャス・シンギュラリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」<175>Miata NC | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<177>NC プラモデル »