« OSHO : The Test of Meditation Is In Your life <2> | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<182>幌NC緑 »

2022/02/16

70歳は老化の分かれ道 和田秀樹 <2>

<1>からつづく

 

★★★★★

1)この本の評価は微妙だな。すごく面白そうなので、こりゃ全ページ、マーカー引いて熟読だな、と最初は直感したが、一読後、傍線を引くほどではないのではないか、と評価が変わった。

2)免許返納はしてはいけない、は納得だし、血圧や血糖値、コレステロールの薬は要注意も、わかった。多少ぽっちゃりがいい、というのは我が意を得たり。ただ、やはり怖い。こうすればこうなるというという原則は、少なくとも人生にはないのだ。あるのは確率論だけ。この方の御説に感動したからと言って、もちろん鵜呑みは無用。

3)かつては若者文化の騎手のような取り上げられ方をした私とて、まもなく古来稀なる年齢域へと達する。人生何が起こるかわからないからこそ、人生なのだ。楽しく長生きしよう、という原則は当然としても、楽しい事ばかり起こるとは限らないのが人生だ。

4)最初、この本を読み終わったら、当面75歳となる身内に送ってあげようと思っていたのだが、微妙だ。ある部分(特に免許返納の部分)はぜひ読んでもらいたいと思ったが、他の部分全部を私が薦めていると誤解されるのも困る。二人の子供が現役の医師であるご婦人であれば、おそらく一家言あって当たり前何である。

5)私個人で考えれば、かつて若い時に余命半年とまで宣言されながら、この年まで生きてきたのだから、生きているだけ丸儲け、の精神で、のうのうと鷹揚に生きていこうと思っている。知人の中では、lかつて自然食品ブームの中で、まるでヒーローだったような人が、還暦を越えたばかりで癌で亡くなった。説得力も何もない。

6)著者も、写真を見る限り、ぽっちゃり型で、自説を全うして人生を謳歌しているように見える。まぁ、それでいいのだろう。医師を批判する医師の本は、結構受ける。この本もまたベストセラーになっているとしたらそれもよし。人気取りもいろいろあるモノだ。

7)私にとっては、好都合なことがたくさん書いてある本だが、そこで油断せず、目をしっかり見張るのが、良くも悪くも当ブログの基本である。ほどほどに参考にさせていただきます。

つづく

| |

« OSHO : The Test of Meditation Is In Your life <2> | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<182>幌NC緑 »

12)コンシャス・シンギュラリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSHO : The Test of Meditation Is In Your life <2> | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<182>幌NC緑 »