« 雑感 | トップページ | 再読したいこのカテゴリこの3冊「道の巻」編 »

2022/02/09

OSHO 瞑想録 静寂の言葉

1)以前から蔵書していたのだが、この本が好きな人に譲ってしまった。ながらく英語本ですましていたのだが、邦訳がまたほしくなってネットで注文。今朝届いた。

2)届いて驚いたのは、本の内容ではない。その本の届き方だ。郵送ならポストに届くし、宅急便ならピンポンとやってくる。今朝は、なんの一言もなく、玄関の床に放置されていた。たしか一週間前の本もそうだった。このコロナ禍で、宅配数も多くなり、それはそれで理解できるが、なんとなく違和感。慣れるまで時間がかかろう。

3)私はこの本が好きである。何回となくこのブログにも書いている。ちょこちょこ読んでいる。やはり読むなら英語本に限る。邦訳はありがたいのだが、翻訳者のマインドに同調して、読者としての視点がゆれる時がある。

4)私は幸せ者だと思う。ことOSHO本に関して言えば、その翻訳者たちは、古く長い付き合いのある友人だったりすることが多く、その翻訳者たちのキャラクターを重ねたうえで読むので、違和感は少ない。でも最近は、そうでもない。

5)ネットつながりで、OSHOのアフォリズムが流れてくる。ハッとする。

6)OSHOがマスターとして示したことが、最も正しい。彼はサニヤシン達を、友と呼ぶ。素晴らしい。友と呼ばれるに相応しい人間足らんとする。

9bd3a8575bd240b7a0e0968ad34421b6

Birthplace : earth

Race : human

Politics : freedom

Region : love 

7)    春立ちて自由を愛せ地球人       把不住

 

| |

« 雑感 | トップページ | 再読したいこのカテゴリこの3冊「道の巻」編 »

02)道の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑感 | トップページ | 再読したいこのカテゴリこの3冊「道の巻」編 »