« テスラ | トップページ | トヨタ »

2021/12/18

家で死ぬということ

 

 

No.4594★★★★☆

1)このタイトル、何処と無く、哲学的に捉えそうになるが、これはこれ、一つの具体的な例、と捉えておくべきだろう。

2)制作年は、2011年秋。

3)私は2年前に母親を亡くした。瀬戸内寂聴さんと同年輩だった。さとりという名前だったが、悟りというものは、それぞれだ。

4)人間、家で死ぬばかりが、死に方ではない。その家だって、旅の途中だったはず。

5)死ぬ間際、朦朧とした意識の中で、母は、わたしは三つ処で暮らした人だから、とつぶやいた。

6)その言葉で、この女性が、100年の人生の中で、どんな思いで生きてきたのかに、初めて気づいた気がした。

7)一人の人間が、一人の人間を、見つめることができた、そんな瞬間だった。

| |

« テスラ | トップページ | トヨタ »

14)道の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テスラ | トップページ | トヨタ »