« 「スピリット・オブ・ロードスター」<136>ベストカー scoop | トップページ | 『修羅ニモマケズ』 作 石川裕人 演出 宿利左紀子(演劇ユニット石川組) »

2021/11/15

「スピリット・オブ・ロードスター」<137>複雑な気分

「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次

1ac40971cb55474e9c4cf50af507bacb

1)どうも落ち着きがない。何か体内時計が狂ってしまったような、目眩がするような時間を過ごした。年齢がもたらすものか、いやそうではあるまい。そうは思いたくない。外部環境のうつろいに、いまいち乗っていけてないのだろう。

2)そもそもが、少し忙し過ぎた。関わる物事が、多岐にわたり、上手くバランスが取れていない。でもやっぱり、代表的なことのいくつかが、大きく影響しているようだ。

3)やっぱりO店の店頭から赤NDが消えてしまったことが、ひとつの大きな喪失感を生んでいる。自分で熟慮のすえ決めたことだから仕方ないが、やっぱり悲しい。その喪失感を埋め合わせることのできる新EV等のニュースは、あまりに遅い。

4)外装工事が始まった。2週間など、あっという間だろう。それに合わせて内装工事を進める予定だったが、間に合わない。体力も気力も、年末モードになりつつあり、12月は1週間の成道会モードに突入することになる。

5)そしてその前に、ちょっとした鉄道小旅行が控えている。スケジュールが錯綜する毎日。睡眠時間も小間切れだ。寝ているだけましだが、このことが、どうやら私の体内時計を狂わしているらしい。

6)1/5ND製作も、大詰めを迎えている。極めていけば切りはないが、適当なところで、一期製作終了としなければならない。ヘッドランプ、フロントガラス、ワイパー、ルーフ。シート、メーター類、エンジンルーム。すでに着手していて、仕上げてしまえば、それまでのことだが、どうも納得がいかない面もある。

7)静かに、落ち着くのを、待とう。

  ひらひらと紅葉一枚舞ふを見た   把不住

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」<136>ベストカー scoop | トップページ | 『修羅ニモマケズ』 作 石川裕人 演出 宿利左紀子(演劇ユニット石川組) »

07)達の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」<136>ベストカー scoop | トップページ | 『修羅ニモマケズ』 作 石川裕人 演出 宿利左紀子(演劇ユニット石川組) »