« テスラ 黒船 | トップページ | 桜 »

2021/11/27

「スピリット・オブ・ロードスター」<140>ND再燃

「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次


見た瞬間に運転してみたくなるようなスタイル。走り出した瞬間から操る楽しさを実感でき、いつまでも走り続けたくなるような人と車の関係を追求した車です!颯爽と駆け抜けて行くそのスタイルに誰もが魅了されます。

1)友人がヤリスでやってきた。へー、ヤリス。ちょっとやりすぎ?と思ったが、実は車検の代車だという。彼は私よりスリムだが、身長は高い。開口一番、こりゃ狭くてダメだ、という。そりゃそうだろう。私とおんなじ意見だ、というより、世間相場はそうだ。ヤリスは思ったより売れないんじゃないかな。

2)スカイラインに乗っていた知人が、何年か前に、ノートePowerにのりかえた。そしてつい最近、中古ベゼルになった。高齢になったし、家族構成も変化があった。それにしても、UCとは。新車ばかり数年で乗り換えてきた男が、またどうしたことか。そしてSUVかよ。

3)車は実用性が高く、また趣味性も高い。環境性能も問われるし、政治戦略的な社会情勢も関係してくる。これら全ての要請をカバーすることは難しい。これら4つの方向性を満たす車など、本当は少ない。

4)翻って考えると、nhw20exは、私にとって、極めて稀なベストチョイスだったのだと思う。廉価な5人乗りHV,。ハッチバックの実用性は、430cmというサイズ感と共に、あまりにピッタリしていた。exという期間限定のタイミングもあって、コスパも良かった。あのムーミン顔も良かったし、ハイブリッドという旗艦車的雰囲気も良かった。

5)しかし、ここに来て、13年目のハイブリッドは、全然目立たなくなったし、そもそも燃費も下がってきた。家族構成も変化して、たまには一人でのんびりした雰囲気に浸りたい。そう言った意味では、やはり乗り換え時期なのだ。だが、我が20に匹敵するベストチョイスが、現在見当たらない。オールインワンの究極の一台がない。

6)そこで赤NDが再燃する。もし日産新EVさくらがハマったら、さくら+N Dの2台持ちもありかも知れないと妄想する。桜は徹底的に女房仕様にして、NDはオレ仕様のわがままを許してもらう。2台合わせてのコスパも検討すれば、NDが、NCやNBになっても仕方ない。それほど、心が奪われてしまっているのだ。

7)いつ出るかわからないNEを待つことは出来ないし、おそらくBEVにはならない。出たとしても新車じゃ無理。2席じゃ無理。いっそbZシリーズ待ちかとも思うが、これもまどろっこしい。そして20のサドンデスも、もっと怖い。赤NDもUCを狙う限り、出たとこ勝負の一品ものだ。決断を迫られる。

| |

« テスラ 黒船 | トップページ | 桜 »

07)達の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テスラ 黒船 | トップページ | 桜 »