« アリア | トップページ | ケヴィン・ケリー<1> »

2021/11/04

NE

76145aa6964443ce8aa4304a9d8afa05

1)bZ4Xも楽しみではあるが、我が手中に降りてくるまでには、時間がかかりそうだ。どっちみち狙い目はbZ2あたりなのだから、まだまだ海のものとも山のものともいえない、予測情報に過ぎない。

2)LAV4あたりと似た車格ということだが、私は全然SUVには関心がない。むしろ、嫌いと言っていいだろう。ライバルと目されるEVであるARIYAも関心の範疇に入ってこない。むしろ願い下げだ。

3)bZ4Xのライバルは、むしろNDだろう。リッターカー並みのEVの登場を期待している自分が哀れになる。そもそもそんなベーシックなコモディティを首を長くして待つ必要があるのか。いや、やっぱり本命は、NDだ。

4)F作戦の目処もついた今、O店の赤も至近距離にある。戯れにO店のショールームの前を横切ってみたら、なんと今日は定休日であった。カーテンが閉じていて、中が見えない。一点ものだけに、もうなくなっているかも。ネットにはまだ残像が残っているが。

Da409ac6f9464337abd7804fe4d014d4

5)ここにきて、NEの情報が入り始めた。本格EVにはならないにせよ、ハイブリッド化などしてくる可能性はある。ハード、マイルド、いずれにせよ、NEなら許せる。Rエンジン+マイルドなんて、ありうると思う。かっちょいい。しかし、おそらく価格的に私の手には届かんだろう。1.2Lエンジンを積んでくるなんて情報もあるが、それも歓迎。パワーなんてあまり必要ない。

6)本命O店ND、対抗NE、穴bZ2。これが本日の心境。私はNHW30が出た後に20EXを買った男だ。30、40、50、ちっとも魅力を感じない。嫉妬心もない。これからどんどんニューカマーがあるだろう。それはいつものこと。どこまで行ってもキリはない。

7)20は健在だ。わたしゃぁ、この一台であの世に行ってもいいよ。ゼニは他に使い道もある。されど、人生は長い。あとどれほどあるかしれぬ余命に、もひとつ花があってもいいかな、とも思う。

| |

« アリア | トップページ | ケヴィン・ケリー<1> »

02)達の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリア | トップページ | ケヴィン・ケリー<1> »