« ケヴィン ケリー <2> | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<137>複雑な気分 »

2021/11/13

「スピリット・オブ・ロードスター」<136>ベストカー scoop

「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次

 

 

No.4580★★★★☆

 

1)スクープとはいえ、私の知りたいことは、ほとんど乗っていなかった。つまり、ロードスターのモデルチェンジのことやEV化、ロータリーエンジンを積んだシリーズハイブリットのことなど、あるいは、bZ4Xや、新プリウスのことなど。ほとんどおざなりで、満遍なく広く情報を集めているので、深くない。

2)結局私はトヨタファンなのだ。一番信頼おけるメーカーだと、期待しているのだ。ロードスターは好きだけど、マツダはチョット、スバルのスタイルは好きだが、燃費が、だいはつ、スズキはKのイメージが強すぎる。外車はいろいろな観点から食わず嫌い。日産は、やっちゃった、から嫌い。トラウマになってる。

3)結局は、今一番期待しているのは、has シリーズで、おそらくその2あたりに位置する車であろう。新アクアとか、カローラクロスあたりに位置する完全EVだ。同じ車でも、カローラやアクアのネーミングでは、ちょっと食指が動かない。ユーザー心理というものは、勝手なものだ。

4)シリーズハイブリッドのロータリーエンジンのロードスターが登場したら、それはそれは話題沸騰だろうが、カーボンニュートラルという意味では解決にはならない。EV化を図っても、990kに収めることは不可能だろう。約2トンのbZ4Xなんぞを、本当はEVと呼びたくない。

5)だから、現在は結局ないものねだりなのだ。だからNHW20EXで足踏みしている。あと2年、あと4年、あと6年、などと言っているうちに、我がドライバー人生は終了してしまうだろう。我がNHW20EXもかなりバッテリーがへたってきていて、なんちゃってハイブリッドになりつつある。12年目だもんな。

6)O店の赤NDは惜しかった。ほぼ玉としては理想の極地だった。もうあれほどのものには出会えないだろう。

7)G店での我が20の査定価格、26ky。いいかげんにせいよ、と言いたいが、これが現実。

| |

« ケヴィン ケリー <2> | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<137>複雑な気分 »

07)達の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケヴィン ケリー <2> | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<137>複雑な気分 »