« 「スピリット・オブ・ロードスター」<119>日和 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<121>どうなる »

2021/10/22

「スピリット・オブ・ロードスター」<120>肩の荷

1)本命O社から、交渉限定期限が来たとの報告。仕方あるまい。Fにつき、他力本願なので、諦めざるを得ない。

2)他に2件の問い合わせがあると言う、当然だ。ない方がおかしい。あれだけのレアな玉だ。すぐ売れてしまって当然だろう。

3)一品ものの買い物は難しい。やむを得ない。運良くこちらにまた回ってくる可能性があるかもしれない。

4)対抗M社とて、捨てたものではない。たしかに難点はいくつかあるが、なんてったって本家本元のUCである。バックの背景に価値がある。

5)穴G社は、穴で終わるだろう。内装やオプションのグレードは高い。されど、今やMT がネックになっている。AT プラスMTモード付きというのが、現在は好き。

6)そしてどうしてもクリスタル色にこだわりがある。そこから出発したのだから、やむを得ない。

7)何にせよ、Fに現実味が出てくれば、いつでも飛び出せる体制が出来上がる。新規蒔き直し。もう一度、周囲を見渡してみよう。

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」<119>日和 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<121>どうなる »

01)達の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」<119>日和 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<121>どうなる »