« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021/10/31

ワインディングロード

1)まん防期間とやらが解除され、人の行き来が活発化している。

2)高速やら田舎道やらを走った。後席には子供たち。みんなで走るのは楽しい。一人で走るのと、また別な楽しみがある。

3)12月の990S発表も楽しみだが、2022半ばのbZX4も気になる。このナンバリングからすれば、私の狙い目はbZ2あたりになるだろう。2025年までは出揃うということだが、待てるだろうか。あと4年。

4)O店の赤NDはまだ燦然と輝いている。Fは目処がついた。本当であれば、年内にも、というタイミングである。

5)私は日一日と年老いていくだろう。

6)1/5赤NDは完成直前でストップしたまま。1/24赤NCは手付かず。

7)NHW20は至って元気である。

| | | コメント (0)

2021/10/29

bZ

1)いつかは来ると思っていたが、ようやく来たか、という感じ。雑誌レベルではなくて、 NHKテレビニュースだと、信ぴょう性が一段と高まり、一般への影響も大きくなりそうだ。

Img_5703

2)トヨタのEV専用ブランド、bZ。思惑通り行くかどうか。手堅いトヨタゆえ、力づくで状況を変えて行くだろう。

3)来年半ばから発売するということだから、年開ければ、徐々に情報は漏れて来るだろう。

4)それにしても、継続500キロなら、実用になるだろう。SUVというのは私は別段好みではないが 、使い勝手は良さそうだ。ただ、価格ははどうなるかな。下手すりゃ500万超になりそうだな。補助金が出たとしても、まだまだ手が届かないかも。

5)そうなりゃ、 二台持ちだの、2シーターだの、という論議はぶっ飛んでしまいそうだ。

Img_5704

6)数年の間に7車種を立ち上げるそうだから、見ものではある。

7)それを私は待てるかどうか。待つしかないだろうな。

 

| | | コメント (0)

2021/10/28

990S

Img_5701

1)Fは目処がついた。可能性は十分あるとは思っていたが、ちょっと手間取った。もう少し早いタイミングだったら、すでに計画は実行されていただろう。対抗が消え、穴が消え、本命はかろうじて残っている、というタイミングではあるが、ここに新たな情報が入ってきた。990S。デモカーは白だが、おそらく赤もあるに違いない。

2)UC市場には不思議と雨後のタケノコのようにNDUCが登場してきているが、このような背景が、裏では蠢いているのだろう。

3)はて、どっちを狙うのか。Fについては、まだ手続きは残っているが、時間の問題だ。ミスなくこなせば、完了する。タイミングとしては、本命O社に王手をかければ、間に合うかもしれない。それもありだ。

4)しかし、現スペックのNDが受注を中止したということは、この12月にあるというメーカーのアナウンス予告は、新たなるNEを予感させる。

Img_5702

5)やっぱり私は、白よりも赤が好き。それに、UC追っかけで、少し疲れてしまった。どうせなら手付かずの自分の新車がいいに決まっている。ホワイトローブか、サニヤスカラーか。清浄なる白か、情熱の赤か。

6)そして不思議なもので、待て待て、という声がする。どうせ車検を通した20があるなら、2年の余裕があるではないか。いやいや、うまくいけば、あと2年どころか、あと4年、あと6年、と伸ばすことも可能ではないか。慌てることはない。ボディのキスマークは確かに気になるが、性能に影響はない。ゆっくり品定めして、ズバリこれだ、という落とし所を待つのも、いいのではないか。

7)そのタイミングであれば、Kを含めた、小さくて、安価な、しかもキュートで、ユーズナブルで、他の家族も一緒に使える一台が、登場するかもしれないよ。そんな声が聞こえるようになった。

| | | コメント (0)

2021/10/27

「スピリット・オブ・ロードスター」<128>EV化

<127>からつづく

1)一部ND特別仕様車についての情報が一気に流れ出した。

2)基本は情勢はEV化に流れているわけだから、NDからNEに変貌するさい、ただ事ではない事件が起きるはず。

3)NEがロータリーを摘んだマイルドハイブリッドまがいであれば、基本、解決されていないことになり、この辺でMX5の命脈は尽きることとなる。また、であるからこそ、現車は非常に大切な歴史的な遺産として、残り続ける可能性はある。

4)本格的なEV遅しの思いが、私をしてNDに傾かせたわけだが、さて本当に、こちらの期待通りのEVがでてくるものか。あまりに遅い。それまでのつなぎで、20を酷使するか、NDで溜飲を下げておくか。

5)基本、コロナが落ち着きはじめ、世の中は動き出した。周辺が騒がしい。さらには年末に向かっての繁忙期につき、突然の来客や業務発生につき、このコラムの連続メモは少し、休まざるを得ない。休んで、少し頭を冷やす。

6)いいこともいろいろあるはずで、慌てる必要もあるまい。

7)偈に曰く「 過去は追わざれ 未来は願わざれ 今なすべきことを熱心になせ 」

つづく

| | | コメント (0)

2021/10/26

「スピリット・オブ・ロードスター」<127>カブリオレ

<126>からつづく

>からつづく1)戯れに、カブリオレ、4シーターでググってみる。その中でもおすすめというのが出てきた。

①ミニコンバーチブル

Ee7411461e114ce08c0329f76bfe1861

②BMW2シリーズカブリオレ

578a81f575864d018215cc47808d3258

③レクサスIS C

F7fb1540e8c647a4a539f60c986a1072

④ベンツCクラスカブリオレ

1d2d4f5a045540c1b1a714cae8e059be

⑤フィアット500C

856d5fbd46a94b27a71a76d3b52cca4d

2)①は周囲にミニが似合う人物がおり、しかも所有しているので対抗したくない。それに助手席に乗った時、乗り心地、よくなかった。②はかっこいいけど、いまさら、ですか。③はいいかも。しかし、国産だが、製造終了。④は好みのブランドではありませぬ。⑤はちょっとじじむさい私には似合わないだろう。

3)対抗として参考にするなら、②③あたりで、やはり基本はセダンがベースになっている。これだと燃費や維持費が気になるし、色も落ち着いたものを選ぶしかない。それに玉が少なく、実車を見る機会がほぼない。そして、美的要素が半減する。

4)これだったら、程度のいい灰NCRHTと結構いい勝負になるのではないか。

5)③は正直憧れのブランドだったが、手が届かなかった。今回UCで参入しても、最下層でのゲートインでは、ちょっと寂しいがな。

Ba2da1d1c5864c3883be4dabab2565d2

Ef85a60d5eca4ef797299b89400d7f9b 90370dcfa20f475796e7bf7a8009d328

D083e2b31546446e9429ad0a0c0ecaea

6)でも、せっかくだから、情報集めてみようかな。環境派(実は維持費節約派)の私としては、ハイブリッドだったりするとうれしいのだが。

7)もうちょっと小さいと、奥さんも運転できるかな。

<128>につづく

 

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<126>雨後のタケノコ

1)ふと気付いてみれば、近場のND情報がネットに続々アップされてきている。ほんとかよ、というほどの活況だ。(´⊙ω⊙`)

2)これまでのウォッチの仕方が間違っていたのか、よそ見ばかりしていたということか。いやいやそうではあるまい。これは明らかに、変化だ。近場の手で触れる範囲に、続々現れている。そういう流れなのだ。思えばよりどりみどり。

3)そもそも絞り込みが早かった(タイミングが合わなかった)せいもあろう。時間軸だって、一回車検を通して、2年間じっくり眺めようという計画ではなかったか。慌てることはない。それぞれが一品ものとはいえ、そもそもが規格品。そう大きく違いはずはない。もしダメなら、最初から新品を狙えばいいのだ。

4)手元Fでまずは住まいを直そうと決意したのだから、もともと車に回るはずはないではないか。一旦間を置こうという作戦だった。にもかかわらず、目の前の誘惑に急かされてしまっていた。反省。

5)そしてだな、これまでのリサーチが無駄になったわけではない。情報と知識の積み上げは、今後の役に立ってくれるはずである。何も慌ててF社に駆け込むほどでもない。タイミングをずらせば、自前でなんとかできる範囲である。

6)一台持ちなのか、二台持ちなのか。赤なのか、灰なのか。2シーターでいいのか、ガレージに入れるのか。その前に、20はいつまでもつのか。EVは来るのか、来ないのか。不確定要素が多すぎる。

7)ノンビリ行こうぜ、と、今夜も自分を諌める。

| | | コメント (0)

2021/10/25

「スピリット・オブ・ロードスター」<125>成約済み

1)通りがかりに、G店に立ち寄り、赤NDを覗いてみた。そうしたらご成約済みの張り紙がしてあった。だろうな、いつまでも店頭に並んでいるクルマではない。ネットでも確認したら、見事に消えていた。

2)嬉しいやら、悲しいやら、複雑な気分。そもそも本命になり得なかった個体だし、私は決して手を出さなかったと思うので、ダメージはないが、それでもやっぱり、モノの動きを感じる。

3)対抗が消え、穴が消え、本命は残っているが、風前の灯。一時の盛り上がりが、消えていく。万物流転。諸行無常の響きあり。

4)と儚んでいる場合ではない。N店にもM店にも、ニューフェイスが登場している。両方とも灰NGではあるが、価格設定がリーズナブル。魅力的ではある。

5)それにしても、F社の対応は生殺しの状態。どうも煮え切らない。いつまで付き合えばいいのだろう。

6)一旦振り出しに戻って、新規蒔き直しかな。

7)さて

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<124>今日の気分はこの三冊

15b3a963b3704f99af1b4c2103080889

No.4576〜8★★★★☆

1)天井階を探せば、この手の古雑誌がいくつも出てくる。捨てずに保管していたことを思えば、何かが引っ掛かっていた三冊と言えよう。

2)ポルシェはご愛嬌として、一度も憧れたことはないが、世に車愛🚘というものがあることを、知らしめてくれた一冊と言える。

3)ガレージは、もう30年前のことだが、家づくりにするとき、大いに参考にさせてもらった。予算の関係上、絵に描いたようなものにはならないことを痛感した。

4)2台持ちについては、バブル崩壊からすでに10数年経過していたが、いやだからこそ、気分を明るく、という意図が何やら嬉しかった。

5)この2台持ちのポリシーを要約すると、①1台は社会人としての自覚を捨てよう。②もう一台は社会人としての自覚を持とう。③囲まれても凹まない精神力を鍛えよう。維持費は人生のハプニングと考えよう。⑤そしてコーディネートは慎重に。ということだ。

6)①に関しては、別段1台持ちでもアリなのだが、②の実用性が必要だから、⑥のコーディネートは十分すぎるほど練れている。⑤はF検討中ではあるが、まずイケルと踏んだ。問題は④であろう。

7)要はいずれ車も庭石のように邪魔っけになるよ、という御忠告である。だよなぁ。一時の興奮で、後から後悔するかも。でもまぁ、その時は元に戻せばいいのさ、とのアドバイス。ごもっとも👍

| | | コメント (0)

2021/10/24

「スピリット・オブ・ロードスター」<123>精査

1)季節の変わり目とて、ちょっと体調を崩した。せっかくの晴天の日曜日なのに、売薬の風邪薬を飲んでゴロゴロ過ごした。薬のせいの眠気の中で、やおら机に立ち上がり、エクセルを駆使した。結果、これもありかと思う。

2)天井階から、古雑誌類を引っ張り出す。キーワード、ポルシェ、BMW、ガレージライフ、2台持ち。NBプラモデルと同様、男の夢は尽きない。そうそう、こんな時代もあったよな。

3)まずガレージ。床は折角木質系が既に貼ってあるのだから、これを生かして、強度を補いつつ、DIYデッキの防腐剤などを塗ったらどうだろう。壁は、物置修理の余ったベージュ系。ガラスサッシもベージュで統一ってのはどうだ。電動シャッターは、やっぱり修理して電動に戻そうよ。ギリギリではあるが、小さな机と、リクライニングチェアも必要だ。

4)それと、隣のオフィスから目が届くように、ガラス窓の面積を大きくしなくっちゃ。接合部分の梯子が邪魔なので、一工夫が必要だ。それなりに道具類も置いて、雰囲気作りも重要だな。

5)2台持ち。それしかないな。Fを精査した限りにおいては、それもありうる。下手に無駄使いするよりも、NDを愛でて暮らす生活も悪くない。そうそう、ここに収まるべきは、すでに決まっているのだ。

6)首を長くして、F社の対応を待とう。O社は待ってくれるか。一品ものだけに、逃すと惜しい。されど、期間の余裕は24か月ある。月日は巡り、待てば海路の日和も開けてくるだろう。

7)おおきな夢を見ながら、枕を高くして、今夜は眠ろう。

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<122>F

1)本年度も半年が過ぎた。なにはともあれ、身の回りのF状況を精査してみた。

2)正直言って、2台持ちとか、2シーターとか、代替え等と、お気軽に言っている場合ではない。非常に逼迫している。この逼迫状況は、今に始まっているわけではなく、ずっと続いてきた環境ではある。

3)ここをどう乗り切るか。①このまま20で旧態依然と過ごす。②2台持ちと洒落込む。③台替え決行。④ターゲットをKに変える。⑤未知なるEVを待つ。

4)どれも無理はあるが、可能性はどれもゼロではない。①一番楽ではあるが、常にサドンデスの危険性に晒される。②F状況が一番逼迫する。しかし未来性はある。③現状の実用性に欠ける。目的が不明瞭になる。④将来的にはあり得る。F的には理解されやすい。⑤あまりに他力的だが、大状況としての方向性は、こちらにある。

5)となると、本命①⑤、対抗②③、穴④というところか。新たなる条件が加われば、どれもあり得る。

6)④はちょっと悲しい。これなら①のままでいい。⑤はちょっと期待薄。待ちくたびれた。③は現実無理。結局②が一番夢があるが、リスクも一番大きい。

7)今日のところは①→②が結論。そこを精査する。

| | | コメント (0)

2021/10/23

「スピリット・オブ・ロードスター」<121>どうなる

1)まず対抗M車が消えた。ローダウン、エアロが余計だし、足回りのサビが気に食わないが、2KKYを切る圧倒的な本体価格力。これじゃぁ、残っているわけない。ディラーUCだ。

2)M社のCちゃんがラブレター風のDMをくれた。便箋2枚の手書きレター。話は聞いたことがあるが、ご苦労様です。

3)本命O車は、限定交渉期間は過ぎたが、まだネット情報は残っている。問い合わせが2件あるとのことだから、早晩消えていくだろう。

4)魅力的だが、今後全く出ないという玉ではない。今後出てくる可能性は十分ある。落胆せずに行こう。

5)それにしても、穴G車のアシは遅い。見方によれば、十分魅力的。MT、シート仕様、すぐ目の前にある現物。あえて言えば、ローダウンが余計か。

6)思えば、ここは見積もりを取っていない。別件で交渉した時の、あの担当者の高飛車な応対が気に食わない。若造が(笑)

7)あれもこれも、Fが決まらないことが、一番の原因である。遅い。他力本願だから、仕方ないか。それにしても、実質金利ゼロというのは、待つ価値あるだろう。待つこととする。

| | | コメント (0)

2021/10/22

「スピリット・オブ・ロードスター」<120>肩の荷

1)本命O社から、交渉限定期限が来たとの報告。仕方あるまい。Fにつき、他力本願なので、諦めざるを得ない。

2)他に2件の問い合わせがあると言う、当然だ。ない方がおかしい。あれだけのレアな玉だ。すぐ売れてしまって当然だろう。

3)一品ものの買い物は難しい。やむを得ない。運良くこちらにまた回ってくる可能性があるかもしれない。

4)対抗M社とて、捨てたものではない。たしかに難点はいくつかあるが、なんてったって本家本元のUCである。バックの背景に価値がある。

5)穴G社は、穴で終わるだろう。内装やオプションのグレードは高い。されど、今やMT がネックになっている。AT プラスMTモード付きというのが、現在は好き。

6)そしてどうしてもクリスタル色にこだわりがある。そこから出発したのだから、やむを得ない。

7)何にせよ、Fに現実味が出てくれば、いつでも飛び出せる体制が出来上がる。新規蒔き直し。もう一度、周囲を見渡してみよう。

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<119>日和

1)おもいだしたことがある。どこかに書いたことだから、詳しくは書くまい。とにかく状況は似ている。

2)インドにいこうとして、金を貯めていた。準備が整ったのに、仕事を捨てるのが惜しくなった。その時、事故が起きた。

3)命に関わる事故だった。あそこで、死を見せられなければ、私はインドに行かなかったであろう。

4)インドに行かなければ、私の人生はまた別のものになっていただろう。仕事も、配偶者も、住む地域も、ひょっとすると、思想性も違っていたかもしれない。

5)現在、NDが現れ、F作戦が進行し、ガレージさえ準備OKとなっているのに、ここで日和れば、また私の人生も変わるだろう。転換点である。

6)問題点は一体何か。現在のささやかな安定にとどまるか。未知なる世界に向かって、一歩踏み出すか、という決断である。

7)おそらく決断せずとも、存在は、そこを切り分ける。その大いなる存在の意志を、大きく受け止める受容性は、私にあるだろうか。

| | | コメント (0)

2021/10/21

「スピリット・オブ・ロードスター」<118>まとめ

1)今回のこの旅の始まりは、5月頃であっただろう。BKに立ち寄った際、横を一台の赤NDが通り過ぎて行ったのが、運の尽きである。

2)片付け方をしていて、震災前に作りかけたNBプラモデル1/24が二つも出てきたことで、自分の潜在化していた嗜好性が一気に表面化した。

3)それからの私の行動のプロセスは、何事であったのだろうか。本で調べ、ネットで調べ、中古店を走り回り、1/24を何台も作り、1/5制作に取りかかり、試乗もした。

4)白NDをレンタルして県外まで走り、さらには黒NDで3日間の小旅行に出かけた。

5)そして近隣の販売店に3台の赤NDを見つけ、比較し、狙いを定め、F作戦に着手した。本命に見合うFもかなり現実化した。おそらく成功する。

6)収納すべきガレージも片付けつつあり、周囲のガードも下がりつつある。故障している電動シャッターの修理は、余裕ができたらいつかやろう。

7)赤、オープン、ツーシーターは、単にオトコの浪漫なのか。俺は男なのか、ロマンティストなのか。

| | | コメント (0)

2021/10/19

「スピリット・オブ・ロードスター」<117>ここまで来たぞ

4dad689ca43a448ca9108ab768d674eb158a2c54ac0b4567ad776b04f89e6a8b2432893dc0554c768d52a24a227330c2Ddc7d35a1d6b49a595127ef4c202664fD05efcd894ed44438f94943a1b8195cf62665e66dc3b44928671393edd47c8e3Da9a4d2ad9b745ee9889dd220eb6801c66fb208011fc45f189d7418bd389ffdcB0306eb5154740d598913cd85e19e4f927a32b0ed5154db5b92c3f284ee99d0b83c54c84c6aa412f8ad84979a90478097f01008ffd124ef5bdb4d3b543bc5f59

1)思えば遠くに来たもんだ。

2)百里を行くものは、九十九里を半ばとす、とはどの武将の言葉であっただろうか。

3)ここから仕上げまでには、まだまだ時間がかかる。ここでひとまず一休みである。

4)他にやることが溜まり始めた。一つ一つ、コツコツと処理しよう。

5)天としての玉は3つ揃った。本命、対抗、穴馬、どれでも行ける。地としてのF作戦も動き出した。最強の条件を引き出せる可能性が出てきた。あとは、人としての周囲の納得と、私自身の得心に係る。

6)好事魔多し。

7)さて、

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<116>本ブラ

No.4575★★★★☆

1)本日、本屋をぶらついていて、一番気になったのが、この本かな。ガレージライフ。そうそう、 NDを入れておくガレージも必要なのだ。つうか、そもそも、いつかはそういう日も来るであろうと、自宅設定の時に、ビルトインして、電動シャッターまで付けたんだった。

2)このガレージは、決して幸せな一生を送ってはいない。建築当時、実験的に乗っていたリッターカーを何回か入れただけで、ガレージとしては使われてはいない。

3)将来、以前のようにハイルーフのワンボックスなども乗るかもしれないので、入り口も天井も大きく作ってはあるが、幅が狭い。これは敷地の関係から、やむを得ないことではあったのだが、建築屋にやや騙された、ということもできる。いや、かれを恨むまい。無理なお願いをしたのは、私の方だ。

4)で、いずれにせよ、ここにNDが収まることは、計算上わかっている。寸法的には入る。しかしだ、ドアが十分開かない。どうかすると、人の乗り降りもままならない、かも、(涙)という、危険性がある。涙。

5)そもそも1メーター50もある長ドアを備えているNDである。通常でさえドアパンチに注意を払わなくてはならないのに、このガレージではなぁ。

6)毎日出入りするなら諦めた方が早い。だが、出動が週一程度なら、これもありだと踏んでいる。屋根付き、サッシ付き、シャッター付きガレージなら、収容するクルマも資産価値が高まるかもしれない。

7)そのためにも、工房に成り果てているこの空間を、片付けて、傷だらけになっている壁をペンキ塗装でリフレッシュしなければならない。(しかし、それにしても、F作戦の返答が遅い。いきなり振り込んでくるのか?)

 

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<115>プレムバヴェシュと孫との会話 ダンボルギーニ

1)久しぶりのこのシリーズである。

2)小学一年生の孫が言う。おじいちゃんが好きなのは何だっけ?ロードスターだよね。僕が好きなナンバー3はね、第一位ランボルギーニ。え、段ボールギーニ? 違うよ、ランボルギーニ。で、第二位はフェラーリ、(と言ったと思うが)、そして、第三位はGTR(と言ったと思うが)。

3)ほう、GTRを知っているのかね? って爺さんはよく知らない。確か、日本の車だった筈だ。三菱だっけ、? よくまぁ、調べたね。

4)ちょうどその時、G店の展示場の前を横切る。あれあれ、あの赤い奴が好きなんだよ。知ってるよ。学校に行く時、いつも何台か、見かける。そうそこがいいんだよ。この団地の中にも、たくさんロードスターはあるよ。

5)ロードスターは世界で一番売れているスポーツカーなんだ。早いの? いや、早くはないな。高いの? いや、高くはないな。むしろ、安い。安っぽいの? いや、たくさん売れてるから、安く作れるんだよ。ふーん。ギネスブックにも載ってるよ。

6)おじいちゃん、あれ欲しいんだよネ。うん、そうだよ。

7)早いもんだ。こういう会話が成立するところまで、来た。

 

| | | コメント (0)

2021/10/18

神宮館九星暦

 

No.4574★★★★☆

1)アルマナックの類など、このところ何年も気にしたことがなかったが、書店でぶらぶらしていて、視界に飛び込んでくるとは、何かの気の迷いか。読んでみれば、なるほど、ということが書いてある。

2)来年の私の運勢は、低迷運だとか。なんと、坐禅中の二人の人物と、後ろに警策を持った禅僧が立っている。笑。いや、別に低迷しているから坐禅をするわけでもないが、まぁ、これも何かの暗示と、ありがたく受け取ることにする。

3)年齢的には、生涯現役時代に備えて、収入の道を確保せよとのご宣託。当たり前といえば当たり前のことだが、新年に当たって、心を新たにして、心構えしなければならない。

4)これまでの経験を活かせ、と。そして、健康がだいじだよ、と。健康が維持できるかどうかが、今後の人生を幸せに生きていけるかどうかの、鍵であると。ごもっともでござります。

5)痛いところを突かれて、全くそに通り、と自らを戒めつつ、それにしても、低命運と黒星マークにはちょっと心が塞ぐ。これじゃぁ、何んもしないで、新規ごとは一切中止かな、と、尻込みする。

6)いやいやちょっとまてよ、これは来年のこと、正確には来年の節分以降のお話だ。その前に年内に片付けなければならない大仕事がいくつか残されている。まずはこれらを片づけようぜ。

7)来年があると思っていては、鬼に笑われる。

| | | コメント (0)

2021/10/17

「スピリット・オブ・ロードスター」<115>本命

1)新登場のM店の赤NDを見に行った。廉価である。この価格で出るようになってきた。嬉しい限りだ。

2)だが、価格にはそれなりの理由、妥当性がある。足回りをみると、所々にサビが。余計な付属物も付いている。元には戻せない。不足しているものもある。

3)結局これは対抗馬にしかならず、やっぱり本命はO店だ。そう思い直して、O店のHPを見ると、情報が消えつつある。ヤバイ、他にアシがついたかな。

4)それもいか仕方ない。一品ものである。早いもの勝ちじゃ、キープ権を放棄してしまった限り、文句は言えない。ないしは、かたや肩の荷が降りたような気分。

5)穴馬はG店だが、やっぱり相性が悪い。

6)本命O、対抗M、穴G。このレース、本当に成立するか。

7)Fが成立しなければ、結局は元の木阿弥、情熱も限りある。少し冷めてきたかな。

 

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<114>伏兵現る

1)NCをこのところ、何度も見かける。今日はスーパーでお買い物中の黒NCだった。いいなぁ、これもありだな。雨の中、助手席のゴルフバックがご愛嬌だった。

2)その時、ディラー認定ucで、赤NDが登場した。しかも2KKYという値付け。これで買わなきゃ何を買う、という挑発。つけるべきものはついている。シートヒーターは未確認。

3)ただし、難点もある。ローダウンしていること、エアロ(ウィング)がついていること、プレミアム色であること。

4)最大の魅力は、価格。O店赤NDとは500KYの開きがある。ATだが、MTモードがついている。F作戦も、万が一の場合は、ディラー独自のものが使えるだろう。さらに、ディラーUCにつき、アフターも安心。

5)それにしてもFの返信が遅い。これは何かの良い知らせか。熟考の機会を与えられている感じがする。そもそも焦るタイミングではない。そのために年単位の余裕を作ったのだ。じっくり行こうではないか。何が出てくるか、楽しみ。

6)住宅メンテナンスもスケジュールが後ろにずれた。気持ちにゆとりが生まれた。車庫片付けも、そしてペンキ塗りも、なんとか間に合うだろう。

7)1/5制作も佳境に入っている。期日が迫れば迫るほど、あれこれ目につき、アイディアも湧いてくる。焦るまい。今日を精一杯楽しもう。

 

| | | コメント (0)

2021/10/14

「スピリット・オブ・ロードスター」<113>情報収集

No.4571★★★★☆

1)アクアねー。ロング試乗したけど、私はダメです。心が沸き立たない。実用には足りてるかもしれないが、夢がない。

2)価格はまずまずのようにも思えるが、実用だけなら、何も20を買い換える必要がない。軽中古でいいんじゃない。

No.4572★★★★☆

3)ノートネェーー。オーラ単独のネーミングの方が良かったかも。eパワーって、どうもまがいものに思えて仕方ない。

4)スタイルが、新型シビックに酷似していて、結局個性が確定できていない。流行を追っているだけ。

No.4573★★★★☆

5)シビックもなーー。少しおっきすぎて、少し高すぎ。シビックも原点に帰らないと。最後の一台に残れない。

6)名前を継いでいるかもしれないが、コンセプトは全く変わってしまっている。これも一つのゴマカシに見えてしまう。

7)やっぱりなーーー、ndを超えていないなぁ。三冊買ってきたので、じっくり読んでみるつもりではあるが、ますます私は意固地になりそうだ。

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<112>NC-RHT

1)このタイミングにおいて、公道で初めてNCを見かけた。しかもRHT。灰色だった。遠くから走ってきた時はほとんどわからなかった。

2)ちょっと車高が低いな、ひょっとすると、という程度だった。近くに寄ってきて、Mのエンブレムが見えて、初めてNCだと確認できた程度。

3)つまり全く違和感なく街に溶け込んでいる。これなら普段使い、全く違和感がないだろう。逆に言えば、目立たない、普通の車、ということになりかねない。

4)もし、現在、私がNC乗りであったとするなら、おそらく、なんの目移りもしないで、乗り続けるだろう。満足度は高い。しかし、現在の選択肢となると、機能や安全性能から、不満は残るだろう。

5)O店に行ってみると、赤NDはショールームに飾られ、オープンに脱ぎ脱ぎされていた。やっぱり、そういうクルマだよね。惚れ惚れする。

6)中古リースというのもあるらしい。なるほど、この手もあるか、と思いはするが、やっぱり割高だ。リース期間は所有権がない、というのも納得しかねる。

7)1/1をまじまじとみて、1/5に落とし込む。

| | | コメント (0)

2021/10/13

「スピリット・オブ・ロードスター」<111>ピノキオ

3db3301b318f4cbb8252e3bc1827c659De84d9bbec454540b7a2b54b19476861617593f3f2c14466bf30c95cc0e104da3dcdf790886b458c89fbf6da3a9b48f36dbc353ef56e432f9cfafb273d3ea2039025c088952049bda11330addb63aeb5F8b741d30ed640949b11c5149efec4756d07633bf07746c9b255b2b77520b03f7efae9ae276f4273bd59d8020a105a7e

1)小学一年生が、ホントにリアルで、今にも走り出しそうだね、と褒めてくれた。これからラジコンにも挑戦するから、ほんとに走るよ、と言っておいた。

2)いつ?と問い返すので、さていつになるかなぁ、来年になるかなぁ。来年か、再来年になるかもなぁ。楽しみだね、と彼。

3)パペット爺さんならぬバヴェシュ爺さんが、命を吹き込めば、廃物アートのロードスターも元気よく走り出すかもよ。

4)そこでこの作品をピノキオ号と命名した。

5)さて1/1のF作戦は、今日も進展がなかった。いいか、諦めるか。これが運命か。ここまで来たんだから、まずまずよしとするか。

6)天の時、地の利、人の和。今回は、やや人の和に難あるかな。

7)色々な思いを込めて、今夜はまず風呂にでも入るとするか。

| | | コメント (0)

2021/10/12

「スピリット・オブ・ロードスター」<110>連関

1)家屋修理に伴って、突然物置の屋根修理が発生した。もう数十年も手を入れていない部分だ。この際、仕方ないだろう。それにしても手間がかかる。からだもヘトヘトだ。

2)されど、新たなるイメージも湧いてくる。物置という言い方はやめよう。ここはフィットネスルームと呼ぶことにしよう。せめてそのくらいの気構えで、片付けようではないか。

3)F作戦も着実に反応があり、受け付けられたことは確認できた。本格的な検討に入る。凶とでるか吉と出るか、見ものである。

4)1/5の方は、第一ステージ終了、というところまで来ている。21で、ちょうどキリもいい。それに年末も近づいている。そろそろ一旦引き上げないと。

5)来客も増えそうだ。対応に追われる。城巡りとやらのリクエストもある。下調べをもしなくてはならない。

6)体力は向上しているのか、弾性の限界に近づいているのか。

7)秋の野に天地重なり一人在る  把不住

| | | コメント (0)

2021/10/10

「スピリット・オブ・ロードスター」<109>鷺

1)久々に疲れた。心地よい疲れではある。

2)1/5も進んだ。1/1も、先行きが気になるところ。

3)辛い小さな決断が、ひとつ降りてきた。もう30年前に、終わったことだろうに。

4)許せないものは許せない。

5)古いサスペンス劇場を見た。

6)1/24をもう一個買いたいなどと、思っているのだから、どこまで取り憑かれているのやら。

7)白鷺め稲田に舞い降り盗み食い  把不住

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<108>なにをいまさら

1)引き寄せのパワーは様々な波動を引き寄せる。有象無象。

2)選択が必要である。

3)ひとつのことが、つぎつぎと、他のことどもの存在にも影響する。

4)良き変化は受け入れ、悪き変動には近寄らない。

5)体調を整えよう。精神を穏やかに保ち、深く魂に入る。

6)押しも押されもしない人生を送ろう。

7)遊戯三昧(ゆげざんまい)苺は夢よただ喰らえ  把不住

| | | コメント (0)

2021/10/08

「スピリット・オブ・ロードスター」<107>はやとちり

E048b9a7c20a41419c2af42f3285def2

 

1)もし、例のあのsnsにこの画像をアップしたら、祝㊗️完成の嵐だろう。しかし、そんなに簡単に物事は進まない。

2)赤ペンキをぬりかさねる。ラッカーを塗る。車高を上げ、固定する。ハンドル、ミラー、ナンバー、ワイパーなどのパーツをつくる。排気パイプ、シート、幌、ライト、とにかくまだまだ手を入れる必要がある。

3)フロントガラスもね。やることいっぱいあって、楽しいやら、ギブアップしそうやら。

4)1/1F計画も、一歩前進だが、まだ見通しは立たない。勇気を奮い立たせるか、ここでいよいよ尻尾を巻いて退却するか。

5)気を揉み、考えすぎてはマイナス要因になる。ここはのんびり構えようじゃないか。

6)気分としては、十字路の真ん中に立って、両手を広げている感じ。

7)2次元から3次元へ。1/24から1/5へ。1/5から1/1へ。

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<106>F作戦

1)1/1交渉も静かに始まっている。ライバルは今の所、登場していないようだが、ネット上では数十人の閲覧があり、どのような展開になるかは、今のところ、不明。

2)とりあえずこの一週間、独占交渉権を得ることができたので、それまでに道筋をつけなければならない。早い話がF作戦である。玉がなければ、Fも本気にならず、Fがなければ玉も手に入らない。物事の両輪である。

3)書類集めも結構大変である。これでいいのかな。なんせこのコロナ禍で、システムがだいぶ変わっている。最も利便な方法を選んでいるつもりだが、それでもなお、研究が必要である。

4)F到着に約1ヶ月。それから納車まで2週間。手続き如何にもよるが、最短で11月中旬。遅くとも年内には形が整うであろう。

5)20友の畑のオーナーは、ついに5万で下取りして、クラウンに乗り換えた。いつかはクラウン。でも、これが最後のクラウンになるらしい。免許返納まであと10年。それぞれの終活が始まっている。

6)NDだって、最後のなんとかになるやも知れず、保管や状況、状態によっては、資産価値が高まる可能性は十分ある。NA、NBの健闘を見れば、NDの未来もきっと明るいであろう。

7)忍れど色出でにけり山の秋   把不住

| | | コメント (0)

2021/10/07

「スピリット・オブ・ロードスター」<105>レンタアップ

1)レンタアップの意味がわかってきた。1年間で3万キロの走行も理解できた。装備もフル装備であることも納得できた。一つ一つが理解できたのは、ネットのおかげである。

2)いい時代だな。曖昧な質問を投げかけると、よりピンポイントなQ&Aとして、明瞭にしてくれる。しかも複数のルートがある。いくつかを調べれば、おおよその回答を得ることができる。それに純度を上げて、自らの体感にすることができれば、ことは終了である。

3)1/5モックアップは、トノコを経て、白ペンキ1が進行中。概してオーケー。大体想像通りだ。明日、白ペンキ2を敢行予定だ。そしていよいよ、未体験ゾーンの赤ペンキに入る。赤ペンキは1と2と実行する。さらにラッカーを2回重ねる予定。色はこれで完成とする。

4)ウィンドウ枠は、多少前進している。ガラス部分の検討に入った。トランク、ドア、エンジンルームについては、基本的にして、大雑把な構想はあるが、それをどこまで実行するかは不明。

5)したがって、インテリアについても不明。かなりな作り込みが必要となり、大幅な時間を要す。そこまで突っ込む前に、ほかにやることが出てくる。

6)それが、住宅関連であり、1/1受け入れ体制に整備である。構想はできたので、あとは体を動かすばかり。もう、10月も1/4が終わった。物置の断捨離を本格化しなければならない。と、ガレージもね。1/5制作により、現在は大変なことになっている。早めに終焉させよう。

7)年末にかかれば、あっという間に、正月になり、年度末の繁忙期に入る。いつものように、予期せぬ外的要因が飛び込んでくる可能性大である。

| | | コメント (0)

2021/10/05

「スピリット・オブ・ロードスター」<104>1/1-2

1)シートヒーターはついていた。至れり尽くせりだな。ここで決断ができなければ、単なる情報集め。

2)1/5制作を再開。とにかく、トノコをぬりなおした。

C97b183a597f447996b19e94e419db71B8a17fbdc8ff437aad664bf5924f799eCeb0a2f6946540e8a852e5b4ac4b411a

3)収納スペースも、準備着々。とにかく断捨離。一ヶ月はかかるが、ちょうどいいタイミングになってきたか。

4)F作戦も進行中。そもそも窓口は30年間、一ヶ所だけだが、このコロナ禍において、申し込み方法がネット化していた。必要書類集めも、気を使う。

5)年内に、大きく環境が変化するかも。

6)大きな荷物が一つある。これはどうするかな。

7)引き寄せパワーで乗り切るか。

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<103>1/1

1)そろそろ1/1の話をしなければならない。ここで逃げては男が廃る。つうか、いつもの私の悪い癖が出る。

2)ずっと前に聞いた話だが、高田馬場の電気屋街に、ワセダ、というスラングがあるらしい。カタログを集め、あれこれ販売員を質問攻めにし、商品をいじり回した挙句、結局、一銭も落とさず去っていく。そういう輩は近くの大学の学生に多いらしく、あいつはワセダだ、というような使い方になるらしい。

3)私もまた、そのような不名誉なスティグマを貼られないようにしなければならない。

4)据え膳食わぬは男の恥、つうか、有言実行、が必要でしょう。

5)やらなくてはならないことがいくつかある。①金融機関に連絡し、具体化を図る。O店O社はローンを取り扱ってはいない。②スペースを空ける。今やっている作業を加速し、断捨離強化。③周囲に告知、協力を仰ぐ。これなしには結局は進まない。これが結局1番難しいか。

6)ATながらMTぽく装えるシーエンシャフトは、面白いのではないか。こっちの方が周囲の合意を獲得できそう。シートヒーターがついているかどうか未確認だった。これは是非とも欲しいところ。

7)秋深く命短し恋せよ爺ィ 把不住

| | | コメント (0)

「スピリット・オブ・ロードスター」<102>赤でいいの?

1)なかなか、いいんじゃないかな。

Bec9251103df4c9e89ec2cc7df0d4993E0db83f55ec34f0f82b220693d9e9a7bE1356e12aa7144c3b420fed07fac503a4e4f6881eeb8474c9b1c5882ac55714c887d0f4bc3314d2a93c5fbba79826ffcDc315c6ee3dc4407a7bb3e4d7d3679aa6b13c3ef77a249f1b79035b103f6bf9f7162c6893d6942c2b464bd0253d0c3a87987933440144d6899bafbbe0ab5c3f4

2)ここまでくると、あれだけこだわっていた、赤、赤でいいのかな、と不安になる(笑)もっともっと選択肢があったのに、これでOK? 爆笑

| | | コメント (0)

2021/10/04

「スピリット・オブ・ロードスター」<101>待て待て

1)G店NDプレミアムには、いくつかのネックがある。そもそもがプレミアム色であること。ローダウンされていること。2015であること。G店のシステムがいまいちまだよくわかっていないこと。選択肢の少ない中での決定は、盲点があるのではないか、ということ。バックカメラがついていない。

2)新登場O店クリスタルは、上記をかなりの確率でカバーしている。クリスタルであること、ノーマルであること。2020であること。O店のシステムもやや不明ではあるが、ワンオーナーであること。O店と比較できること。バックカメラ、他がついていること。

3)ある意味、もはや決定を下しても良い玉である。ただ、考慮すべき点としては、ATであること。個人的にはATであることは、選択範囲の中にあり、それで良いと思えるが、MTへの未練がないわけではない。まだ、60:40くらいで、MTが勝っている。

4)対して、最大にネックはファイナンスである。準備ができていない。その前にやるべきことが、いくつか残されている。年内にはクリアできそうではあるが、急いで、事を仕損じてはならない。

5)不測の状況が生まれる可能性もある。だからこそ、急ぐべきなのか、だからこそ、慎重になるべきなのか。

6)それと収納スペースの準備ができていない。年内はかかる。余裕を持ってことを進めるには、年明け、年度末業務を終えた後であろう。

7)G店も、O店も、シュミレーションにはもってこいだ。F作戦も、加速しそうだ。あとは、2022以降の新車情報が気になるところ。

| | | コメント (0)

2021/10/03

「スピリット・オブ・ロードスター」<100>きたー、

1)来ましたよNDクリスタル色1年落ち。ただしAT。されどAT。

2)今日通りかかったお店でした。ここにはないよなぁ、と帰宅してネットをみたら、ありました。リースアップだという。それもありだろう。値付けはまぁまぁ、機能は上々。予想の範囲ではあるが、ここまでくると、新車とどう違う、というところまで来る。

3)ファイナンスは0からのスタートである。あれをこうして、どれがどうなら、なんとかなるか、と、微妙なライン。タイミングはちょっと早い。年明けくらいに来てくれるとよかったのであるが。

4)MTかATかは微妙なとことだが、個人的にはATもあり。やはりMTは疲れる。楽しい、という評価は多いが、私個人には、だからどうした、という面もある。そもそも昔はMTしか無かった。出来が良かろう、悪かろうがあるだろうが、車ってのはそういうモノだった。自分の年齢を素直に換算する。イージードライビイング、で、いいんじゃないかい。

5) MTは左半身をよく使う。だから、全身運動になる、なんて強がりを言っては見たが、正直、左足が疲れる。クラッチを踏み込むのに、シートの位置を微妙に毎回セッティングしなければならない。左手も、忙しいといえば、忙しい。ペットボトルを飲んだり、ナビをいじったり、時には、右手を休ませるために、左手だけでハンドルを握るタイミングも必要だ。まぁ、どっちでもいい。

6)リースアップという文言は初めてだが、ワンオーナーの対局に位置する表現であろうか。要は、どこまで荒れているかである。一年落ちだから、それほどでもあるまい。

7)むしろ、私には、傷ひとつついていないピカピカの新車より、適当に普段使い出来そうなレベルがにあっているとおもう。結構いいと思う。これだけの玉は少ないので、おそらく早めに手がつくだろう。これが出たということは、今後も出てくるということか。

| | | コメント (0)

2021/10/01

「スピリット・オブ・ロードスター」<99>NC 1/24

Dfa26ba79c1940fb963f016b8487df36

1)きましたよ、NC 1/24。これまで探していたけど、なかなか見つからなかった。今回、フジミが発売するということで、先行予約しておいた。

2)ようやく届いたものの、プラモデル製作意欲はほとんどなし。1/5NDモックアップにかかりっきりだ。

3)どういうわけか、街やご近所ではNCは見かけたことがない。見たのは中古車販売店でだけである。

4)みんな口では言わないが、NCはイマイチ、と思っているのではないだろうか。重いし、大きいし、デザインももっさりしている。燃費も悪い。

5)そこをひっくり返したのだから、NDはすごい、ということになる。私は決してNC嫌いではない。RHTなんかいいんじゃないか、と思う。

6)しかし、それは灰NC。赤はどうかな。今回このフジミ1/24NCは、横並びで、赤で行く予定。

7)1/5モックアップは、まだまだ時間がかかりそうだ。適当なところでよしとするか、完成度を高めるか。

| | | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »