« 「スピリット・オブ・ロードスター」<90>72時間 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<92>2日目 »

2021/09/25

「スピリット・オブ・ロードスター」<91>1日目

1)まず自分の生活空間を走ってみた。基本的に違和感はない。普段使いとしての1台になりうる。されど、当然ながら、良くも悪くも違いはある。

2)いつもEXを押し込んでいる空間にNDは入らない。入ることはできても、ドアが開かない。レンタカーのドアをみると、ドアパンチの痕跡アリアリである。みんなぶつけるよな。そういうクルマなんだもん。燃費はまずまずか。そこを気にする車ではない。

3)乗り降りするコツがわかった。ドアを開けたら、まず尻を入れるのだ。そして尻を中心にして90度回転しながら、足を入れる。そして椅子を前にスライドさせる。今までは、固定したままの椅子席に足から入ろうとしていた。

4)茶室にもにじり口というものがあるらしい。限られた空間に、謙虚な気持ちで参加するのだ。頭も低くしなくてはならない。シートベルトを閉めるように、椅子スライドの一手間をプラスする。

5)公共の駐車スペースの場合、運転席ドアが完全に開いてもOKな場所に停める。はじの方の遠いところになったとしても、多少歩く余裕は確保する。

6)黒NDは、それなりにインパクトがあるようだ。外車がきた、とか、怖い人が来た、なんて反応もある。もちろん、いいねの反応も多い。後ろから、ずっとついてくる女性ドライバーもいる。子供たちは大喜び。

7)ND一台普段使いは、私にはできる。反応はさまざま。それもまた、面白い.

 

稲の香のシャワーを切り裂くスポーツカー  

ひらひらと紅葉舞い来るオープンカー   把不住

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」<90>72時間 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<92>2日目 »

02)達の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」<90>72時間 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<92>2日目 »