« 「スピリット・オブ・ロードスター」 <42>レンタカー | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」 <44>ライフスタイル »

2021/08/04

「スピリット・オブ・ロードスター」 <43>ファン

<42>からつづく

 

Img_5504

「スピリット・オブ・ロードスター」 ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ<43
池田 直渡 (著) 2016/11   出版社 : プレジデント社 単行本 日本語 232ページ

★★★★★ 「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次

1)ロードスターにはコアなファン層がついているとは気づいていたが、ここまで私はトリコ(失礼)になっているわけではない。なれない、というか、知らない。

2)せいぜいNAからNDまであって、それぞれの特性、さらにはソフトトップとリアクティブル・ハードトップがあり、さらには、中古車両が比較的出回っているという程度だ。

3)走りにこだわっているわけでもなく、ホィールやドレスアップ、改造、シート、排気パイプ、レースなどにもこだわっているわけじゃない。改造専門ショップに縁があるわけでもなし、スポーツやスピードに特段の関心があるわけでもない。チューンナップやサスペンション、エンジンのパワーアップにも縁がない。

4)ワインディングだのコーディネート、エアロ、だの、まぁ、私にとってはどうでもいいことなのだが、そこにこそこだわるファン層というものがあるらしい。

5)そこまでせんでもいいよ、と思いつつ、ロードスター現象とは一体なにか、を追及していくには、そのあたりもさらっとレクチャーをうけておく必要があるのだろう。なぜに、ロードスターに魅力を感じるのか、ということを知るうえで、役にたつこともあるにちがいない。

6)しかし、おそらく、この手の雑誌が、次回店頭に並んでいても、即買いしてくることはあるまい。この一冊があれば十分だ。そして、自分との距離間を感じることができれば、それで終わりだ。

7)私のロードスター熱も、いつまでつづくことやら。カタログを集め、プラモデルを5台作って、雑誌や書籍を数冊読んで、試乗車を体験して、中古店をあちこち巡り、来週、レンタカーで一日ドライブしてくれば、それで、私の憑き物もだいぶ落ちるのではないか。最近の私はそう願っている。周囲もそう願っている、ようだ(笑)。

<44>につづく

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」 <42>レンタカー | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」 <44>ライフスタイル »

03)遼の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」 <42>レンタカー | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」 <44>ライフスタイル »