« 「スピリット・オブ・ロードスター」<61>プラン3 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<63>イメージ1 »

2021/08/16

「スピリット・オブ・ロードスター」<62>方針

<61>からつづく

1)ほぼ方針が固まりつつある。デリバリータイプ、中古、関東圏、キャンパスドアあり、有色、タイヤホィール・ノーマル。価格ほぼほぼ+陸送料金。

2)本当はパーソナルタイプが欲しかったのだが、どうも縁がない。高い、遠い、古い、故障車、等、どうしても縁がない。ここは諦めた。

3)改造等は必須でもあり、自作DIYやカラーリングでカバーするしかあるまい。室内バックミラー必須、リアウィンドウ自作必須、ドア自作必須、ボディ塗り分け必須。タイヤ、ホィール、選択後付け必須。

Img_5564

4)やるべき作業は多い。それだけ楽しみも多い、と、考えを切り替えよう。どっちみち、即走行可能ではあるのだから。

5)販売店は関東圏。陸送費は高い。1トントラックをレンタルして、自分で取りに行こう、と思ったが、積み込みは販売店でやってくれるとしても、降ろすのが大変。危険でもある。ここは素直に陸送をお願いすべきだろう。他の販売店より割安だったので、これでトントンというところか。

6)それに、コロナ蔓延で、この時期に関東圏にはいるのは、如何なものか。感染リスクは残る。

7)販売店では、一度、来店して見てくれという。でもここは、販売店を信頼して、非接触の確認でいくことになりそう。

<63>につづく

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」<61>プラン3 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<63>イメージ1 »

03)遼の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」<61>プラン3 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<63>イメージ1 »