« 「スピリット・オブ・ロードスター」 <45>こだわり | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」 <47>エトセトラ »

2021/08/07

「スピリット・オブ・ロードスター」 <46>目的地

<45>からつづく

Img_5504

「スピリット・オブ・ロードスター」 ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ<46
池田 直渡 (著) 2016/11   出版社 : プレジデント社 単行本 日本語 232ページ

★★★★★ 「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次

1)この炎天下、3つに台風が近づいており、パンデミックはますます広がり、結局ドライブは私一人の旅路となった。

2)今更といいつつ、そもそもキャンセル料も発生しない個人間契約ゆえ、やめることはいつでもできるが、それではこれまで計画した意味がない。

3)エコーラインを蛇行してこようか、高速をそこそこ走るか、鶴岡まで遠征か。出羽三山をぐるりと回ってくるか。いろいろ思いあぐれるが、そもそもロードスターに乗ること自体が目的なのであり、ハンドル握ったその時考えればいいだろう。

4)しかし、平日といえ、盆休み中ゆえ、ラッシュもあるだろう、朝夕の混雑も避けたい。炎天下ならオープンはどうなる。田舎道は凹凸あるか。遠出しても県内に止まるべきか。

5)藤圭子の歌を聴いていた。思えば彼女学年はたった二つ年上だけだった。彼女のイメージは、持って生まれたキャラクターもあろうが、作られたイメージの方が、よっぽど大きいだろう。シナリオのまま踊る役者である部分が大半だ。

6)人間として、一人の個人として、自分らしくあるとは、どういうことか。破綻しないキャラとは、どうあるべきか。

7)私にとって、このクルマは何事なのか。全くの無駄事なのか、遊びなのか、横道なのか。あるいは。

<47>につづく

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」 <45>こだわり | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」 <47>エトセトラ »

03)遼の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」 <45>こだわり | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」 <47>エトセトラ »