« 「スピリット・オブ・ロードスター」<54>憑き物 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<56>混迷 »

2021/08/14

「スピリット・オブ・ロードスター」<55>コムス

 

「スピリット・オブ・ロードスター 2021」目次

<54>からつづく

Df2505c7cac54544a56cee2963d0e402

COMSに乗ってきた。うん、なかな良かった。

5355f138d8d74bc3aa1a38126010fbaf

一時間千円。公園のゴーカートに乗ったと思えば、それ以上の素晴らしい体験だった。

Edfc99811f714066acac6c03dd0ea9f0

受付は空港内のレンタカーカウンターで、即日OK。5台あるが、どうやら、借りる人は一日に1~2名の様子。予約しなくてもほぼOKだろう。

3deb4bd502b8438ead3d8f20cb6a7833

保管場所はパトカーの駐車場の近くにあり、いたずらされる危険も薄そう。

8142cd4c6d6e4357a2cf29ca323ea93b

5台あり、どれに乗るかは、カウンターで指定される。

0faf9954343b4f698a688219c66ec58f

充電コードは接続されたままになっており、自分で外して、セットする。

4ce590e1c02f4829b7e21e2a1ce1ed34

乗り込むには、両側についている専用幌のジッパーをあけて。ちょっとしたコツが要るが、慣れれば、簡単。

6398ba1923af4d6c9b0ae04f31164486

運転席は至ってノーマル。軽トラックに乗り込むと思えば、なんでもない。むしろ、一人乗りなので、広々としている。

6e981d632aa441c38328717a910c5426

ボトル置き場や、スマホフォルダーも完備。ラジオやナビの装着はないようだが、スマホを活用すれば、問題なさそう。

1c66097874fb40b792486170a9fe87ef

スピードは60キロ制限で、それ以上だそうとしても、リミッターがついていて、出ない。安全ですね。

67919513dd4642f09a4ae637240b3c24

トランクルームも十分。少なくとも、ロードスターと同程度の荷物は十分入る。

9f3b9f7ca9f54c68b549f9a3c45c166a

バックスタイルもなかなかよい。難点は、ドライブ席にバックミラーがついていないこと。左右の車外バックミラーで分からないでもないが、私は不安。自作DIYでつける必要があろう。

3fec4fd6f33340188e37fbd7660bcf9e

フロントもなかなかにカッコイイ。BMW イセッタ 300 コンパーチブルさえ連想させる。

97880_front_34_web


さらなる難点としては、ホロがあまり上手に処理されていないこと。樹脂の窓の部分の透明度が低くなっていることと、ジッパーを開けた時の様があまりカッコよくないこと。ここも自作DIYが必要だろう。

4978177b1fcb4d0dad0fa563ca74b99a

今日は真夏だが小雨だった。暑い日なら、むしろ、全部取っ払って、究極のオープン走行も可能だ。ヒーターやクーラーはなさそうなので、夏はともかく、真冬は寒いだろう。だけど、そんな日は別に乗らなければいいのだ。究極のセカンドカーと思えばいい。強風の日も同じ。

0e28c2a223fc4a8d88d90d81e358c640

今日は、空港から南へ海岸線を走ってみた。時々曲がってみるが、工事専用道路で行き止まり。復興はまだまだの感あり。

8fe0e8d057ec4fabad791dffea4f63bb

あちこちに大型の太陽光パネルが広がっている。多論あるが、私は賛成。

A1b6699b3cfd41e0a004e97b9abb9095

持続距離、防犯性、安全性、その他、多くの問題は抱えているが、車検なし(自賠は必要か)、保険も安い(はず)、駐車場は不要(かな?)、自宅充電可(燃費ほぼ無視!)、などのメリットがある。究極のワンシーターEVスポーツ・オープンカーである。

E2228970e8d345bbb15d1257f60c9cd9

一時間千円。3時間以上8時間まで保険込み(上限)三千円。そのうち、キチンとEVスタンドを調べて、都市コミューターとして一日乗り回してみたい。

D758445135f14f9c8d3424b734206002

追伸  よくよく調べて見ると、急速充電はできない。したがって、EVスタンドは使えないことになる。イメージとしては、40分乗った後、普通100ボルトで6時間かけて満充電にする必要があるようだ。

つまり、仮に8時間借りたとしても、実走40分。あとは充電ないし、駐車時間となる_| ̄|○

今の所、県内には中古コムスは見つからず、隣県から購入したとしても、自走では戻ってこれないことになる。陸送が必要だ。

中古約60万、新車90万ー補助金20万=70万。これなら新車で決定でしょう。だが、70万か・・・・ 安くはない。

トヨタは、このタイプの上位車種を、ドア付き二人乗りで160万ほどで、細々と販売しているようだ。うーーーン

私は、一人乗り、ドアなしでいいから、急速充電が使えるようにしてほしい。そして中古で20万くらいなら、即買いだろう。

--------------

追追伸

本来コムスシリーズは家庭用100v専用だが、空港コムスは、EV200Vの表示があるところなら、急速充電可能。20分で10キロほど走行可能になるだろう、という説明があったが、確かではない。逆に空港コムスは、家庭用100Vは使えない。自宅に戻って充電 、の目論見は、もろくも崩れた。

<56>につづく

 

| |

« 「スピリット・オブ・ロードスター」<54>憑き物 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<56>混迷 »

08)遼の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スピリット・オブ・ロードスター」<54>憑き物 | トップページ | 「スピリット・オブ・ロードスター」<56>混迷 »