« 再読したいこのカテゴリこの3冊「進の巻」編 | トップページ | ラストエンペラー »

2021/05/25

地球人スピリット・ジャーナル・ダイジェスト版<82>「進の巻」について

<81>よりつづく

「地球人スピリット・ジャーナル」ダイジェスト版

<82>把不住述懐「進の巻」について

1)書かれたのは、2021/03/30から2021/05/25まで。「OSHO最後の禅シリーズ」のリスト作りに始まり、途中で、「スピリット・オブ・ロードスター」にハマり、「歯科椅子上のリゾート」CDリスト視聴にかまけてしまった。

2)やらねば、という気力はあるが、やる体力がいまいち戻ってこない。やることが多すぎるのである。仕事上のルーティンワーク、頼まれごと、義務的な作業、突然の訃報、季節的な模様替え。そして、これまで自分がやりかけてきて、まだ終わっていない作業のあれこれ。

3)やるべきことと、やれることを比べれば、やるべきことが勝っている。ひとつひとつは、やれば楽しいこと事なのであるが、どうも、後ろから押されているようで、楽しいはずのワークが、重荷になってしまっている。ちょっとだけ、この自転車操業を緩和したいと思いつつ、まだ脱却していない。

4)やるべきことの断捨離をした。いくつかのボランティアを休むこととし、パンデミックにかこつけて外出の用件を減らした。それでも、突然のハプニングで、作業が増加しっぱなしである。せっかくある気力が、体力とともに萎えていくのが感じられる。

5)いかん、これではいかん、と、この数か月を過ごしている。

6)巻名の由来は至って簡単である。近親者の名前から来ている。蓮、進、ときて、次は遼の巻、となる。名前シリーズがつづくとすれば、次の次は、達の巻、ということになる。巻名の漢字そのものには意味はない。ただ、時期を表す人くぐりのネーミングであるにとどまる。

7)再読したいこのカテゴリこの3冊「進の巻」編はつぎのとおり。

HYAKUJO; The Everest of Zen with Basho's Haikus  
OSHO(Author), Ma Dhyan Sagar (Editor) September 1989 Publisher: Rebel Publishing House Hardcover: 192 pages Language: English

Communism and Zen fire. zen wind.
OSHO (著), 1989/07 出版社 : Osho Intl 言語 : 英語 ハードカバー

Celebrate myself: God is no where--life is now here 
OSHO (英語) ハードカバー 言語 : 英語

8)次はいよいよ、核心にせまる。(と、いつも意気込むのだが、どうなるか_| ̄|○)

<83>につづく

 

| |

« 再読したいこのカテゴリこの3冊「進の巻」編 | トップページ | ラストエンペラー »

05)進の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再読したいこのカテゴリこの3冊「進の巻」編 | トップページ | ラストエンペラー »