« 人生~ 瞑想でたどる仏教 蓑輪 顕量 <1> | トップページ | THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<7> »

2021/04/23

「2021年版 間違いだらけのクルマ選び」島下 泰久<3>ヤリス

<2>からつづく

817ibty40zl
「2021年版 間違いだらけのクルマ選び」 <3>
島下 泰久 2020/12  草思社 単行本 : 256ページ
★★★★★

1)ヤリスに乗ってきた。自分の車を修理に出したので、代車として提供された一台だ。まずはっきり言っておく。こりゃあ、だめだ。グレードもあろう、ドライブコースの問題もあっただろう。タイミングもあっただろうし、我がドライビング・テクニックの問題もあろう。しかし、ヤリスは落第だ。

2)①燃費が悪い。5時間も80から100キロ時速で走行して、平均燃費15.5キロ。これじゃだめだ。我が車なら軽く25キロ/リッターはいく。

②無駄に車高が高く、風切りが悪い。横風をまともに受ける。フラフラだ。ペラペラな感じ。

③内装の質感悪し。デザイン悪し。ナビはまずまずだったが、我が車の後付け廉価版よりマシ、というレベルだろう。

④エンジン音うるさし。エンジン音を聞きたいという向きもあるだろうが、これはだめだ。障子の陰から、雑音が聞こえてくる感じ。この感性で、スポーツカーにも乗ってみたい、というこちらの嗜好も、どうかしているのだろうが、ストレスが溜まる。

⑤左腕の肘掛がない。これもだめ。これは私が疲れる原因の大きな要素。

⑥シートもイマイチ。腰が痛くなった。つうか、突き上げられる振動で、ケツ肉が痛めつけられている感じ。ダメだ。

⑦今日はロングドライブだったが、街場の買い物はどうか? いや、外観も良くない。いつもこいつに付きまとわれるのか、と思うと、ゲンナリする。お供は、もっと大人しい、静かな、おっとりした感じがいい。

⑧デザインはスバル系がいいと思うが、燃費がなぁ。マツダはいいのはロードスターだけだ。でも、ロードスターでは、孫の幼稚園のお迎えも不向きだし、市民農園の鶏糞運びにも不向きだ。パッソは5人乗りで小さくて安いからいいかな、と思ったが、友人がいうには、ハンドルがガタガタ振動するぞ、という。

⑨結局、私の車のオーディオは直らず、部品交換で10万かかるという。おい、中古部品はないのか、というと、今探しているが、新品の半値くらいだよ、という。ええ? そんなに重症なの?  レシーバーって、そんなに壊れるのかなぁ。

⑩私としては、20万キロ位乗ってやろうと思っていたお気に入りだったのだが、その半分で挫折か。10年10万キロ、とはよく言うが、ほんとその通りだな。これからもどんどん故障が出てくるのだろう。これまで乗った車もそうだった。

11 、もう一回車検を通してやろう、と思っていたのだが、もうダメかなぁ。駆動系は問題ないので、まだ乗れるはずだし、電気系統もマズマズだ。だけど、情報系も大事だよなぁ。ラジオも、交通情報も必要だ、

12、で、やっぱり、ヤリスもダメで、パッソもダメで、ロードスターもダメで、スバル系もダメで、中古も気に食わん、となると、はてさてどうなる我がカーライフ。それなりのそこそこの車が、必要なんだなぁ。

13、これぞと言う、真っ当なEVが出れば、多少無理しても、乗り換えるのだが、それがない。ヤッパ、一回車検通して、あと二年待つかぁ。秋まで、悩みが、一つ増えた _| ̄|○

<4>につづく

| |

« 人生~ 瞑想でたどる仏教 蓑輪 顕量 <1> | トップページ | THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<7> »

07)進の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生~ 瞑想でたどる仏教 蓑輪 顕量 <1> | トップページ | THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<7> »