« はじめての「禅問答」 自分を打ち破るために読め! 山田 史生 <2> | トップページ | 3・11 »

2021/03/09

「禅問答入門」田辺 祥二

5172aa25e3l

「禅問答入門」
田辺 祥二 (著) 2004/02 NHK出版 新書 : 299ページ
No.4488★★★★★  

1)こちらの入門書の表紙は「無」と来た。ひょうたんナマズではなかったのでほっとしたが、かといって、禅問答といえば「無」とくるのは、こちらとてステロタイプのイメージと言えないこともない。当ブログとしては、ひょうたんナマズに出会う前は、仏教→禅と来た場合、次なるは、やはり「無」というイメージであった。

Keihu

  2)この本も立派な本で、正直言って私はこの本を読むのは、まだ早い。だが、この本を読むことは、決して必須ではない。読まなきゃ読まないで、いいと思う。

 

3)マスターに最初に出会った時の問答。

「何か、質問あるかな?」

「たくさんあります」

「そうだろう。質問の、100のうち99は瞑想すれば、質問そのものが消える。最後に一つの質問が残る。だが、残る一つの質問には、答えはない。」

「いいかな。それでも、まぁ、ひとつだけ質問してみなさい」

「私をインドに連れてきたものは、何ですか」

「good(笑)  まずは瞑想してみなさい。」

つづく 

| |

« はじめての「禅問答」 自分を打ち破るために読め! 山田 史生 <2> | トップページ | 3・11 »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめての「禅問答」 自分を打ち破るために読め! 山田 史生 <2> | トップページ | 3・11 »