« 龐居士(ほう こじ)の語録<4> | トップページ | 「セルアウト禅問答」挫・人間 »

2021/03/05

兄弟船


兄弟船
鳥羽一郎  : 日本クラウン  時間 : 25 分
No.4484★★★★★ 

1)今日は一日、 一人の友人のこと考えていた。Dちゃんは、同じ学年の牡羊座同士だが、彼は4月生まれで、私は3月。彼はちょうど私の一歳年上の感じになる。なぜだか、女房もお互い、牡羊座同士。長男も、私の方が一年遅れたが、後から気がつきゃ、字こそ違え、同じ名前をつけていた。

2)若い頃、数年一緒に仕事をした。ある時、近くの居酒屋で、Dちゃんはカラオケで「兄弟船」を歌った。うまかった。すごく似合ってた。私は田んぼの真ん中で生まれ育ったが、彼は海を目の前にした、岬の先端で生まれ育った。海の香りがした。

3)水産高校でのぶっちゃけ話や、朝早く起きて働いたクジラ解体工場の話など、面白く聞かせてくれた。若い頃はバイクキチガイで7台持っていたという。何回も転んで、高速では死に目にあったという。いやはや、男だなぁ、といつも思っていた。

4)先年、母親を亡くしたが、最近、義父を98歳で亡くしたという。おやおや、私も去年、98歳で母親を亡くしたよ。オレ達も年取ったもんだな、と笑いあった。オレ達はナンボまで生きるかな、というので、オレは95まで現役でやる。そのあと3年ぐらい老後をやるかな、と言ったら笑っていた。

5)彼は先年体調を崩して仕事を辞めた。サラリーマンなら当然の潮時頃だが、自営業の彼も、後継者ができて、引退してもいいタイミングだった。そのあとは体をかばいながら、近くの海の釣りを趣味にしていた。帰り足、大漁の時は我が家に寄って、海魚をお裾分けしてくれた。

6)数年、リハビリに励んだおかげで、すっかり体調も戻り、趣味のオフロード四駆を走らせるようになった。遠くまで行くわけじゃないが、彼は彼なりに、ワイルドな感じが好きなのだ。

7)そんな彼が、昨日、交通事故に遭遇した。彼の過失はわずかで、法規を無視して前を横切ってしまった84歳のおじいちゃんの軽自動車に非があったのだが、両車大破した。修理は効かない。お互い怪我がなかったことを大難逃れた、とまずは喜ぶべきだろう。

8)84歳のおじいさんには、免許を返上してもらうのが、今後の世のため、人のためになろうというものだが、おさまらないのはDちゃんである。知人から譲ってもらったお気に入りのオフロード車を、壊された、というだけでもショックである。直らないとなれば、なお怒り心頭だ。

9)こんな時、一般に保険が役立つものだが、セカンドカー扱いだった車には、十分な保険が付いていなかった。ましてや自分では運転に自信があった。手先が器用な彼は、ちょっとしたことなら、自分でも直せる、という思いがあった。

10)自宅に帰って、落ち込む彼のことを考えていたら、「兄弟船」を思い出して、動画で聞いた。鳥羽一郎。ふだんはほとんど聞かないが、今夜は、なんだか鳥羽一郎モードだった。ハシゴで聞いた。そして、心で思った。Dちゃん、がんばれ!!

| |

« 龐居士(ほう こじ)の語録<4> | トップページ | 「セルアウト禅問答」挫・人間 »

09)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龐居士(ほう こじ)の語録<4> | トップページ | 「セルアウト禅問答」挫・人間 »