« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021/03/31

HYAKUJO ; The Everest of Zen OSHO <2>

cotinued from <1>

Hyakujo_2
HYAKUJO; The Everest of Zen 
 <2>
OSHO(Author), Ma Dhyan Sagar (Editor) September 1989 Publisher: Rebel Publishing House Hardcover: 192 pages Language: English

★★★★★ 
Osho最後のZENシリーズ目次  

1)A haiku by Basho:

I CLAP MY HANDS AND WITH THE ECHOES IT BEGINS THE DAWN - THE SUMMER MOON.

Basho is one of the greatest poets of the world, but he has written only haikus - very symbolic but very miraculous, very simple but very mysterious. They are all to be understood through visualization, because Zen does not believe in words. Visualize and perhaps you may have some understanding. "I clap my hands and with the echoes" - in the mountains - "it begins the dawn - the summer moon."

The summer moon is still hanging and the sun is going to rise. And I have clapped my hands, and the echoes are still resounding in the mountains. It is just a painting in words. A haiku has to be understood - a painting in words, not only a poetry in words - and it has to be visualized. Just visualize yourself surrounded by mountains. And you...(OSHO CLAPS HIS HANDS.)... clap your hands. The mountains go on echoing and the summer moon is still there and the dawn has come.p10

2)Maneesha, every enlightened being expresses himself in his own unique way. Basho certainly seems to be a little melancholy, but his sadness is not your sadness. Your sadness is a repressed anger. You may not have thought about it. You become sad in a situation where you cannot express your anger.p64

3)Maneesha, these dialogues between Zen masters and their disciples almost appear to be of another world. You will not hear anything alike anywhere else. They lived in a totally different dimension and they talked about things which don't matter to you. But to them, those things mattered the most.p138

4)Osho is a very honorable word.

There are many respectful words, but the sweetness of Osho, the love, the respect, the gratitude, all are together in it. It is just like Christians using 'reverend', but that is no comparison to it. Just the very sound of Osho - even if we don't understand Japanese, the very sound is very sweet. P176

to be cotinued

| | | コメント (0)

Ma Tzu, the Empty Mirror OSHO <3>

<2>からつづく

Matzu_3
Ma Tzu, the Empty Mirror Zen Discourse Series
<3>
OSHO (Author) September 1988 Publisher: Rebel Pub. House Hardcover: 10 pages Language: English
★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)Even if death comes, let it be welcomed. Dance, sing a song. That has been the tradition in Zen. Each master is expected -- and they all have done it -- that before dying they should write a small haiku containing their whole teaching. p46

2)Zen gives you a totally different climate. Sometimes masters have even sent their followers to other masters who are against them. It is a very strange phenomenon to the modern eyes, sending someone to your own opponent. But we have to look deep down: if the person can grow more easily in the climate that the opponent master has created, then there is no hesitation in sending him to the other master.

It was a constant transfer of disciples from one master to another. And sometimes it used to be that a master would seem to the disciple too hard and the opponent master would look more soft. The disciple himself would escape to the other master's monastery. p108

3)When you go inwards there is no east, no west, no south, no north; just pure space, in all directions the same. You have gone to your very roots, and now you know for the first time that all these many lives your eyes have been deceiving you because they were keeping you attached to the objects of the outside. They were not allowing you to enter into yourself. You were kept engaged in something outside -- money, knowledge, respectability. P147

4)Enlightenment is a question of a sudden realization -- that you are neither anger, nor greed, nor love, nor compassion. Anything that you can name, you are not. You are the unnameable witness, hidden deep inside you, just reflecting everything that passes by, just a mirror.p158

5)Ma Tzu is saying that he is not interested in anything that is not existential. That is Zen's special contribution to human consciousness. Don't be bothered about imaginary conceptual philosophical things, just pin down everything to existence. p182 

to be continued 

| | | コメント (0)

2021/03/30

The Buddha: The Emptiness of the Heart OSHO <2>

cotinued from <1>
Heart
The Buddha: The Emptiness of the Heart<2>
Osho (著), 1989/07  出版社 : Osho Intl  言語 : 英語  ハードカバー

★★★★★ 
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)Have you ever observed? -- all the religions teach that you should liberate yourself from misery, from sin. You should earn virtue so that you can make a place in paradise. "You" are the center of all the religions -- but not of Zen.

All the religions say, "Liberate yourself from your attachments." Only Zen has the strange courage to say, "Liberate yourself from yourself!" Liberating yourself from your attachments is child's play. The real, authentic seeker finally liberates himself not only from other things but even from himself. He drops the very idea that 'I am'. p13

2)Zen is not against the world. That is one more of its rebellious attitudes against all religions. All religions somehow condemn the world. All religions praise those who have renounced the world, those who have gone away from it, renouncing the wife, the children, the home.

Somebody has some day to do deep research into how many millions of people have left the world in the name of religion and caused to suffer small children, old parents, wives and husbands; who have disturbed the life of many in the name of religion. And do you think these people have found anything? They have simply created many prostitutes, many orphanages, many poor old people, dying without food or medicine. And what have they gained? Not a single one of them has attained to buddhahood.

Zen is very clear and straightforward about everything. It is not a question of renouncing the world; the question is of renouncing your mind. p37

3)I am talking about Zen simply to make the point that all religions are now out of date.

Zen has no clingings with the past. It is not a by-product of the past, but rather an opening towards the future. I am not unnecessarily wasting my time and your time. It is not just by chance that I have chosen to speak on Zen.

We have come to a point of departure from the society in which we have lived, a moment of tremendous departure for consciousness. The way man has felt up to now has not been healthy. The way societies have structured themselves has been very sick. The whole civilization is almost non-existential.p64

4)Zen's interest is not in gods, not in paradises. Its interest is absolutely life, known in its eternity, with all its joys and celebrations. It is a religion of celebration. It is not sad, serious. Because it is not going to achieve anything, it cannot fail. Its victory is absolutely certain because what it is seeking is already there within you. It is everybody's life source. Combined, it becomes the life source of the whole universe. We are just small branches coming out of the universal source.

The moment you realize your universality, all your anxieties appear to be so trivial, so tiny... just the very realization of your eternity makes them disappear, they become shadows. The moment you realize your life source, they lose their reality. In other words your anxieties, your problems and your anguish are real if you don't know yourself. That is your life, if you don't know your life source. p176

5)The enlightened person is not violent. And to make somebody a disciple, according to me, is a very subtle violence. You are destroying that person's individuality. You are taking his freedom in your hands.

In this place everybody is an individual; nobody is superior and nobody is inferior. This is a gathering of people who are in love, of people who are in an inquiry for truth. This kind of gathering has disappeared from the world. You are living these moments here with me -- it is almost the same climate as Gautam Buddha created, the same climate as Mahakashyapa created. It is a different air, it is an air where everybody's potential is respected, loved. Where everybody's freedom is the ultimate value. P221

| | | コメント (0)

2021/03/26

Earthling Spirit Journal Digest Version <81> About "Lotus Volume"

continued from <80 >

 

Earthling Spirit Journal Digest Version
 <81> About "Lotus(蓮の巻)Volume"

1)書かれた期間は、
2021/01/31~2021/03/26の間。

2)再読したいこのカテゴリこの3冊 は次の通り。

現代人のための「禅問答入門」―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす
佐藤 和彦 (著) 2002/06 出版社 : 学研プラス  単行本 : 239ページ
★★★★★ 

「禅問答入門」
石井 清純 (著) 2010/05 出版社 : KADOKAWA角川選書 単行本 : 256ページ 
★★★★★

「瓢鮎図」の謎―国宝再読ひょうたんなまずをめぐって 
芳澤 勝弘 (著) 2012/09 出版社 : ウェッジ 日本語 単行本 : 269ページ 
★★★★★

3)次のカテゴリーは「進の巻」とする。名前からの寸借りシリーズ第二弾である。これは、第三弾、第四弾、と続く可能性がある。字義にはあまりこだわらない。時期を知ることと、108記事をひとまとめにしておくことを第一義としている。

4)いよいよ、当ブログも第三コーナーを回り、最後のゴールに向かう直線コースに入ったようだ。ゴール地点で待ち構えているのはZEN。そもそもが、ZENから始まった当ブログが、ゴールとしてZENに駆け込むのは、当然の、お決まりのコースである。

5)当ブログの総量は、5048冊(No.5048)と決定づけられている。現在はNo.4488。残り新刊560冊。一日一冊新刊を平均して読み続けるとするなら、あとちょうど1年半、ということになる。

6)現在進行中なのは、OSHO最期のZENシリーズ全27冊の再読、再々読、精読、乱読、誤読。このグランドを楽しんでいる限り、新刊を読むタイミングは入ってこないので、我がブログの最後のゴールは、どこまで行っても到達しないことになる。

7)したがって、当ブログのゴールは永遠に達成されない可能性もあり、また、他の他動的な要因によって、サドンデスで終了、ということもありうる。

8)当ブログの形態は、ヘルマン・ヘッセの「ガラス玉戯曲」に姿を借りている。最終的にはそのようなものになればいい。「蓮の巻」の禅記事をサラッと目を通してみて、これはこれでなかなかに興味深い一連の記事である。ここから支線を何本も伸ばすことも可能であるし、より集約し、シングルポイントネスを狙うことも可能だ。

9)このコロナ禍のもと、日本全国において、私が住まう都市が、現在もっとも厳しいパンデミックを進行中とのことである。さらには3・11後10年を迎えるタイミングにおいて、巨大地震がまたまた二つ続いた。業務的にも多忙を極めている。

10)さらには、2020東京オリンピックの聖火リレーなるものが、昨日、福島から一年遅れでスタートしたという。滑稽なことである。

11)当ブログ、ひとつのブログサービスに依存しているがゆえに、なんらかの理由で、一瞬のうちに、15年の足取りが一遍に失われてしまうこともありうる。ここまでくると、それもありかな、とさえ思っている自分の諦念が、驚きを招く。

12)  国揺れて五輪はいずこ桜咲く    把不住

 

<82>につづく

| | | コメント (0)

This category I want to reread This 3 volumes "Lotus Volume"

continue from before  

This category 
I want to reread This 3 volumes 
"Lotus(蓮)Volume"

 

 


 

現代人のための「禅問答入門」―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす
佐藤 和彦 (著) 2002/06 出版社 : 学研プラス  単行本 : 239ページ
★★★★★ 

「禅問答入門」
石井 清純 (著) 2010/05 出版社 : KADOKAWA角川選書 単行本 : 256ページ 
★★★★★

「瓢鮎図」の謎―国宝再読ひょうたんなまずをめぐって 
芳澤 勝弘 (著) 2012/09 出版社 : ウェッジ 日本語 単行本 : 269ページ 
★★★★★

continu to next 

 

| | | コメント (0)

The Language Of Existence OSHO <2>

<1>からつづく
Existence
The Language Of Existence<2>
OSHO 1990/03 出版社 : Osho Intl 英語 ハードカバー

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 


The fact is, you cannot travel on anybody's road because that road will never lead you to yourself. It will lead you to somebody else, whose road it is. Never be a follower; always be a path finder. And the path in the unknown reality of your inner world is made by walking into the unknown, without any road prepared by others for you.

All the religions are doing that: they are preparing roads for millions of people -- highways, super highways. There are six hundred million Catholics walking on one road.

They are not going to reach anywhere; not a single one of them has reached even to the state of Jesus Christ. And nobody even thinks about it. Six hundred million Catholics for eighteen hundred years following a certain road persistently, and they have not produced a single Jesus worth the name. It is not their fault, it is our whole mental makeup. We have been told that we have to walk on paths which are prepared. But this is a different path.

All paths that go outwards are prepared beforehand. You can go to the north, you can go to the south; you can go anywhere, the road is ready. But to go inside, no road is ready, you will have to create it by walking. It will remain always an individual pathway. Nobody else will ever walk on it and nobody else should ever walk on it, because that will lead him into a hypocrisy. He will become someone else that he is not. OSHO p7

to be continued

| | | コメント (0)

no-men 2

<1>からつづく

51ex2k11nml
「能面入門」 (WELシリーズ) 2
金春信高  増田正造 北澤三次郎(著) 1984/10 平凡社 単行本: 206ページ
★★★★★

 

Img_5244_20210326001101
Img_5257
Img_5253  Img_5256
Img_5247_20210326001101
Img_5255
Img_5258_20210326001101<3>につづく

 

| | | コメント (0)

2021/03/25

seven-years-cycle

 

7年のサイクル

 

子どもが自然な可能性を妨げられることなく、成長することを助けるための正しい方法とはなんでしょうか?

 子どもを助けようとするあらゆるやり方が間違っている。助けるという考え方そのものが正しくない。子どもは助けではなくて、あなたの愛情を必要としている。子どもはあなたからの世話を、支えを必要としているが、助けは必要としていない。子どもの自然な可能性が分かってはいないのだから、その自然な可能性を正しく実現させるために彼を助けるという方法というものはない。目的地が分かっていないのに、助けることはできない。ただ邪魔をしないようにすることしかできない。ところが実際には、助けることを口実に、誰もが他人の邪魔をしている。だが、口実が美しいために、誰も反対しようとはしない。

 もちろん子どもはいたいけなく、あなたにすっかり依存しているから、反対することはできない。そしてあなたのまわりの人びとも似たり寄ったりだ――彼らもまたあなたが助けられたのと同じように、両親から助けられた。彼らは自分の自然な可能性を実現しなかったし、あなたもまた実現していない。

 全世界の人びとが両親の、親戚の、隣人の、教師の、聖職者の助けゆえに、とても大切なものを見失っている。じっさい、誰もがこの助けの重荷を背負っており、その重荷の下では……自然な可能性を実現することなど言うまでもなく、不自然な可能性さえ実現することはできない! 人は身動きすることさえできない。誰の肩にもヒマラヤのような重荷がのしかかっている。
 それに、邪魔をしないということは、いちばん難しいことのひとつだ。それは心の自然な性質ではない。心は基本的に、ひっきりなしに、絶え間なく、邪魔をしようという思いに駆られている。それは妨害を糧として生きている。妨害をすることができればできるほど、いっそうあなたは力強さを感じる。

 力はどうやって計られるのか? それは物質的なものではないから、それを計ることはできない――が、それを計り、大きさを計る方法はある。それを計る方法とは、どれだけ多くの人びとの人生をどれだけ妨げることができたかということだ。あなたはアドルフ・ヒトラーではないが、それでも何人かの人びとの人生を妨げることができる……小さな、ミニチュアのアドルフ・ヒトラーだ。
 あなたにできることは愛情深くなり、充分な世話をして、暖かく、受容的になることだ。子どもは未知の可能性を秘めているが、彼が何になるかをあらかじめ知ることはできない。だから「このようにして子どもを助けることができる」という手順を教えることはできない。また、子どもはひとりひとりユニークなのだから、あらゆる子どもに適用されうるような躾けなどというものはない。

 ジュディス・マーティンのような人びとは、あたかも子どもが工場の生産ラインからつくりだされるものであるかのように、あらゆる子どものための基準を提案している。子どもはひとりひとり異なっている。これがなされるべきだという一般化されたプログラムを、どうして提案できるのか? その神経を疑わざるをえない。
 この手の人物がこれまでに世界中の至るところに存在してきた。彼らは何が正しいのかについて、同時代人ばかりか、未来のすべての時代、あらゆる人のための処方、レシピ、躾けというものを提案してきた。彼らはじつに愚かしい――人びとに、宗教、規律、倫理、道徳、行動規範を与えた偉大なる立法者として、知られてはいるけれど。だが私は言いたい、これらの人びとは愚か者であると。愚かな人びとだけが人間についての一般的な通則を考え出すことができる。
 平均的な人間などというものはない。平均人というものに出会うことはない。ところがこの手の権威者たちは、存在してもいない平均的な人間を問題にしている! 平均的な人間は神のようなものだ――至るところに偏在しているが、どこにも見つけることはできない。あなたは子どもを助けるための正しい方法をたずねている。
 いっさい子どもを助けようとしないのが正しい方法だ。あなたにほんとうの勇気があるなら、どうか子どもを助けようとしないでほしい。彼を愛し、充分に彼の世話をするがいい。彼のしたいことをさせるがいい。彼の行きたいところに行かせるがいい。あなたの心は繰り返し邪魔をしたがるだろう、それも立派な口実でもって。心はじつに巧みに合理化をする――「邪魔をしないと危険かもしれない。止めなかったら、子どもは井戸に落ちるかもしれない」と。だが、私は言いたい、彼を助けてだめにしてしまうくらいなら、井戸に落ちたほうがましだと。
 子どもが井戸に落ちるなんてごくまれなことだ――それに落ちたとしても、それで死ぬわけではないだろう。助け出せばよいのだ。それにほんとうに心配しているのだったら、井戸には蓋をすればいい。だが、子どもを助けるべきではないし、子どもの邪魔をしてはならない。井戸は埋めてしまえばいいが、子どもの邪魔をすべきではない。
 あなたがほんとうに心配しなければならないのは、すべての危険を取り除く、ということだ。だが、子どもの妨害をしてはいけない。彼には自分の道を行かせなさい。

 あなたはある意義深い成長のパターンを理解しなければならない。生には7年周期の循環があって、地球が24時間で自転しているように、生は7年の周期で循環している。地球の自転が24時間であって、なぜ25時間ではないのか、なぜ23時間ではないのかという疑問には、誰も答えられない。それはただたんに事実だ。だからなぜ生が7年の周期で巡っているのかとたずねてはいけない。私は知らない。ひとつだけ言えるには、それは7年で循環しているということだ。そしてこの7年の循環を理解するなら、人間の成長について大きな理解を得ることができる。

 最初の7年間は、生命の基盤が形づくられるので、もっとも重要なものだ。あらゆる宗教が子どもたちをすぐさま自分の手の中に収めたがるのはそのためだ。ユダヤ教徒は子どもに割礼の儀式を施す。なんという馬鹿げたことだろう! だが、彼らは子どもにユダヤ教徒の烙印を押しているのだ。それは烙印を押すのと同じように原始的なやり方だ。私たちはいまでも家畜にそれをやっている。
 この7年間にあなたは条件づけをされ、あなたを生涯追いかけまわすことになる、あなたの目を自らの可能性からそむけさせることになる、あなたを堕落させることになる、あなたが明晰にものごとを見られなくなる、ありとあらゆるガラクタが詰め込まれることになる。それらはいつもまるで雲のように目の前にやって来て、あらゆるものを錯誤させてしまう。ものごとは明快であり、明白そのものだ――存在は完全に澄みきっている――が、あなたの目には何層もの塵が積もっている。
 そしてこれらの塵は、あなたが純真無垢な、すべてを信頼する、言われたことはなんでも真実と受け取ってしまう、人生の最初の7年間に集まっている。そして、基盤に入り込んでしまったものを後で見つけだすことは、ひじょうに難しい。それはほとんどあなたの血、骨、髄そのものの一部になってしまう。ほかの無数のことには疑問を抱いても、自らの信念の根本的な基盤には、けっして疑問の目を向けない。

 最初に子どもに与えられるべき愛とは、この最初の7年間、彼をまったく清浄無垢な、条件付けされない状態において、この7年間、彼を野生そのものの、異教徒のままにさせておくということだ。彼をヒンドゥー教や、イスラム教に改宗させるべきではない。誰であれ子どもを改宗させようとする者は慈悲深くはない。彼は無慈悲な心の持ち主だ。新しく到着した、初々しい魂そのものを汚している。質問を発する前から、すでに子どもは既存の哲学、教義、理念による答えを与えられてきた。これはじつに奇妙な情況だ。子どもは神についてたずねてもいないのに、あなたは彼に神について教えつづけている。どうしてそんなに性急になるのか? 待ちなさい!
 子どもがそのうち神について興味を示し、神についてたずねるようになったら、そのときあなたの神の概念だけを教えるのはよくない――なぜなら、誰にもどのような独占権もないからだ。彼にさまざまな時代、さまざまな宗教、文化、文明のなかで、さまざまな人びとに提示されてきたすべての神の概念を示して、このように言いなさい――「おまえはこれらのもののなかから、どれであれ気にいったものを選んでもいいんだよ。あるいはどれも気に入らなかったら、自分独自のものを考えだしてもいい。そのどれにも欠点があるように感じて、自分にはもっといい考えがあるというなら、そのときには自分なりのものを考えだせばいいんだ。あるいは落とし穴なしの考え方を編み出すことはできないと思ったら、すべてをほうり出してしまってもかまわないのだ。どうしても、というものではないのだからね。人間は神なしでも生きることはできるのだから」

 息子が父親の言うことを聞かねばならないという、内なる必然性はない。じつのところ、言うことを聞かないほうがよっぽどましではないか。進歩はそのようにして起こるものだ。子どもがみな父親の言うことを聞いていたら、進歩というものはない。そうなれば、父親もその父親の言うことを聞いていたのだから、誰もが神がアダムとイブをほうり出したときと同じように、裸で、エデンの園の門の外に立っていなければならない。みんなそこにいることになるだろう。息子が父親に、先祖たちに、そのすべての伝統に反旗をひるがえしたからこそ、人間は進歩してきた。この進歩なるものは、過去への絶対的な反逆にほかならない。知性的であればあるほど、あなたは言うことを聞かないだろう。だが、両親はよく言うことを聞く子どもを称賛する。聞き分けのない子どもは非難される。

 7歳まで、子どもが他人の考えによって汚染されることなく、無垢な状態に保たれたなら、彼の目を自らの育ちゆく可能性からそむけさせることはできなくなる。子どもの最初の7年間はもっとも貴重なものだ。だが、彼らは両親の、教師の、聖職者の手の中にある……。
 いかにして子どもたちを両親、教師、聖職者たちから救うかという問題は、あまりにも巨大すぎてその方法を見つけることはほとんど不可能と言っていい。問題は、いかにして子どもたちを助けるかということではない。もしあなたに子どもがいたら、彼をあなた自身から護りなさい。子どもに影響をあたえ得るような他者から護りなさい。少なくとも7歳までは、彼を護るがいい。子どもは小さな植物のようにか弱く、傷つきやすい。ちょっとした強い風でも倒れてしまうし、動物に食べられてしまうかもしれない。まわりに保護柵をつくるのはいいのだが、それは閉じ込めることではなくて、あなたはたんに護っているにすぎない。植物が大きくなったら、柵は取り除かれなければならない。
 子どもが自分自身でいることができるように、あらゆる影響から護るがいい――それもたった7年だけのことだ。なぜなら、そこで最初の円環が完結するからだ。7年もすれば、彼は充分にしっかりとして、地に根づき、たくましくなっている。あなたは7歳の子どもがどれだけ強いものかを知らないかもしれない。それは汚されなかった子どもを見たことがないから、駄目になった子どもしか見ていないからだ。彼らには父親や、母親や、家族から教えられた恐れが、臆病さがある。彼らはほんとうの自分ではない。

 子どもが7年間汚されなかったら……。あなたはそのような子どもに会ったら驚くことだろう。彼はまるで剣のように鋭い。彼の目は澄んでいるし、彼の洞察力は明晰だ。あなたは彼のなかにこの上もない強さを見るが、それは70歳の大人のなかにさえ見つからないものだ。なぜなら彼の基盤が確かなものではないからだ。

 あなたが子どもの親だったら、少なくとも邪魔をしないだけの勇気が必要だ。子どもが探ることができるように、未知の方向への扉を開け放っておきなさい。彼は自分が内になにを持っているのかを知らないし、それは誰にも分からない。彼は暗闇を手さぐりしなければならない。暗闇をおそれさせてはいけないし、失敗を恐れさせてはいけないし、未知なるものを恐れさせてはいけない。彼に援助を惜しまないこと。彼が未知の旅に出かけようとするのなら、あらゆる支援、すべての愛、すべての祝福と共に送りだすがいい。
 彼にあなたの恐れを伝染させてはいけない。あなたには恐れがあっても、それは自分のなかにとどめておきなさい。それは妨げになるから、そういった恐れを子どもに負わせてはいけない。

 7年たつと、7歳から14歳の次の7年間の循環で、生には新しいものがつけ加えられる――初めて子どもの性的なエネルギーがかき立てられる。だが、それはある種のリハーサルにすぎない。
 人の親になるということは難しい仕事であり、だからその仕事を担う準備ができるまでは、子どもをつくってはいけない。人びとは自分のしていることが分からないうちに父親や母親になってしまう。あなたはひとつの生命を誕生させようとしている。この世のあらゆる世話や気配りが必要とされる。
 子どもは性的なリハーサルをして遊ぶようになり、両親はここで最大の妨害をする。なぜなら、彼らも妨害されてきたからだ。彼らの知っているのは自分たちになされたことだけであり、だから彼らはそれと同じことを子どもたちにしつづける。社会は性的なリハーサルを認めなかったし、少なくとも今世紀までは許してこなかった――それはここ2、30年のことであり、それも大いに進歩した国々においてだけだ。いまでは子どもたちは男女共学の学校に通っている。だが、インドのような国では、今日でも共学は大学レベルでしか始まらない。
 7歳の少年と7歳の少女を同じ寄宿学校に入れることはできないというわけだ。だが、この時期にはそういったことが必要だ――危険を冒すことなく、女の子が妊娠をすることなく、家族にいかなる問題も生じさせることがなければ――いまこそ彼らがあらゆる遊びを許されるべき時期なのだ。
 そう、それには性的な色合いがつけ加わることだろうが、それはリハーサルにすぎない。それはほんとうのドラマではない。彼らにリハーサルすら許さずにいて、ある日、急に幕が開いて、ほんとうのドラマが始まったなら……。彼らはなにが起こっているのかさっぱり分からないだろう。彼らになにをしたらいいのかを教える台詞係(プロンプター)すらいないのだ。彼らの一生はめちゃくちゃなものになってしまうだろう。

 この7年間、生の第二の円環はリハーサルとして重要だ。彼らは出会い、混じり合い、遊び、互いと親しむようになる。人類はそれでほとんど90パーセントの倒錯を落とすことができるだろう。7歳から14歳までの子どもたちがいっしょに過ごすことを許されたなら、いっしょに泳ぎ、互いの前で裸になったなら、90パーセントの倒錯と90パーセントのポルノグラフィーはあっさりと消え失せてしまうだろう。誰がそんなものを気にするだろう?
 男の子がたくさんの女の子の裸をしるようになったら、『プレイボーイ』のような雑誌が彼らにとって魅力になりうるだろうか? 女の子がたくさんの男の子の裸を見たなら、私はそこに異性への好奇心が起こってくるとは思えない。そんなものは消えてしまうだろう。殻らは別種の動物のようにではなく、いっしょに自然に成長する。いまのところ彼らはそのようにして育っている――まったく別種の動物たちのように。彼らはひとつの人類に属してはいない。彼らはふたつに分けられている。彼らのあいだには無数の障壁がつくられているので、来るべき性生活のリハーサルをすることなどまったくできない……。
 ちゃんと宿題をすませたなら、スポーツマン精神で自分の性エネルギーと遊んだなら――この年頃には、人はその精神(スピリット)しか持ち合わせていない――あなたは倒錯者にはならないし、同性愛者にはならない。さまざまな種類の異常な妄想は起こってこない。あなたは異性と自然につき合っているし、異性もあなたと自然につき合ってくれるからだ。そこに障害というものはなく、あなたは誰に対しても間違ったことをしていない。誰もあなたになにが正しく、なにが間違っているという善悪の観念を植えつけていないので、あなたの良識は澄みきっている。あるがままの自分でいることができる。

 14歳から21歳のあいだに、あなたの性は成熟する。これはぜがひでも理解しておかなければならないことだ。リハーサルがうまく行ったなら、性が成熟するこの7年間に、あるとても奇妙なことが起こる。あなたは一度もセックスのことを考えないかもしれない。あなたはそのチャンスを与えられなかったから信じられないのだ。第二の7年間には、7歳から14歳までのあいだには、前戯(下稽古)の一瞥が与えられると私は言った。第三の7年間では後戯の一瞥が与えられる。あなたはいまだに男の子か女の子といっしょにいるが、いまやあなたの存在のなかには新しい次元のものが生まれてくる。あなたがたは恋に落ちるようになる。
 それはいまだに生物学的な欲求ではない。あなたは子どもをつくることに興味があるわけではないし、夫や妻になることに興味があるわけでもない。それはロマンチックな戯れの時期だ。あなたは美、愛、詩、彫刻といったものに大きな興味を抱く――それらはロマンチシズムのさまざまな次元だ。

 21歳から28歳までの時期に、彼らは落ちつくようになる。彼らはパートナーを選ぶことができる。彼らはいまなら選ぶことができる。これまでのふたつの循環の経験から、彼らは正しい伴侶を選ぶことができる。あなたの代わりにほかの誰かが選ぶのではない。それは直感のようなものだと言ったほうがいい――数学や、占星術や、手相や、易のようなものではないし、そんなものは役には立たない。
 それは直感のようなものだ――とても多くの人たちと触れ合いを持っているうちに、突然、ほかの誰とも感じなかったようななにかが内側でカチッとゆく。そのカチッとゆくなにかはあまりにも確かなもので説得力があるので、それを疑うことすらできない。たとえ疑ってみようとしても、疑うことはできないし、その手応えはそれほど確かなものだ。このカチリと共にあなたは腰を据える。
 21歳から28歳のあいだのどこかで、なにもかもが私の言ったようにスムーズに行ったなら、他人からの邪魔が入らなかったら、あなたは腰を据える。そして28歳から35歳までに、人生でいちばん楽しい時期が訪れる――もっとも喜びに満ちた、もっとも安らぎと調和に満ちた時期が。それはふたりの人間が溶け合い、互いと混じり合うからだ。

 35歳から42歳までのあいだに、新しい段階、新しい扉が開けてくる。35歳までに深い調和を見いだしていたなら、35歳から42歳までのあいだに、あなたがたはセックスなしで、相手がその瞑想のなかにもっともっと深く入ってゆけるように互いに手助けすることだろう。なぜなら、この時期までにはセックスは子どもっぽい、幼稚なものに見えるようになっているからだ。42歳は、人が正確におのれ自身を知るようになるのにふさわしい時期だ。

 42歳から49歳までに、彼はもっともっと瞑想に深く入ってゆき、もっともっと自分自身のなかに入ってゆくようになり、伴侶をもそのように助ける。彼らは友人どうしになる。もはや夫と妻といったものではない。もはやその時期は過ぎ去っている。それはあなたがたの人生にそれならではの豊かさをもたらした。いまやもっと高いものが、愛より高いものがある。それは友情であり、相手がもっと自分のなかに深く入ってゆき、もっと自立するようになり、もっと独りになるのを助けようとする慈愛に満ちた関係だ――それは2本の高い樹が離れていながらも互いと寄り添っているようなもの、あるいは寺院の2本の柱が同じ屋根を支え合っているようなものだ――それほど近くに寄り添っていても、別々に分かれ、すっかり自立して、完全に独りになっている。

 49歳から56歳までのあいだに、この独りあることがあなたの存在の焦点になる。世の中のあらゆることが意味を失ってしまう。残っている唯一の意味あることはこの独りあることだ。

 56歳から63歳までのあいだに、あなたは自分のなるはずだったものに完全になる。潜在的な可能性が花開く。63歳から70歳までに、あなたは肉体を落とす準備をしはじめる。いまやあなたは自分が肉体ではないことを知っているし、また自分が心ではないことも知っている。35歳頃のある時期に、あなたは肉体が自分とは別のものであることを知った。49歳頃のある時期に、心が自分とは別のものであることを知った。いまや、観照している自己以外のすべてのものが落ちてしまう。ただ純粋な気づき、気づきの焔だけがあなたのもとにとどまり、それが死への準備になる。

 70歳が人間にとっては自然な寿命だ。ものごとがこの自然な道筋をたどったなら、彼はあふれるような歓びと共に、大いなる歓喜と共に、この生は無意味なものではなかった、少なくとも自らのわが家を見つけることができたという、この上もない祝福を感じながら死んでゆく。そしてこの豊かさゆえに、この成就ゆえに、彼は全存在を祝福することができる。
 このような人物が死んでゆく傍らにいることは素晴らしい機会だ。彼が肉体を離れるとき、あなたは目に見えない花々が自分に降りそそいでくるのを感じる。見ることはできないけれど、それを感じることができる。

Osho: From Darkness to Light より抜粋


| | | コメント (0)

2021/03/24

Semishigure <3>

continued from<2>

 

<4>につづく

| | | コメント (0)

2021/03/23

Prius20

--

Img_5292

Img_5294

Img_5261

Img_5286

Img_5311

Img_5290
Img_5287
Img_5259
Img_5269_20210323221701
Img_5262

Img_5271

Img_5278
Img_5279

Img_5305
Img_5287
Img_5298
Img_5293


| | | コメント (0)

2021/03/22

The Original Man OSHO <2>

<1>からつづく
Original
The Original Man<2>
OSHO (著)  1989/07  出版社 : Osho Intl (1989/7/1) (英語) ハードカバー

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1) Enlightenment is the end of all problems. But if you cling to enlightenment, then you create a problem. Experience it and drop it. Don't carry it. You have experienced it, you have become it; now there is no need even to think about it.

Do you think in my silent nights and days I have ever thought that I'm enlightened? I don't remember, even for a single moment. It is just like you are a man - do you remember in twenty-four hours sometimes that you are a man and not a lion or a parrot or a rat? Neither do parrots think about it.

Once you are enlightened, what does it mean to be enlightened? It simply means all problems are dissolved.

But you can make a problem. Man has the capacity to make a problem where there is no problem at all.

It is just old habit - you can start thinking, is this true enlightenment or not? Is this lukewarm enlightenment or a hot potato? P48

2)So enlightenment has to be in a single blow; otherwise it will take an infinity of time. You cannot go slow, you cannot postpone it. You have to take the leap this very moment, because the next is never certain. Roads turn, and friends who are together become enemies. That which was possible this moment may not be possible the next moment.

The whole world is a chaos and in a mess. It is not only now that it is in a chaos, it has always been in a chaos, because so many millions of unconscious human beings are creating all kinds of dreams, projections, expectations, frustrations. The whole air is heavy with the clouds of unfulfilled hopes, incomplete desires. Even failures in success: knowing that you have achieved the goal that you had determined, you are still as ignorant and empty, inside, as you were before. P85

3)You need not become a buddha. You have just to be silent, to experience that which is already there. p181

4)When I read books of OSHO I read my mind. Who is the man who reading my mind is my consiousness.

| | | コメント (0)

2021/03/20

Earthquake information

The impact of the seismic intensity 5 upper at 18:10 on March 20 was small.

It wa Weaker than February 13th Earthquake 6 strong.

A glass of beer spilled. However, tsunami information is available this time. The river is nearby, but 10 km from the coast.

Confirmed the safety of close relatives.

Please be careful, too.

| | | コメント (0)

2021/03/19

Turning In OSHO <2>

coutined from <1>

Turning
Turning In<2>
Osho (著), 1989/01 出版社 : Osho Intl (英語) ハードカバー 
★★★★★ 
Osho最後のZENシリーズ目次 


1)The question is, is enlightenment something to be achieved, desired, longed for? If so, then there must be practices, disciplines, rituals, and the whole paraphernalia. And millions of people have gone astray in search of enlightenment. Buddha is the first human being who has said that everything is absolutely arbitrary because you need not go anywhere. Enlightenment is your very nature.

It is consciousness that you are built with; this house, this body is not you. And this mind also is not you. And there is not much problem to stand aside and watch the mind and its functioning, to stand aside and watch the gestures of the body. This watcher is your reality, your truth. It is already here, so don't go in search somewhere else. Whenever, wherever you find it, you will always find it here and now. Now is the time and here is the space. If you can be now here, you are a Gautam Buddha. p3 

2)Zen is very poetic, it says things not in syllogisms but in poetry. It is symbolic.

Socrates or Plato or Aristotle will talk in syllogisms, in logic. Their statements will be rational. Zen speaks through poetry. Its statements are indirect indications, fingers pointing to the moon - but the finger is not the moon.  p17

3)Zen is the only revolutionary religion in the world. All the other religions are traditional, orthodox, superstitious, fundamentally based on belief. Any religion that is based on belief is a fiction, because belief simply means a repressed doubt.

Zen is an exception: it does not believe in anything - not even in the scriptures, not even in the sutras of Gautam Buddha. Belief, as such, is denied completely. I agree with it, without any condition; that has been my own whole approach.

Truth has to be experienced, not believed. Once you believe in it you will never experience it.

Truth has to be searched for. Out of necessity, you have to doubt all the theories and ideologies propounded by the scriptures and others. If you don't doubt them, you will be in a sheer confusion. p161

4)Every child is born a buddha. Then slowly, slowly he starts imitating others; as time passes he forgets his simplicity, his buddhahood. He is lost in the crowd, which is a vast jungle in which he will meet all kinds of people but not a buddha. He will imitate all kinds of people and will not think for a single moment, "Is life just imitation?" And can imitation give you any joy, just being a carbon copy?

Unless you are original, simply yourself, you can never have joy enough to dance and sing, joy enough to be grateful to existence.

But every child is driven into conditioning. You should ask your conditioning what you are doing and why you are doing it. Why are you smoking? - just because others are smoking. Why, in a hot country, are you wearing a tie? - because every gentleman... p188

5)Reading OSHO is not becoming OSHO's follower. It des not needs same opinion philosofer.

6)Reading OSHO makes me becoming myself. And I notice my emptiness.

to be continuue

 

| | | コメント (0)

The Miracle OSHO <2>

<1>からつづく

Miracle
The Miracle<2>
Osho (著), 1989/07 出版社 : Osho Intl (英語) ハードカバー 
★★★★★ 
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)This nothingness is very miraculous because one would think that things should be rooted in something. But if you ask the Zen masters if things should be rooted in something, they will simply laugh and ask, "In what will your something be rooted?"

You cannot ask the same question about nothingness. Nothingness simply means nothingness, there is no question of any roots. It neither comes nor goes. Nothing happens to it; it simply remains, utterly silent.

You touch this nothingness when you are deep in your being, because that being is already rooted in this nothingness. You are driving your life, moment to moment, from that nothingness.  p7

2)The art of meditation

is the art of listening with your total being.

This very moment, in this silence,

your boundaries drop,

your defenses drop.

You become one whole.

There are not ten thousand people,

but just one ocean of consciousness.

Just listen so deeply that you disappear,

and only the essential and the eternal in you remains. p125 1988/08/08

3)This discouse incloud Dogen's onother articles , also 1988/08/08 OSHO discourse. It's very interested. Repeat reading is needed.

to be contenue

| | | コメント (0)

2021/03/17

DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment  <11>

<10>からつづく

Dogen_3
DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment Zen Discourse Series <11>
OSHO August 1988 ,The Rebel Publishing House Pvt. Ltd. Hardcover 196p., Language(s) : English
★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

Maneesha has asked:

OUR BELOVED MASTER,

WHAT IS THE ESSENCE OF OUR MASTER'S LAW?

Maneesha, here I am not - just an empty space, a hollow bamboo. If you want to join with me, nothing else is needed. Just be utterly empty and silent. This is your master's dhamma. And in fact, this is all the masters' dhamma. Become a hollow bamboo so that you can be turned into a flute and songs of immense beauty can pass through you. They will not be your songs, they will be songs of existence. OSHO p86

--------

In America, which has produced very few men who are worth quoting, one man is certainly significant, but seems to be almost forgotten. He is William James. He introduced this beautiful word 'oceanic'. People have forgotten him and his word because very few people reach to that experience. But here everybody has to reach to the experience ... from the dewdrop to the ocean.

Unless you experience 'oceanic' yourself, spreading in all ten directions, in absolute freedom, you have not used the great opportunity of life.

--------

1)that night was fullmoon.and also cristmas.

2)and dirshan-night.

3)one month before  I arrived to India from Japan.just one month.

4)that night was also fulmoon.

5)one mouth passed.

6)experience had going to deep .

7)I was in dormitory. After time I went outside by walk.

8)Indian night fulfiled silence.dogs ware slipping.

9)the moon was big and high.

10)by walk I felt atomosfire.

11)the special night .

12)everything are natural exist. Is to be .

13)today the day. Tonight the night. That was not memory.

14)happening are happen eternal.

15)just one time change. Life no more the same.

16)knowing universe.

17)start and end. End and start . No time circle.

18)original feeling. Original existence feeling.

19) I may not say experience anybady.

20) life is too short to    .

21) -----

to be continued

 

| | | コメント (0)

2021/03/15

DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment  <10>

<9>からつづく

Dogen_3
DOGEN, the Zen Master: A Search and a Fulfillment Zen Discourse Series <10>
OSHO August 1988 ,The Rebel Publishing House Pvt. Ltd. Hardcover 196p., Language(s) : English
★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)at first i tried to read oshos dogen book japanese edition one more this time. but it isnt posibble. because i read many times japanese edition. no more i didnt repeat reading. 

2)somethings are changed already. Anything happened?   I don't know. Impossible. 

3)now I try read the book about Dogen, but I bont want know about Dogen. Knowledges is enough about Dogen.

4) now I want read Osho book about Dogen. But just Dogen was  drooped. Yes I love Dogen. A peak of consciousness at whole japans history. Also best a beautiful Zen master around the world. A peak human on the earth.

5)but now I want sit silently front of my master.

6) and parhaps my master has disappeared already too.

7)now I have to read my book about my self.

8)long tearm, short tearm , both are mixed and are disappearing. 

9) I started read myself as nobodyness.

10) yes I exist here and now. There are nobody, Dogen? Osho? Nobodyness?

12)never hurry up. Don't go anyhere. Sit down here. Close eyes and look at inside. Nobody is there. Dogen ? Osho? Bhavesh?  No no nobody.

13) something good things happen? Badthings gone?  No no. No sir. Everything are there as like usually.every morning every night everyday.

14) my zen . No.zen is nobody's commodity. It will be happen. 

15)wait sir little bit time.

16) please space here little bit by side.

17) dont be mise. Don't worry. Everything .

18)languages need? Japanese English chainese or hindi. No no no sir.

19) all are gibellish. No meaning no use.

20) emotion comes up feeling free, watch.

21)  --

continu to <11>

| | | コメント (0)

2021/03/14

Zen: The Diamond Thunderbolt  OSHO <2>

<1>からつづく

Thunderbolt
Zen: The Diamond Thunderbolt<2>
Osho (Author) July 1988  Publisher: Rebel Pub. House;  English Hardcover 269pages

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)In Hinduism there is no possibility to enter into any other class. If you want to enter Hinduism, you have to become a sudra. The fourth class only is available, the higher classes are closed for any conversion. p51

2)思えば、OSHOはインドにおいて、身近な環境として、ヒンズーな人々と隣接しているのであった。 ガラパゴスな日本においては、なかなか想像しにくい環境だ。

3)Gautam Buddha and Lao Tzu were contemporaries, and both were of the same insight and clarity. They both belong to the universal sense of humanity. So when Buddhist monks reached China, they were welcomed. There was no conflict between Taoism and Buddhism. p52

4)このあたりは大きな流れで、衆目の一致するところ。

5)The meeting of Buddhism and Taoism is exceptional, unique. The Taoist monks received the refugee Buddhists with great love. And slowly a new phenomenon, a by-product of the meeting of Buddhism and Taoism came to birth: this is Zen. These anecdotes have the quality of Gautam Buddha and Lao Tzu both. Two of the greatest human beings who have lived on this earth, their meeting has produced the most significant and the most fragrant religiousness. But it is a little difficult to understand because Buddha spoke in a totally different language, and Lao Tzu spoke in a totally different language. And at the meeting of the two it became even more complicated. But it is a joy to enter into this complication and to find the diamond hidden behind these words.p52

5)同じような内容でもOSHOの言葉として聞くのは楽しい。

6)'Osho' is a very respectful word. It is a way of calling someone almost divine. It is in essence so respectful that only a disciple calls a master 'Osho'.

Bokushu called after him,"OSHO!" indicating: "Don't be afraid and don't escape. It is against your dignity. You are to me as worthy of respect as Buddha himself." And saying,"OSHO!" he said, pointing to his own room, "THAT'S THE WAY TO IT."

This kind of incident is impossible in this world today unless you are humble enough. If the master hits with his sandal on your head, you will start fighting with him. You will not think that he is a man worthy of respect. He will seem to be insane - you are simply asking the way and he hits you.

But once a different world existed. Bokushu did both things: first he hit him on the head with his sandal, and then he called him, "OSHO!" - You are also a master; who you are looking for? If you are looking for the master, this is the way. Drop your head outside; be humble, innocent. In your silence, without thought, you may find the master. p57

7)このレクチャー当時は、Bhagwan shree Rajneeshと呼ばれている。まもなく彼自身がOSHOと呼ばれるようになり、振り返ってみれば、このような言葉があちこちに残されていた、ということである。

<3>につづく

| | | コメント (0)

2021/03/13

Zen: The Solitary Bird, the Cuckoo in the Forest OSHO <3>

<2>からつづく

Solitary_bird
Zen: The Solitary Bird, the Cuckoo in the Forest<3>
OSHO(Author), Ma Deva Sarito (Editor) 1988/11 Rebel Publishing House Hardcover 269 pages

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次  

1)Kwatz!
BELOVED OSHO,

HOFUKU SAID, "THERE IS A MAN NOW PASSING BEHIND THE BUDDHA HALL, AND HE KNOWS THIS IS TOM, THIS IS DICK, OR THIS IS HARRY. THERE IS A MAN PASSING BEFORE THE BUDDHA HALL. SOMEHOW OR OTHER HE SEES NOTHING AND NOBODY. TELL ME, WHERE IS THE PROFIT AND LOSS OF BUDDHISM?"

A MONK SAID, "BECAUSE HE DISTINGUISHES THINGS BADLY, IT MEANS HE CAN'T SEE."

HOFUKU SAID, "KWATZ!" THEN HE SAID, "IF THIS IS THE BUDDHA HALL, HE CAN'T SEE."   p224

2)ククク・・・・・・。

3)KWATZ!は、喝なのか、爆笑。

 

Img_5243_20210312020301

<4>につづく

| | | コメント (0)

「太白の散歩手帖」郡山から二口までの史跡を訪ねて 木村孝文<3>

<2>からつづく

41qgd2vw3vl
「太白の散歩手帖」郡山から二口までの史跡を訪ねて<3>
木村 孝文 (著) 2001/03 出版社: 宝文堂 単行本: 200ページ
★★★★★

1)自分のブログを見ていて、つい、こちらの一冊を見入ってしまった。図書館から借り出して、いずれ一冊自分の書棚に入れることになるだろうが、今は我慢。

2)今は、その時ではない。

3)だけど、今日、そんなことを考えたことをメモしておく。

いずれ、つづく・・・・・

| | | コメント (0)

龐居士(ほう こじ)の語録 山田 史生<5> 「禅問答100撰」 絶望しそうになったら道元を読め! 

<4>からつづく

61bvzpl0dhl

龐居士(ほう こじ)の語録<5>
山田 史生 (著) 2019/04 出版社 : 東方書店 単行本 : 516ページ

★★★★★

1)この方の本は面白いかな、と何冊か取り寄せてみた。面白くないわけじゃないが、どうも今の心境では読み込めない。私の現在の方向性は、もっとシングルポイントネスだ。外側の書籍や文献をあたることが重要なのではない。

2)これまでの私の読書作法が悪さをしているようだ。次から次へと横走りする。これがいかん。これで、何時まで経っても、結局は究極にいたらない。

3)ここはすこし、集中だ。

つづく

ーーーーーーーーーーーーーー「

71r9da0e1ql 

「禅問答100撰」
山田 史生 (著)  2017/02  東京堂出版 単行本(ソフトカバー) 304ページ 
No.4489★☆☆☆☆

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

41iysile86l

絶望しそうになったら道元を読め! 
『正法眼蔵』の「現成公案」だけを熟読する (光文社新書) 新書
山田 史生 (著) 2012/02 出版社 : 光文社 新書 : 211ページ
No.4490★☆☆☆☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

Zen: The Solitary Bird, the Cuckoo in the Forest OSHO <2> 「洞山」(現代語訳 洞門禅文学集) <3>

<1>からつづく

Solitary_bird
Zen: The Solitary Bird, the Cuckoo in the Forest<2>
OSHO(Author), Ma Deva Sarito (Editor) 1988/11 Rebel Publishing House Hardcover 269 pages

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次  

 

1)The way of the birds
BELOVED OSHO,

A MONK SAID TO TOZAN, "YOU ALWAYS TELL LEARNERS TO TAKE THE WAY OF THE BIRDS.

WHAT IS THIS WAY OF THE BIRDS?"

TOZAN SAID, "YOU MEET NOBODY ON IT."

THE MONK THEN ASKED, "HOW CAN WE GO ON THIS WAY?"

TOZAN ANSWERED, "BY EGOLESSNESS, ATTENDING TO EACH STEP AS IT COMES."

THE MONK SAID, "ISN'T THE BIRDS' WAY THE SAME AS ONE'S ORIGINAL NATURE?"

TOZAN SAID, "O MONK, WHY DO YOU GET EVERYTHING UPSIDE-DOWN?"

THE MONK ASKED, "WHAT IS THIS PLACE WHERE PEOPLE GET THINGS UPSIDE-DOWN?"

TOZAN SAID, "IF THERE WERE NO TOPSY-TURVINESS HOW COULD A SERVANT BECOME A LORD?"

THE MONK ASKED, "WHAT IS OUR ORIGINAL NATURE?"

TOZAN ANSWERED, "NOT TAKING THE WAY OF THE BIRDS."

WHEN A MONK ASKED KASSAN, "WHAT IS THE WAY?" HE ANSWERED, "THE SUN OVERFLOWS OUR EYES; FOR TEN THOUSAND LEAGUES NOT A CLOUD HANGS IN THE SKY."

"WHAT IS THE REAL FORM OF THE UNIVERSE?" ASKED THE MONK.

"THE FISHES AT PLAY IN THE CLEAR-FLOWING WATER MAKE THEIR MISTAKES," REPLIED KASSAN.

Maneesha, the bird flying across the sky leaves no footprints. This is called the Way of the Birds - simply disappearing into the nothingness of the sky, without leaving a trace behind. Zen wants you to be just like the Birds' Way - a nobody, a nothingness. OSHO P2 

2)こうしてみると、OSHOは洞山のことをかなり語っている。まだ、洞山=Tozanであることをはっきりと確認したわけじゃないが、おそらくそうだろう。この辺からクロスしていってくれると嬉しいのだが。

<3>につづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<2>からつづく

511h0daq97l
「洞山」(現代語訳 洞門禅文学集) <3>
飯田 利行 (翻訳) 2001/12 国書刊行会 単行本: 238ページ
★★★★★

つづく

| | | コメント (0)

Zen: The Quantum Leap from Mind to No-mind  OSHO <3>

<2>よりつづく


Zen: The Quantum Leap from Mind to No-mind <3>
OSHO(Author) Swami Anand Robin (Editor) Nov 1988 Publisher: Rebel Publishing House Hardcover 258 pages

Vol.2 No.1004★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)現在、当ブログは、OSHO最後のZENシリーズ、全体像を俯瞰しようとしているところである。

2)細かいとことは頓着していないし、全く読み込めていない。^_^ 基本的に資料のあるなしの確認と、ほかの関連の資料のあるやなしやについての整理の段階。

3)単行本としての英文27冊はほぼ揃った(邦訳6冊含む)。ネットでも英文は全文読める可能性があることも確認済み(ただし何時消えてしまうか不明)。

4)レクチャー風景の動画は、全く確認できていない。ないかもしれないし、あるかもしれない。あればラッキーと言えるが、見るのもまた大変だろう。その雰囲気がわかればいい、という程度か。

5)手持ちのビデオも、禅シリーズを意識して並べたことはなかった。また、当時にニューズレターに部分的に邦訳されているかもしれず、その発掘も、余分な部分ではあるが、楽しみではある。

6)OSHO-ZENは、登場人物のプロフィールや出典は、ほとんど不明。だから前後に繋がりなどが、難解。不要な部分であり、そこにこだわるべきではないのかもしれず、その是非自体不明。是非さえ存在しないかも。

7)いずれ、禅問答に出てくる禅マスター達の、出典や引用先も、日本文献にあれば、探してみる価値がある。また、DTスズキなどによってどのように欧米に紹介されたのかも、感触を確かめてみようと思う。

8)禅問答における日本語文献は、割とまとまっているようなので、基本的な常識レベルなら、すぐ揃いそうだ(読解できるかどうかは、別問題だが)。

9)一通り俯瞰した次は、全体を詳細精査するなんて全く不可能なので、ポイントを絞ることにする。

10)馬祖や石頭、臨済や道元では、ちょっと大ごと過ぎるし、テーマとしてはちょっと新鮮味がないので、石頭の系譜である洞山--雲居あたりに注目してみたい(ここは個人的に、他の視点からの個人的な関心のあるところでもある)。

11)したがって、この2冊目についても、パラパラと風通しする程度で、そそくさと閉じざるを得ない。

12)ただ、このレベルの作業でも、これまでに遭遇した機縁や体験は有意義だったので、全27冊まで走り抜ければ、さらに何事かのことが待ち構えているはずだ、と期待する。

 

<4>につづく

| | | コメント (0)

「特選街」 2020年 11 月号 スマートフォンの疑問をズバリ解決!LINEの便利ワザも大公開!<3>





<2>から続く
81hsxveeqll
「特選街」 2020年 11 月号 スマートフォンの疑問をズバリ解決!LINEの便利ワザも大公開!<3>
2020/10/2 マキノ出版 雑誌 
★★★★☆ 

1)さて、今日のボヤキは、何に関連させて書いておこう。

2)直接のきっかけは、本日、久しぶりに駅前の大型家電店に行ったことである。

3) ボヤキの内容は、私の周囲のガジェットは、全てにおいて、「古い」と判別されたことに対する反発である。

4)パソコン、タブレット、スマホ、折りたたみケータイ、接続機器、プリンター、その周辺のアクセサリー類。

5)発売されて数年、あるいはそれなりの時間は経過した。しかし、立派にまだまだ使える。なのに、その環境を維持するサポート体制が、すでに崩壊している。

6)結論として言えば、不満タラタラ、駅前大型家電店なんか、もう行くか、という決断。

7)逆にいうと、ネット情報の方が、古い環境をリフレッシュする情報や、サポート体制が、出来上がっている、ということ。

8)駅前大型家電店がショールーム化してしまった、ということは以前から叫ばれていた。なんでもありそうでいて、実は、売れ筋商品だけに絞り込んでいて、来店者を規定のルートに追い込もうとしている。

9)つまり、大型家電店のコンビニ化である。

10)私は、コンビニに対しては、超ライトユーザーである。宅急便を出したり、切手を買ったりするが、近くの郵便局がしまってしまった後などに限られる。 文具や電池類なども、それぞれの専門店がすぐ近くにあるので、そちらに行く。

11)今や、開店早々に閉店してしまったシャッターコンビニもあちこちに見かける。駅前大型家電店も、おそらく早晩そうなってしまうに違いない。

12)突然現れた恐竜が、周囲の弱小動物を食って急成長し、やがて食いつぶして、自らも絶滅して行く。全くの持続可能性のない業態である。

13)SDGsの悲鳴を聞くまでもなく、サスティナブルなライフスタイルを構築するのが、現代人の最も大事な基本である。

14)自給し、ゆっくり自己世界を熟成させて行く必要がある。

15)原発のザマを見よ。 農業行政のザマを見よ。都市文化のザマを見よ。

16)盛者必衰のことわりあり。今、人間が問われている。人類そのものが、急速に流動化している。

17)目覚めている人間は、どれだけいるか? 覚悟はできているか?

18)人間にとって、人生において、大事なものとは何か。大事なこととは何か。

19)愛と瞑想。そして、悟り。

20)悟りを得ずして、究極の人生を生きたことにはならない。

21)最後の祈り。

<4>につづく

| | | コメント (0)

2021/03/12

Zen: The Quantum Leap from Mind to No-mind  OSHO <2>

<1>よりつづく


Zen: The Quantum Leap from Mind to No-mind <2>
OSHO(Author) Swami Anand Robin (Editor) Nov 1988 Publisher: Rebel Publishing House Hardcover 258 pages

Vol.2 No.1004★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)I am happy to begin this series of talks with an anecdote about Baso. He is one of my beloved ones.

THE SCHOLAR, RYO OF SEIZAN, ONCE HAD A MEETING WITH BASO, WHO ASKED HIM, "WHAT SUTRA ARE YOU LECTURING ON?"

The poor scholar was not aware that he has entered into the den of a lion. Entering into it is easy, but getting out of it is impossible. Getting into the hands of Baso, you have already committed suicide.

Baso was such a swordlike, sharp master. He killed people this way and that, and brought hundreds of people to enlightenment.

This poor scholar does not know that to meet Baso once is to meet your death. That's how the ancients have defined the function of a master. It is not to teach you, but to kill you: it is not to impart knowledge to you, but simply to take away all knowledge from you. Even the very sense of 'I' has to disappear.

The scholar was not aware that meeting Baso once is enough, twice will be too much. He asked him, "WHAT SUTRA ARE YOU LECTURING ON?" p7 OSHO

2)やっぱり、この本は、馬祖から、始まるのであった。

3)All the enlightened ones have been speaking, so that the baby does not start crying. Consoling, baby-sitting, is the basic business of all buddhas. The moment the baby grows, at the right time they are going to strike the baby. The real teaching will start only when you are mature enough, centered enough, receptive enough, aware enough. No buddha is going to waste a single hit. He will wait and console the baby, and once the baby is consoled the whole approach of the buddha changes. p7 OSHO

3)うへへ、そして、こちらの準備ができるのを待って、これから、なにかが始まるのだ。覚悟はいいか、各々方・・・・・、っていうか、俺自身だろう・・・が。汗

<3>からつづく

| | | コメント (0)

2021/03/11

3・11

1)いやはや、今日は大変な日であった。

2)午前中は1時間ほど人に会い、逆恨みの罵声を浴び続けてきた。午後2時からは、3・11からちょうど10年目というタイミングではあったが、先月起きた震度6強の地震の被害現場に、2時間ほど立ち会ってきた。

3)テレビでは、地震、津波、原発事故の記録映像が繰り返し報道されている。人心が揺さぶられ、荒れているのだろうか。

4)帰宅後、一杯ひっかけて、ふて寝して、ふと我に返り、目覚めた。

Img_5244

 

5)午前中、我に対していた形相はまさに、般若の面に等しかった。目は三角につり上り、赤く血走り、顔全体はどす黒くくすみ、裂けた口角からはツバキとともに怒号が発射され続けた。私はその間、玄関口に横坐りだったが、彼は胡座より正座が腰に楽だと、板の間に正座しっぱなしだった。

6)話の内容は、無手勝流の無理三昧。一方的な誤解と偏見のオンパレード、さてさて、どこからどこへ納まりをつけるのやら、もうこの人とは絶縁だろうな。

7)鉄拳が飛んでくるか、はたまた奥から出刃包丁でも取り出して、追っかけてでもくるか。幸い、そうはならなかったが、言葉の暴力、ハラスメントはご法度の、この時代である。それぞれの立場がどうであれ、それこそスマホにでも録音してしまえば、犯罪とまではいわないにせよ、でるところに出れば、この人に有利に働くことはあるまい。

8)罵声を浴びつづけながら、ますますシュンとなる我が心。弁解も訂正も返答も聞き入れられず、一方的な決めつけと侮蔑の言葉の羅列。有る事無い事、積年の恨みをぶちまける。それこそ、親の代からの恨みを今こそ晴らしてやらんとするかのような、鬼そのもの。

9)と、その時、わが視界に入る、彼の背後にある額ひとつ。

Img_5245_20210312014201

10)ほう、この方は、見かけによらず、この言葉がお気に入りなのか?  私はますます、我に返る。平常心是道。

11)思った。仮に、馬祖道一を訪ねた龐居士か誰かが、玄関先で一喝された場面。我に対した人物は、馬祖ほどの棍棒を持ち出したりはしなかったし、もちろんそれほどの覚醒はないとして、そして、こちらとて龐居士(ほう こじ)に比肩する何物もないとして、あの禅問答集とやらは、このような場面設定の上、展開されているのでは、なかろうか。

12)今まさに、問答無用の禅問答に足を踏み入れようとしている我が面前。この方のリアリティを借りて、馬祖かOSHOか知らないが、どこぞのZENマスターが憑依した。そして、いたずらに馬齢を重ねたこのわが身に、愛の一棒を振り下して下さったのではないか! 惜しいことをした。

Img_5243_20210312020301

| | | コメント (0)

2021/03/09

「禅問答入門」田辺 祥二

5172aa25e3l

「禅問答入門」
田辺 祥二 (著) 2004/02 NHK出版 新書 : 299ページ
No.4488★★★★★  

1)こちらの入門書の表紙は「無」と来た。ひょうたんナマズではなかったのでほっとしたが、かといって、禅問答といえば「無」とくるのは、こちらとてステロタイプのイメージと言えないこともない。当ブログとしては、ひょうたんナマズに出会う前は、仏教→禅と来た場合、次なるは、やはり「無」というイメージであった。

Keihu

  2)この本も立派な本で、正直言って私はこの本を読むのは、まだ早い。だが、この本を読むことは、決して必須ではない。読まなきゃ読まないで、いいと思う。

 

3)マスターに最初に出会った時の問答。

「何か、質問あるかな?」

「たくさんあります」

「そうだろう。質問の、100のうち99は瞑想すれば、質問そのものが消える。最後に一つの質問が残る。だが、残る一つの質問には、答えはない。」

「いいかな。それでも、まぁ、ひとつだけ質問してみなさい」

「私をインドに連れてきたものは、何ですか」

「good(笑)  まずは瞑想してみなさい。」

つづく 

| | | コメント (0)

2021/03/08

はじめての「禅問答」 自分を打ち破るために読め! 山田 史生 <2>

<1>からつづく

31emgb0sscl

はじ めての「禅問答」 自分を打ち破るために読め! <2>
山田 史生 (著) 2013/02 出版社 : 光文社 新書 : 222ページ 
★★★★★ 

1)貸し出し期間が過ぎたので返却しようとチラッと見たら、あれ、ちょっと待てよ。

2)中国の禅は、実質的に馬祖から始まった。禅をもって仏教の帰結とする理念が明確な自覚として宣明されたからであり、しかもそのじかくが、教義の解釈や研究という形でなしに、具体的な日常の営為の中で実践的に形成され体認されたものだったからである。(入江義高へん「馬祖の語録」「序」禅文化研究所)  p12 孫引き

3)数ある禅語録であるが、なんとか足がかりをつけていこうとすれば、まずは馬祖を中心とした視点や地歩を獲得しなければならない。OSHOで言えば、「空っぽの鏡」だ。まずは、ここを起点とする視座を獲得する必要がある。

4)そして、馬祖に対置されるべき存在として、当時は石頭が存在した。OSHOの講話の中で、具体的な肉体を持った石頭の生まれ変わりとして、禅 マスター・ニシクリアが登場する。決して、肉体を持った禅マスター・バソは登場しない。この辺に何かの手がかりがある。

5)馬祖道一は709~788に活躍した人。日本で言えば奈良時代710~794に対応する。中国の歴史で言えば唐代618~907のもっとも華やかな中核の部分である。最澄767~822、空海774~835に先立つ時代を背景にしており、両国における仏教のあり方も、大きくちがっていた。

6)馬祖、石頭、共に六祖慧能の孫弟子にあたる。馬祖の弟子筋には臨済が登場し、石頭の系譜にはやがて道元が出現する。

7)5)龐居士(ほう こじ)が馬祖にたずねる。「一切の存在とのかかわりをもたないものとは、どういう人間でしょうか」
 「おまえが西江の水を一口で飲み切ったら、そいつを教えてやろう」p110

8)そうそう、馬祖の視点があれば、当ブログの流れでいえば、龐居士(ほう こじ)の視点もある。馬祖、龐居士(ほう こじ) の視点を縦横にして、全体を見ていくのも悪くない。

9)Osho最後のZENシリーズ目次  によれば、27冊中、 「空っぽの鏡・馬祖」 は12冊目。対して、「道元」 は6冊目。馬祖の弟子筋となる「臨在録」 は16冊目になる。 登場順でいえば、道元→馬祖→臨済、となる。禅となれば、やはり石頭の系譜につらなる道元が先にきて、問答の馬祖がその後ろとなり、臨在はさらにその後ろということになるのか。

10)前のほうが重要なのか、後ろのほうが価値があるのか、ここでは判断できない。されど、OSHOの周囲のサニヤシンたちにとっては、只管打坐の道元のほうが、まずはわかりやすいのは当然な気がする。

11)OSHOにおいては、禅「問答」は必ずしも、禅の本筋だとは思われていないが、禅師たちの足跡を訪ねるには、その「問答集」に頼らざるを得ない。

12)漠然と乱雑に散らばっていた、数珠たちが、一本の糸に少しづつ通されていく。

つづく・・・・かも

| | | コメント (0)

THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<6>

<5>からつづく

Thousand_time

THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen <5>
OSHO 1988/05~06 Rebel Pub. House , English

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)異物を飲み込んだようで、ずっと違和感が残っているので、ここで吐き出して、少し浄化を図っておく。

2)現在、当ブログはOSHO最期のZENシリーズ27冊を読み解く、という当ブログ最終局面に到達しているところである。

3)とは言ってもこのプロジェクト、なかなか手強く、おそらく2年ほどはかかるだろう。

4)一つには、英文27冊のうち、邦訳されているのは6冊のみ。あとは英文のみとなる。本を趣味的に集めるもよし、装丁や挿画にこだわらず、文章だけでよかったら、ネットで全て無料で読める。場合によっては音声で、部分的ならビディオ動画でも見れる。個人的には、昔のVHSを一部所蔵しているので、それらを再発掘するのも楽しい。

5)とは言いつつ、今のところ読み込んだのは、邦文6冊と英文2冊のみ。しかも英文はまだパラパラ読みの段階なので、詳細については、見逃し三昧、ま、こんなもんだろ、という程度の、お散歩気分。

6)で、とりあえず、先日の、天河神社におけるOSHO弥勒宣言「事件」の話に戻る。つまりだ、あれは、問題ありありのフェイク・ニュースにさえなりかねない、大問題である、ということである。

7)重要度としては、OSHOはアメリカで毒を盛られたのか否か、という問題に、匹敵するほどの、第一級の公案であると、当ブログは見ている。

8)毒盛り公案は、結局は、ジャーナリズム的には解明されておらず、今後の重要なエビデンスの発見なり、暴露がない限り、私たちは残り数十年の人生を、不明のまま、終わるだろう。それはそれで、「公案」としてなら、それも愉しみの一つ、ということになろう。個人の調査には手に余るし、その解明が、誰に何をもたらすのか、定かではない。

9)では、今回話題の、天河神社OSHO弥勒宣言「事件」についてだが、これは割と解明はしやすい。なぜならば、その多くの場面が日本に関わっており、その関係者と思しきサニヤシンも、日本人の存命の証言者が複数いるからだ。

10)で、まず問題の本質を、ズバリ提言しておけば、あの事件は、神話だったのか、公案だったのか、ということに尽きる。

11)神話の効用というものも、ある。ノヴァ・ハラリの認知革命論においては、複数の、しかも多数の個人が、限りなく一つの神話を共有することができたことで、人間が進化した、ということになっている。農業革命や、産業革命に先立つ、重要なポイントである。

12)①インドで21歳で悟った。②アメリカで毒を盛られた。③日本で弥勒宣言をした。これが、現在のところの、OSHO三大神話である。

13)この三大神話をほぼ共有しているのが、いわゆるOSHOネオサニヤシン達であり、ほぼほぼ、まぁまぁそういうことがあったのかな、というエピソード、話題作りのベースになっている。

14)この神話が、一般的に、グローバルに、広く現代人類に共有されるとすれば、この地球上の人新世アントロポセスの新しい宗教性の発進ということになるだろう。

15)処女に懐胎され、神の独り子として誕生し、十字架上の死後、再び再生した、というのが、いわゆるキリスト教の神話であった。処女が妊娠するという違和感。神には一人しか子供がいない、という違和感。十字架上で、公然として死亡した大工の息子が、墓場で復活した、という違和感。これらを丸呑みしてところで、キリスト教の神話が成立してきた。

16)この神話が有効に働いて、人類をまとめることできたのは、3分の1までだった。その神話は、今や科学というエビデンスで、解体されつつある。ニーチェいうごとく神は死んだのである。OSHOに言わせれば、神は、生まれてさえいなかった。もともと、それは神話だったのである。その有効期限は、切れたのだ。

17)ゴータマ・シッダルタは、生まれてすぐに立ち上がって天上天下唯我独尊と宣言し、長じて苦行の末、菩提樹の元で悟りを開き、56億7千後に弥勒として再生する、と予言して、入滅した。これがいわゆる仏教の神話である。

18)この仏教の神話もまた地球上すべては席巻できなかった。インドで消え、中国で消え、そして日本で、消えた。それはすでに最後の法華経で予言されていたのである。一説に56億7千年とされていた弥勒再誕生の時期は、実は五五百年、つまり、五百年を五回繰り返した後に、成就されることと預言されていたのである。

19)仏陀入滅後2500年、弥勒誕生の神話のバトンを受け取ったのは、クリシュナムルティでもなく、出口王仁三郎でもなかった。今回の聖火リレーのバトンタッチはOSHOに見事受け注がれたのである。

20)さぁ、この人新世アントロポセス地球時代の、新しき神話を、信じるか、信じないかは、あなた次第である。

21)そして、この公案を解いて行くのは、これからの地球人達である。

<7>につづく

| | | コメント (0)

2021/03/06

「方丈の海2021プロジェクト」 <2>

<1>からつづく

方丈の海方丈の海
「方丈の海2021プロジェクト」<2>
石川裕人・原作 渡部ギュウ・演出 2021/02~03  せんだい演劇工房10BOX box1
★★★★★ 

1)ニュートンへ

2)10年後がやってきた。あれから10年が経過した。私は10歳年取った。ニュートンは、まだ59歳のままか。それとも、やっぱり私たちと年をとったか? ニュートン、君は、生きているか? それとも、やっぱり死んでいるのか?

3)昨年、ニュートンの芝居のプロジェクトが立ち上がった。だけど、新型コロナウィルスの感染で、そのプロジェクトは立ち消えになった。残念だったが、他のたくさんのイベントが立ち消えになった。

4)今年、あらゆる感染リスク対策を施したうえで、今年は仙台と東京で、あの「方丈の海」が、君の後輩たちによってふたたび上演されようとしている。

5)君は、この世に何を残したのだろうか? 君は今、君のいる世界で、なにをしているのだろうか。君がいる世界と、私たちがいる世界は、ひとつだろうか。二つだろうか。それとも、別々か。

6)あれから10年、また地震が起こった。今年は2月13日の深夜だった。幸い、震度6強ではあったが、津波は起きなかったし、被害は少なかった。でも、今年も地震の被害は甚大だ。

7)あれから10年、今年の3月11日午後2時、私は、今回の地震で被災した街中のマンションの被害調査に立ち会うことになっている。その前後も、調査や立ち合いで、スケジュールがいっぱいだ。

8)正直言って、いやいや、あの時は大変だった、と過去形で語ることは、今もできないでいる。あれからずっと、一連の物ごとが続いているようにしか思えない。

9)原発事故の処理はこれから何年も何十年も続いていくだろう。真の解決の道はまだ見つかってはいない。アンダーコントロールなどと言って、オリンピック誘致などでお祭り騒ぎで覆い隠そうとしたこの国は、結局2020年に、オリンピックは開催することができなかった。

10)今年に延長されたそのイベントも、今や新型コロナウィルスの猛威の中で、右往左往している。私は基本オリンピックには反対だが、スポーツのもっている大きな意義もわかる。だが、いま、それをやることに奔走するべきなのであろうか?

11)10年前、あの時、私は山の中にエコビレッジ構想をもって入っていた。テントを持ち込み、仲間とともに、語らっていた。だが、そこにも放射能は降りかかった。山全体が汚染された。

12)私の予知感は、十分形にならないうちに、実体が迫ってきてしまった。そして、起きている本質は、今でも、ずっと続いているようだ。あの日、あの時というより、大きな実体が、着々と迫っている。実感としてはそれだけだ。

13)これが人生だ。これが世の中だ。何変わろう。ずっと昔から続いてきた人間世界なのだ。100歳を超えて生きている人々も多くいる。されど、100年などはあっという間だ。

13)あれから、数多くの友人がすでに亡くなった。地震や津波でなくなった人もいるし、寿命が尽きた人もいる。事故や病気でなくなった人もいる。街並みも変わった。そうそうちいさい時、一緒に遊んだ、あの君の家も今はない。

14)君の芝居がどう評価されているのか、正直言って、昔も今も、よくわかっていない。今回も、この三蜜を避けて、ソーシャル・ディスタンスが叫ばれているときに、その動きがどのような働きをしているのか、私にはわからない。

15)あれから10年も過ぎて、私はようやく重いを腰を上げて、自治会の区長などのボランティア活動を引き受けることになった。孫も、すでに5人だ。私の体も、年齢にしては丈夫だとはいうものの、あちこちガタが来ていることは確かだ。

16)私はあと何年生きるだろう。平均寿命まで生きるとして、あと15年。うまくすれば、あと30年は生きられるかもしれない。そんなこと言っていたら、鬼が笑うだろう。この瞬間、次の瞬間、私自身も、このまま逝ってしまう可能性は、十分ある。

17)生きている限り、私がやりたいと思っていることは、君が君自身の人生でやり通したように、私は私で、何事かの表現をし続けていくだろう。そのためには、自分の健康の維持がやはり大事だ。メンテナンスし、直すべきは直さなくてはならない。

18)そして無理なことはやめようと思う。エコビレッジ構想をついで、昨年まではクラインガルテンに通って畑仕事をしていた。これは、最近体力の限界を感じるので、もう今年はやめようと思う。

19)君の母親はまだ元気だ。私の母は、二年前に98歳で亡くなった。複数の観光ガイドに参加していたが、やっぱり体が続かない方は、すこしづつ減らそうと思っている。

20)私はまだ生きている。この世にまだいる。生きている間に、この世にいる間に、やりたいこと、やるべきことのリストは不確かながら、できている。それほど多くない。だけど、大事なものがいくつか残っている。

21)何を書いても、いまや君には届かないかもしれない。でも、私はこの世は嫌いじゃない。楽しいことをすこしづつ探しつづけて、生きていくつもりだ。私はまだ、ここにいる。

 

| | | コメント (0)

「禅問答と悟り」鈴木 大拙

71mv1ve6el
「禅問答と悟り」
鈴木 大拙 (著) 新版 2020/09 出版社 : 春秋社 単行本 : 248ページ 初版1990/10 新装版第一刷(2008/06)を読んだ
No.4487★★★★★

1)人間 → 精神世界 → 仏教 → 禅 → 問答 → とくるなら、その次は、→悟り、ということになる。であるなら、ここでDTスズキに問いただすことは、悟り、についてである。

2)薬山惟儼(やくさん・いげん「伝燈録」第14)というは唐代における巨匠である。或る日、院主の請いにまかせて上室した。p32(禅の問答)

3)馬祖道一はシナ禅宗史に一転機を劃した大人物である。その弟子に優位の人材が輩出したので、日本の禅も今日あるを得たといってよい。p39 同上

4)蘊(ほうおん「伝燈録」第8)は禅宗初期の大居士であった。シナの維摩である。p70 同上

5)などなど、一般的な予備知識は、もうDTから学ぶことは必要ないだろう。むしろ彼からは、悟りそのものを聞き出さなくてはならない。

6)この悟りというものがなくては、禅というものがないと言っていいのである。悟りは禅のアルファでありオメガであり、悟りのない禅は光と熱のない太陽のようなものである。p86「悟り」

7)悟りの研究をするには、投機の偈というものを見なくてはならぬ。投機の偈というものが悉くの悟りにともなっているということはない。或る人は投機の偈を少しも遺さずにいる。それからまた、投機の偈そのものも頗る多様なものであって一定の定規にははまらぬ。大体のところは、投機の偈は悟りのときの心持を叙述している。p126 同上

8)悟りは禅の中心なのであって、悟りなくては禅の禅たるをえないのである。p157 同上

9)龐居士(ほうこじ)の詩に空(くう)をうたったのがある。訳してみると、

老耄(おいぼれ)の時分には何ら求むるところはない、
空空(くうくう)としてすわるところもない、
部屋の中は空のまた空である、
空の空であるから家財道具など一つもない、
太陽が出ると空の中をあるきまわる、
太陽が入るとまた空の中に寝ころぶ、
空の中にすわり空の歌をうたっている、
うたう歌も空で、これと相和するものもまた空だ。
何もかもそらでは変だと思われもしようが、
空はみな仏のすわられる所だ、
世間の人は空を知らずにいる、
空はしかし宝貨である、
もし空なんていうものが無いものだ、
有るものではないというなら、
そんな人は仏からおとがめを蒙りますぞ。p177 同上

10)ティロパがナロパに与えた「マハムドラーの歌」とまではいかないか。

11)禅寺に入るからには、すぐれた指導者について禅の教示を受けることが大事なことであり、ただ禅寺へ飛び込めばそれでいいというようなわけのものではない。p225 解説 

12)悟りといったものが固定的にあるもののように思うと奇怪なことになる。悟りは催眠術にかかったときのような心理状態をいうのではもとよりないのであり、確実な修行体験を通すことなしにはこの悟りは得られるものではない。悟りとは霊性的自覚であるといったらいいかもしれないのであり、仮眠状態にあるような無自覚なものではい。この自覚は自己の本性を徹見するということであり、真実の自己を知るということである。p229 同上

13)禅は悟りを見失っては全く無意味である。禅の結論は悟りである。しかし、この悟りがどんなものであるかを画のようなものにして示すわけにはいかない。p330 同上

 

| | | コメント (0)

現代人のための「禅問答入門」―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす 佐藤 和彦 <2>

<1>からつづく

41bf6gdycxl

現代人のための禅問答入門―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす<2>
佐藤 和彦 (著) 2002/06 出版社 : 学研プラス  単行本 : 239ページ
★★★★★ 

1)これまで当ブログが出会ったひょうたんナマズ表紙本としては、一番古く、決してステロタイプ本ではない。だが、内容的には、かなり基礎的、定式的な部分であり、禅問答をしるための、九九算の一覧表のようにわかりやすい。

2)なぜそうなったのかは、最後まで読んでみないとわからないが、そのほかには、ゴータマ・ブッタの人生や、インドの仏跡、あるいは日本のいわゆる禅者とみなされる人々の紹介もある。

3)禅ならば、決して教則本のようではなくて、その行間から筆者の人柄がしみじみと染み出てくる部分を要求したくなるが、この本にはそれがない。インド仏跡巡りも、筆者自身の姿が語れていない。なぜか。

4)それは、最初は出版社の要請で準備された一冊だったが、途中で著者が急逝したために、その後、5年ほどして、編集者に編集された形で、この本が世にでたのである。

5)基本的には、表紙に描かれているひょうたんナマズについての説明はなく、当ブログのテーマはなにも解決はしない。ただ、禅問答九九算一覧表としては十分で、これ以上なにが必要なのか。

6)当ブログは、真正面から禅問答などに関心を持ったことはなく、ひょうたんナマズでさえ、ようやく数週間前に自覚しただけであって、この本に書かれている九九表の「原理」さえよくわかっていない。1の段、2の段、3の段、程度のところまでしか、理解していないようだ。

7)でも、ことが禅問答であれば、むしろ、これで十分のようでもある。ものごとに通底して調べ上げる必要はなにもない。知るべきは自分であってみれば、他人、ましてや先人のすぐれた解や足跡を追いかけること自体、迷いにさえなりかねない。

8)著者の素性はそこそこ分かればそれでいいのだが、細かいことが書かれていないのは、本ができる前に亡くなってしまったことと、その死因がどうも、はっきり書かれていないところを見ると、自ら死を受け入れた風にも読み取れる。

9)まぁ、それはそれでいいだろう。だが、禅問答全体に、それほどふかくコミットメントしたくなければ、むしろ、この一冊で十分だろう。よくできた九九一覧表である。

10)文字も大きく、文献も厳選された、非常にわかりやすい一冊である。

 

| | | コメント (0)

THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<5>

<4>からつづく

Thousand_time

 

 

 

 

THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen <5>
OSHO 1988/05~06 Rebel Pub. House , English
★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次 

1)数日前、私は洞山の創始した曹洞宗から招待状を受け取った。彼らは宗派成立千年を大々的に祝おうとしていた。曹洞宗の管長は、私の著作を読んだのにちがいない。そして彼は、私がゴータマ・ブッダの約束---二十五世紀後に、「友愛」の意味を表す「マイトレーヤ」という名前で戻ってくるという約束----の成就者たることを受け容れたことを聞いていたにちがいない。(略)
 私は自分のローブを一着、メッセージを添えて、彼らの祝典に贈った。その祝典にはきわめて多数の人々が参加しており、日本政府を代表して派遣された250人以上の官僚もそこに列席していた。
 私の指示によって、あちらのサニヤシンたちが、私のローブとメモとメッセージを持ってその会場までおもむいた。この宗派の管長は、深い愛と帰依をもって、そこに集まった人々に私のローブを公開し、私のメッセージを伝えた。彼が知らせてきたところでは、私に会い、私の人々に会うために、遠からず彼自身がここを訪れるということだ。
「これ これ 千回もこれ」  禅のまさに真髄 OSHO p79

2)上の邦訳の英原文は次の通り。

By the way, just a few days ago I received an invitation from the Soto sect, founded by Tozan. They were celebrating a thousand-year-old tradition on a great scale. And the chief of Soto Zen must have read my books. He must also have heard the story that I have accepted that I am the fulfillment of Gautam Buddha's promise that he will be coming after twenty-five centuries and his name will be 'friendliness' - maitreya.

The representative of Tozan and his sect - there are only two sects of Zen, Soto is the more ancient...

And you will be happy to note that the chief of Soto Zen has recognized that I have the consciousness and awareness, that I have fulfilled the promise. He asked if I could come to their ceremony, and if I cannot come, I should at least send my robe - that is an old tradition in Zen.

I have sent one of my robes - with my message - to their ceremony. In the ceremony almost a million people are participating, and more than two hundred fifty government officials are deputed by the government of Japan to be present in the ceremony.

I have told my sannyasins there to go with my robe, my note and message. The chief of the sect presented my robe and my message to the whole gathering with deep love and devotion. He has informed me that he will be coming here soon to visit me and to see my people.

In fact this is the only alive Zen assembly. In those one million people and two hundred fifty government representatives, not a single person knows exactly the space that you are feeling every day. THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO p54

ーーーーーーーーーーーーー

3)このエピソードは、日本の友人たちのSNSにおいては、次のような話題となる。



昭和三年三月三日に出口王仁三郎は、弥勒下生(マイトレーヤ)宣言しました。

それから60年後の昭和63年(1988年)3月3日の桃の節句に、OSHOがロードマイトレーヤのサインと共に、70万年前に飛来した隕石、ローブ、サ ンダル、帽子を天河神社に贈り、特使に任命された柿坂神酒之祐宮司が “新しい人間の誕生”の宣言を代読した。1988年3月3日の桃の節句に贈られたOSHOのメッセージをここに再現し てみます。 
――――――――――――――――――
 「この手紙は、柿坂神酒之祐を天河弁財天女社の桃の節句における我が特使として参集者に対して同封の書簡を読み上げることを正式に認めるものである」

私は約束を守った 
私はマイトレーヤとして戻ってくると告げておいた  
私は戻ってきた
私は、全宇宙に平和と愛と友愛と慈悲をもたらす
今こそは、たぐい稀な瞬間だ 
 
すべての古く、醜悪なる者は死を迎えようとし 
新しい人間が地平線上に姿を現しつつある。

私は、ここに新しい人間の誕生を宣言する  
この新しい人間とは、かつて地上で起こった最大の革命だ

そして、このことを避ける道はない

なぜなら、古い人間は死を決意し、身をゆだねてしまったからだ 
古い人間は、安らかに死におもむかせよう!

反逆の魂を持つ者たちは 
 決然と自らを切り離すべきだ

そして、その者たちが救い手となり、
ノアの方舟を創ることになる 
 
その者たちが、新しい世界の始まりとなる 
そして私たちは、古い世界とその悲惨を知るがゆえに 
その悲惨のすべてを避けることができる  
私たちは、あらゆる妬み、あらゆる怒り、あらゆる戦い 
そして滅びにいたるあらゆる心の性向を避けることができる    私たちは、大いなる変容を通り抜けるだろう
               ロード・マイトレーヤ
 ――――――――――――――――
(以下の 文殊 mixi より抜粋)
 このメッセージをどう受け取るかはひとりひとりの判断にゆだねるとして、日本列島の深部で起きつつある意識変動のもっとも敏感な感応点のひとつである天 河神社にOSHOがこれほど深いコンタクトを行ったという事実だけはもう一度再確認しておいてもよいと思います。(文殊 )

★ラジニーシからOSHOという名前になる前に、ロード・マイトレーヤという名前になったことがあって、その名前で署名したことも唯一の出来事でした。古い人間が死に、新しい人間の誕生というメッセージは、今現在になれば、多くの人たちが納得するはずです。王仁三郎は、弥勒降臨の宣言を行ない、それからぴったり60年後の昭和63年3月3日の桃の節句に、OSHOが弥勒帰還の宣言をする。

そして、今日の日の令和3年3月3日は、なんとそれから33年後です。

熊本県山鹿市にある出口王仁三郎が命名した弥勒(マイトレーヤ)岩は、小さな小石や砂である細石(さざれ石)で出来あがっています。

僕たちひとりひとりが新しい人間として、さざれ石は巌となりて、弥勒の世をお祝いしましょ。vijay 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4)ここにおける時代や視点、地域の違い、体験の違いがいろいろある。きょう、ここでの齟齬においては触れないでおこう。いずれ、大きな話題となるはずである。

| | | コメント (0)

現代人のための禅問答入門―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす 佐藤 和彦 (著) 今日の気分はこの三冊<53>

41bf6gdycxl

現代人のための禅問答入門―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす
佐藤 和彦 (著) 2002/06 出版社 : 学研プラス  単行本 : 239ページ
No.4486★★★★★ 

1)いやはや、またまたびっくり。単に禅問答というキーワードで検索しているだけなのに、これで三冊目のひょうたんナマズ表紙がやってきた。

Namazu_20210309092101

2)禅、ってものごとをステロタイプでとらえない、ってことだと思っていたが、これじゃぁ、「禅問答」といえば、ひょうたんナマズがひも付きになっているようなもんだな。「禅」が達磨像とつながっているのと同じかもしれない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<52>からつづく

今日の気分はこの三冊<53>

「瓢鮎図」の謎―国宝再読ひょうたんなまずをめぐって 
芳澤 勝弘 (著) 2012/09 出版社 : ウェッジ 日本語 単行本 : 269ページ 
★★★★★

「禅問答入門」
石井 清純 (著) 2010/05 出版社 : KADOKAWA角川選書 単行本 : 256ページ 
★★★★★

現代人のための「禅問答入門」―超絶の難問・奇問が発想の転換をもたらす
佐藤 和彦 (著) 2002/06 出版社 : 学研プラス  単行本 : 239ページ
★★★★★ 

Namazu_20210309092101


今日の気分はこの三冊 <54>につづく

ーーーーーーー

現代人のための「禅問答入門」<2>につづく

| | | コメント (0)

「セルアウト禅問答」挫・人間

「セルアウト禅問答」
挫・人間
 No.4485★★★★★

1)いやはや 意味不明。禅問答で検索したら、こんなバンド?に出くわした。動画がいっぱいあるみたいで、次々に見てしまった。学園祭の延長みたいで、どこでもありそうでいて、なかなかテクニックもすごいのかも。わからん。

2)時と場合によるが、こんなのも好きだな。近所の路上で、こんな連中に出会ったら、間違いなく、視線を逸らして、無関係を装って、過ぎ去ることは、間違い無いけど、夜中に、一人でタブレットいじっているようなタイミングなら、面白い。

3) ネット見ているだけなら、巻き込まれないだろうし、水槽の中の金魚見ている感じ。でも、こいつらのコンサート(やってるのかな?)の会場には足を運ばないだろうな。適当な距離感が必要だ。

4)ほらほら、あそこの角の家の二番目な。小さい時からやんちゃだったけど、最近やたらと身長がたかくなり、たまにギターケース抱えて駅の方に行く。この前は、昼間っから、ドンスカ、ドラムの音がした。バンドやってんのかな。

5)訳のわかんないのに巻き込まれるのは嫌じゃが、その訳のわかんないものに、巻き込まれるのも嫌いじゃ無いんだよな。アレ? 俺って矛盾してる? つまりだ。身の安全が保証されるなら、ジェットコースターにも乗ってみたい、っていうあの心境かな。

6)こいつら(ってごめんなさい)、何かdrugsでもやってんのかな? 今の若い連中の風俗知らないからな。中学生時代に、バナナの皮の裏筋を、銀紙に包んで、コンロで炙って、香りを嗅いだ、元祖ジャンキー志願兵としては、嫌いじゃぁないが、巻き込まれるのは嫌じゃな。ジェットコースターと同じ。

7)今じゃ、金出してまでジェットコースターには乗らねーが、もっとも、今じゃぁ、金もらっても、ジェットコースターなんか、乗りたくねー。嫌じゃ。いいよ、じいちゃん、ベンチで荷物の番しててやるから、みんな遊んでおいで、って感じかな、遊園地でも。

8)うちの孫が大きくなって、こんなバンドやるようになったら、やっぱり一回は見に行くだろうな。うん、いいな、すごいな、って納得するだろう。でも、その脇で、こいつら大丈夫か、将来、どうなってしまうんだ、なんて心配、始めるかも。いや、絶対そうだ。

9)先日、生まれたての孫が、一人で床に転がって、うまい具合にタオルの上に乗せられたミルク瓶でオッパイ飲んでるのを見て、「おお、こいつ、立派なプロの赤ちゃんだな」と呟いたら、すこし大きな孫が、「いやいや、そういうのいないから」と否定されてしまった。

10)でも、じいちゃんには、そう見えた。そういう視点で考えれば、こいつら(ごめんなさい)、「挫・人間」って、なんだか知らないが、立派な、プロの青春集団だな、って感じる。いいと、思う。食えるかどうか、もう食えているのかもしれないが、いいんじゃないか、他人の子なら(爆笑)。

11)つうかなぁ、おいら自身もあの時代はこんなもんだった。こんなかっこよくなかったし、センスもないし、徹底もしてなかったから、プロじゃなかったかもしれないが、セミプロ・クラスだったかもよ。悪くない。

12)でね、今ここに、即して言えば、実はおいらは今、プロのじいちゃんを目指しているんだよ。爺ちゃんらしい爺ちゃん。つまりだね、あの、ジョージ秋山先生(先日お亡くなりになってしまわれた)描くところの「浮浪雲」、あそこに出てくる渋沢先生みたいになりたいのだ。

13)縁側で、日向ぼっこして渋茶を飲みながら、「進之介くん、美味しいヨーカンがありますよ」って声をかけたりする、あの爺ちゃん。あれがいわゆる、私言う所の、プロの爺ちゃんなのです。

14)で、挫・人間「セルアウト禅問答」って、どういう意味? よくわかんないけど、わかんないのはオレだけだけかもしれないが、赤ちゃんでも、青春でも、老人でも、とにかく、お互い、プロの人間として、タイマン張って行こうじゃないか。と、思うのである。ゴホン。

 

| | | コメント (0)

2021/03/05

兄弟船


兄弟船
鳥羽一郎  : 日本クラウン  時間 : 25 分
No.4484★★★★★ 

1)今日は一日、 一人の友人のこと考えていた。Dちゃんは、同じ学年の牡羊座同士だが、彼は4月生まれで、私は3月。彼はちょうど私の一歳年上の感じになる。なぜだか、女房もお互い、牡羊座同士。長男も、私の方が一年遅れたが、後から気がつきゃ、字こそ違え、同じ名前をつけていた。

2)若い頃、数年一緒に仕事をした。ある時、近くの居酒屋で、Dちゃんはカラオケで「兄弟船」を歌った。うまかった。すごく似合ってた。私は田んぼの真ん中で生まれ育ったが、彼は海を目の前にした、岬の先端で生まれ育った。海の香りがした。

3)水産高校でのぶっちゃけ話や、朝早く起きて働いたクジラ解体工場の話など、面白く聞かせてくれた。若い頃はバイクキチガイで7台持っていたという。何回も転んで、高速では死に目にあったという。いやはや、男だなぁ、といつも思っていた。

4)先年、母親を亡くしたが、最近、義父を98歳で亡くしたという。おやおや、私も去年、98歳で母親を亡くしたよ。オレ達も年取ったもんだな、と笑いあった。オレ達はナンボまで生きるかな、というので、オレは95まで現役でやる。そのあと3年ぐらい老後をやるかな、と言ったら笑っていた。

5)彼は先年体調を崩して仕事を辞めた。サラリーマンなら当然の潮時頃だが、自営業の彼も、後継者ができて、引退してもいいタイミングだった。そのあとは体をかばいながら、近くの海の釣りを趣味にしていた。帰り足、大漁の時は我が家に寄って、海魚をお裾分けしてくれた。

6)数年、リハビリに励んだおかげで、すっかり体調も戻り、趣味のオフロード四駆を走らせるようになった。遠くまで行くわけじゃないが、彼は彼なりに、ワイルドな感じが好きなのだ。

7)そんな彼が、昨日、交通事故に遭遇した。彼の過失はわずかで、法規を無視して前を横切ってしまった84歳のおじいちゃんの軽自動車に非があったのだが、両車大破した。修理は効かない。お互い怪我がなかったことを大難逃れた、とまずは喜ぶべきだろう。

8)84歳のおじいさんには、免許を返上してもらうのが、今後の世のため、人のためになろうというものだが、おさまらないのはDちゃんである。知人から譲ってもらったお気に入りのオフロード車を、壊された、というだけでもショックである。直らないとなれば、なお怒り心頭だ。

9)こんな時、一般に保険が役立つものだが、セカンドカー扱いだった車には、十分な保険が付いていなかった。ましてや自分では運転に自信があった。手先が器用な彼は、ちょっとしたことなら、自分でも直せる、という思いがあった。

10)自宅に帰って、落ち込む彼のことを考えていたら、「兄弟船」を思い出して、動画で聞いた。鳥羽一郎。ふだんはほとんど聞かないが、今夜は、なんだか鳥羽一郎モードだった。ハシゴで聞いた。そして、心で思った。Dちゃん、がんばれ!!

| | | コメント (0)

2021/03/04

龐居士(ほう こじ)の語録<4>

<3>からつづく

61bvzpl0dhl

龐居士(ほう こじ)の語録<4>
山田 史生 (著) 2019/04 出版社 : 東方書店 単行本 : 516ページ

★★★★★

1)もう少しK居士についての話をすすめよう。というのも、禅なり悟りなりの話なら、やはりリアリティ、現実の関わりが重要だと思うからだ。紙上で禅問答を愉しみ、あれこれ言っても、自分の生活とどのようにかかわるのか、いったい今日、私はどう生きるのか、というところに降りてこないと、なんの悟りか、なんの禅問答か、となりかねない。

2)私があえてここで龐居士の流れに巻き込まれたのは、当ブログのそれなりの流れもあったし、私自身のライフサイクルの流れもあっただろう。だが、とにかく一番は、K居士のお宅を横切ろうとした時に、K居士に手招きされて、誘われて私は彼の居間に入り、この「龐居士の語録」を見つけて、その感想を彼に聞きただしたことによる。

3)K居士の前にぶら下がっているテーマはいくつかある。
・そも、家とはなにか?
・そも、寺とはなにか?
・そも、墓とはなにか?
・そも、僧侶とはなにか?
・そも、檀家とはなにか?
・そも、人生とはなにか?
・そも、死とはなにか?
・そも、宗教とはなにか?
・そも、悟りとはなにか?
・そも、私とはなにか?

4)ひとつひとつ、リアリティをもって解が与えられるべきであろう。

5)だがしかし、解などというものはあり得るのか? 龐居士(ほう こじ)などいじっているその文脈に、K居士はその解を見つけることはできるのか?

6)おそらく、これらの問いの中には、究極の問ではないものが含まれる。難題ではあるが、解決しえないもの、解決しなくてもよいもの、そもそも問として存在していないものもあろう。では、究極の問とは、なにか?

7)大疑念。

<5>につづく

| | | コメント (0)

龐居士(ほう こじ)の語録<3>

<2>からつづく

61bvzpl0dhl

龐居士(ほう こじ)の語録<3>
山田 史生 (著) 2019/04 出版社 : 東方書店 単行本 : 516ページ

★★★★★

1)K居士には目下悩み事がいくつかある。悩み事といっていいのか、その問題は別々に独立した問題なのか、というとそうでもない。結局は還暦まで自分が貫き通してきたライフスタイルの帰結なのであり、それらはそれぞれに関連していて、同根だと言える。

2)つまりは、自身が四百年続いてきた家の当主であったにもかかわらず、独身を貫き通してきたので、後継者が存続しないのである。家業というほどの家業は途絶えてしまったが、財産はある。切り売りせずとも、運用で十分生活は成り立つ。場合によっては、一家を再建するための基盤はまだ残っている。

3)しかし、晩年を迎えて、彼は自ら守ってきた墓地をどうするか、決めかねている。つまりは、20代近く続いてきた先祖たちの供養を、一体、誰につがせるか、いいアイディアがないのである。親戚縁者がないわけではないが、運悪く適任者がいない。

4)ここ何年かの間に、次第に固まってきた案は、墓じまいし、自分も無縁仏の集合墓に入るというものだった。それも良かろう。また、現在のところ、それしかあるまい、と思われている。

5)ところが最近、状況が少し変化した。400年の歴史を支えてきた菩提寺が宗旨替えをしたのである。もともと禅宗のお寺であったが、正式に言えば、そのお寺にも後継者がいなかった。住職の子は何人かいたのであるが、こちらも適任者がいなかった。

6)そもそもお寺の運営というものは、住職がおり、何軒かの檀家があり、お寺とお墓がある。地域の人々が、どこからか僧侶を探してきて、住職 に据え、地域の宝として、共同で支えていくものであった。そして、独身の住職は、地域の家から小僧をもうしうけ、次代の住職に育てていく習わしであった。

7)しかし、明治以降、僧侶の妻帯が普通になった時代において、寺院運営も家業となり、僧侶夫婦の間に生まれた子のうちから、次代の住職を育てるようになった。子沢山の住職夫婦ならそれも可能であったであろう。中に確かに適性のある子供がいる場合が、多かった。

8)全てがそうであれば良いのだが、必ずしもそうならず、あるいは子供が産まれず、時には、僧侶とて、離婚という事態に遭遇する場合もある。そのような時、いったい、お寺はどうなってしまうのか。

9)K居士が直面している問題は、この状況と連動している。禅を愛するK居士は.無縁墓とは言え、代々のその禅宗のお墓におさまろうと思っていたのである。最近までは、何の疑いも持たなかった。

10)その状況が、最近変わった。菩提寺の次代の住職に名乗りを上げた女僧は、元の住職の子はではあるが、ピアニストでもあり、独身であるという。そこまでは許容できるとして、その女僧は、そこそこの修行をしただけで、禅宗から離脱して、単立寺院としてしまったのである。ここがK居士には許せない。

11)女僧は意気軒昂である。どうせ最後は私に法名をつけてもらってあの世に行くのでしょう。私に従っていた方が身のためよ。確かにそうではあるが、それはそれでどうも納得がいかない。あの女なんかに法名などつけてもらいたくない。そこで、K居士は近隣に別の禅宗のお寺を探し始めたのである。

<4>につづく

| | | コメント (0)

2021/03/03

AXIS(アクシス) 捨てないためのデザイン

61myvhtzxwl
AXIS(アクシス)2020年04月号(捨てないためのデザイン)
AXIS編集部 (著)  2020/2 出版社 : アクシス  雑誌 : 128ページ
No.4483★★★★★

0)Fujisanというサイトがあって、時たま見に行く。お気に入りのサイトである。ここは雑誌の類の最新号やバックナンバーの紹介をしており、たまに面白い雑誌との出会いがある。今回は、このAXISとの出会いがあった。最先端のイノベイテックでもなければ、人生百年時代のジジババ臭くもなく、私にはちょうどよかった。この「捨てないためのデザイン」というところに惚れた。

1)70年代に、南インドを旅した時、各駅停車のあまりのノンビリさに飽きちゃって、全く知らない駅で降りてしまったことがある。観光地でもなければ、地支部でもない。単に鉄道が通っているだけで、特段に産業もなさそうな地方の村だった。

2)村といっても、人は住んでおり、通りもあったし、店らしきものもあった。物売りのお店もあったのだろうが、私の目に飛び込んできたのは、お茶を飲ませたり、定食を出すような、じつに質素なお店だった。

3)食べ物とて持参していない旅人の私は、お腹が空いていた。メニューは、定食だけだった。定食といっても、いわゆるライスプレイトで、チャパティとかナンに、いく種類かのカレーが付いているものだった。

4)すでに旅慣れしていた私としては、別段驚くことはなかったが、初めての体験は、その食材は、バナナの皮に載ってきたことである。通りにはいくつもバナナの木が生えていた。あの木の葉っぱが、皿なのである。

5)私の田舎のお盆の時も、里芋の葉っぱに料理を出して、ご先祖様にお供えしたりしていたので、なるほど、元祖インドではバナナの皮か、と納得した。

6)しかし、驚いたのはここからだった。客は、といっても、その時は店の客は私だけだったが、たべおわると、その食器類、つまり葉っぱや残ったカスをそのママ、テーブルの下に落とせという。

7)すぐに納得はいかなかったが、やってみると、これがとても便利なシステムであることがわかった。先程から、道路に寝そべっていた牛が、やんわりと腰をあげ、こちらに近づいてきたのだ。そして、やおら、私の足元のバナナの葉っぱを食べてしまったのだ。

8)はぁー、そういうシステムなのか。これなら、汚れた食器を洗う手間も省けるのだ。そしてだな、それから連想できることは、つまり次の連鎖反応、牛は元いた場所に戻りながら、フンをする。乾燥した南インドだけに、においはほとんどしない。ましてやほとんどの元が植物性なので、割とモノとして安定している。

9)やがて、近くで遊んでいた村の子どもがやってきて、そのフンを両手で拾い上げ、近くの小屋の壁にポチョンとはりつけてしまった。その壁にはまるで勲章を飾っているように、何個ものフンが貼り付けてあるのだ。乾燥させて、燃料にするのだ。

10)以前、すでに乾燥しきったフンは、私のこの食事を作ってくれるために、暖炉で燃やされたのだろう。私には、この目の前で展開されたサイクルに実に理にかなったものに思えた。食事→後片付け→牛→フン→乾燥→燃料→料理→食事。見事な循環システムである。捨てないデザインだ。

11)思えば日本の半世紀前のシステムだって、実に捨てないデザインだった。牛馬を飼う→田畑の雑草を餌とする→牛馬が田畑を耕す→フンを堆肥にする→田畑が肥える。実に循環していた。捨てるものはほとんどなかったが、ほとんどが堆肥となって、循環利用された。

12)このサイクルに耕運機が入ってきた。耕運機を動かすにはガソリンが必要なので、外に買いに行く。肥料が不足するので、大量に外から買う。廃棄物は循環しないものが多くなり、堆肥にならないので、ごみ収集車に運んでいってもらう。

13)実際に労働する人々にとって、それがよかったかどうかはわからない。経済的に、生産的に、健康的に、環境的に、一元的には評価できないだろう。だが、すくなくとも、以前は、捨てないデザインが存在した。捨てたとしても、また畑に戻り、人間の体に戻ってきた。

14)最近、私の廃物アートを見て、ある人がこう言った。発砲スチロールで骸骨を作ってどうするのかね?


15)私は答えた。じゃぁ、発砲スチロールで、あなたなら何をつくりますか?

16)最初から骸骨を作りたかったわけではない。廃物として発砲スチロールがあったのだ。発砲スチロールの山を見ていて、その活用方法を考えていたら、結局、骸骨をつくることになってしまった、ということである。

17)五重塔にしても、そうだ。最初から五重塔ファンだったわけじゃない。桐の空き箱を捨てられないでいたら、何かつくれないかなぁ、と思いついて、出来上がったのが五重塔だったのだ。

090

18)空飛ぶ円盤もそうだ。別段UFOマニアなわけじゃぁない。捨てられないのだ。捨てないデザインを考えているうちに、空飛ぶ円盤が出来上がってしまっていたのだ。

Img_0565

19)ごみという言葉がなくなる日のために、なんて勇ぎのよい言葉ではかたづかないけれど、捨てないためのデザインがあっていい。

| | | コメント (0)

『サピエンス全史』をどう読むか 河出書房新社編集部

81ph5ylzvol
『サピエンス全史』をどう読むか
河出書房新社編集部 (編集) 2017/11 出版社 : 河出書房新社 単行本 : 144ページ
No.4482★★★★★

1)最後の禅シリーズ突入中の当ブログであるが、以前にリクエストしていた本がようやく届いたので、メモだけ残すことにする。以前、書店で立ち読み済みなので、目新しくはないが、禅問答のやっちゃもっちゃにもみくちゃにされている最中でもある。すこし換気して、風通しをよくしておくか。

2)(略)ハラリ氏は、物静かな方だった。背丈は170センチ余り、体重は50キロ強ぐらいだろうか、痩身で、ジーンズにスニーカーをはいた脚はずいぶんと細く見えた。p2 柴田裕之「スーパーヒューマン」

3)テレビでみると、割とスマートな方とは思ったが、予想以上に小柄な人であるようだ。自らをジェンダーフリーに表現する彼のこと、なるほど、と思わないわけではない。

4)ハラリ氏は原則としてヴィーガン(肉や魚ばかりではなく、卵やチーズ、牛乳などもとらない人)なのだ。しかも、瞑想を日課としている。インタビューの合間にも、ホテル内の部屋に戻ってしばし瞑想をしていた。p4 同上

5)彼が瞑想をしているのはすでに衆知だが、ヴィーガンはなかなか一般的には知られていないのではないだろうか。肉や牛乳をカットすることは私にもできるかもしれないが、逆にストレスがたまりそうだ。魚や卵は不可欠だなぁ。

6)ハラリ まず重要なのは、政治、政治家、そして政治システムが科学と技術の進歩についての認識を深めることです。私たちはもはやこの二つのシステムを分けて考えることはできません。もし政治システムがこの科学の現在を理解していなければ、21世紀の人類のために有意義なビジョンを描くことはできないのです。

 第二に、重要なのは、人間の心と意識を理解するためにもっと努力することです。私たちは体と脳の理解のために大きな努力をしていますが、私たちの問題の根源は脳ではなく心です。人類の不幸と幸福の根源は心のパターン、私たちの心のパターンなのです。

 残念なことに現在、科学の世界でも心の理解は重視されず、体と脳の理解に集中されすぎています。技術の進歩によって私たちの体と脳を巧みに操作し対処する大きな能力を獲得することができるかもしれませんが、このままではそれをどう活用してよいのかわかりません。

 自分自身にとって、そして人生にとって何が重要か、そして幸福と不幸の根源が何かを本当に理解するには、体や脳を理解するだけではなく心を理解する必要があります。p36 池上彰との対談 

7)実際は、この後、ここに続く部分が最も当ブログとしては関心あるところであるのだが、先を急ぐまい。

8)ハラリは、イスラエル人でありながら博士号はイギリスのオックスフォード大学で取得し、年末は毎年インドに瞑想のためのリトリートに出かける、といった多文化的環境下での生き方を実践している。菜食主義者(ヴィーガン)でゲイであることは、彼により進歩的なじんせいを歩ませてもいるのだろう。p130 池田純一「サピエンスからデウスへ、あるいはへロス」

9)一般的なハラリ理解は、仏教、瞑想、インド、リトリート、ヴィーガン、ゲイ、あたりまでは降りてきている。されど、ハラリ自身は知っているのだろうが、多くの読者や解説者は、仏教や瞑想、という程度でとどまってしまう。で、その仏教の、その仏教の、なに? というレベルになると、もうそこからは降りていかない。

10)むしろ事態は逆で、これほどの全史はもはや必要ないのではないか。どれほど論争してみたところで、外側の大勢にはそれほど大きな変化はなかろう。むしろ、なになに教とか、心とか、テクニックのレベルを超えて、さらにその意識そのものについての思索や体験が、もっともっと必要とされるのではなかろうか。

11)とりあえず、当ブログにおいては、そこのところを「地球人スピリット」と呼称し、さらにその解を「把不住」と自覚して、now here に生きている。

12)巻末には、「Book Guide 」(「サピエンス全史」を楽しむためのブックガイド)がついている。22冊が紹介されていて、タイミングであれば、当ブログの新しい散歩道にもなりえたかもしれないが、もはや、その様相はすでに一変している。先を急ごう。

 

 

| | | コメント (0)

2021/03/02

龐居士(ほう こじ)の語録<2>

<1>からつづく

61bvzpl0dhl

龐居士(ほう こじ)の語録<2>
山田 史生 (著) 2019/04 出版社 : 東方書店 単行本 : 516ページ

★★★★★

1)この本、来たことは来たけど、面白いのかなぁ。この本、まだ出版されてからまだ2年も経過していないのに、私が入手したのは、半値だった。え~、安い! とは思ったが、手放す方も、あまり未練がなかったかもなぁ。

2)よかった点は、いろいろ、それぞれの禅師たちの簡単なプロフィールがついていて、人名別に配列されているところだろうか。この龐居士(ほう こじ)はこの時代の多くの禅師たちと接触しているので、座標を同じくしての各禅師たちの評価が並ぶわけだから、それはそれで楽しい。

3)著者は私より若いので、若い人に道を聞くなんて、とかいう私なりの変なこだわりがあったが、写真をみたり、著書群をみたり、なおプロフィールには尺八の愛好者だということを聞いてからは、なんとなく親しみが沸いて、私の中で、なんとか許しがでたのであった(笑い)

4)さて、本を開いてみれば、これがまるで稚戯に満ちていて、たしかに取っ組みやすいが、はてさて、この本、最後まで読み切ることができるだろうか。著者が師と仰ぐ(?)入矢義高本との比較で読み直す必要があるのだろうか。

5)例の親類筋の彼を、今回敢えてK居士と呼ぶことにしてみた。彼は、こんな本を読んで、ひょっとすると「理論武装」などしているのではなかろうか(笑い)。K居士は、どこかの何かに入門したり、沙門になったりはしないだろう。彼にとっての「師」は道元のようではあるが、かといって私淑の礼をとっているわけでもなさそうだ。

6)そして考えてみるに、OSHOは決して「禅問答」とは言わなかったと思う。ZENなのであって、問答そのものにこだわりを持っていたわけではない。ただし禅師たちの足跡はこのような問答集にこそ残されているので、そこからお人柄を察していくしかないのであろう。

7)それにしても、この本は稚戯にあふれていて、とっつきやすくはあるが、元が元だけに、ますますこんがらかったりする可能性もある。ましてや、もうすこし高踏な世界を求めたい読者には、すぐに半値で売られてしまうような本かもな。

8)K居士なら、この本を容認するかもしれない。されど、彼とて、禅問答にこだわるでもなく、禅門にこだわっているわけではない。視野のなかにこのような本も入れておいてもいいかな、というレベルであろう。

9)そしてだ、最後の疑問として残るのは、このような集団性を、OSHOはなぜに晩年に集中して取り上げたのか、ということだ。少なくとも、この本の山田史生先生レベルに合わせた場合、それが終着地点であっていいのか。

10)最近思うことだが、かりに法輪が一回転するのが2500年だとして、現在がまた再スタートの地点だとした場合、この唐代というのは8世紀前後、ちょうど2500年サイクルの真ん中あたりになっているのではないか。

11)2500年前に、ブッダやギリシャの哲人たちや、老荘などが華やかな時代があって、その時代もやがて過ぎ去ったように、かりに禅林の求道者たちが一大文化を築きあげたとしても、現代の中国に、この文化遺産はどのように残っているだろう。やはり1250年前の文化も、すっかり消え去ってしまっているのではないか。

12)ゴータマ・ブッダの周囲にいた人々が変化していったように、唐代の禅林をささえた人々もまた、いまや消え去ってしまったとするなら、当時の言行録からその人物像を再現し、あれこれ後ろ向きに解釈を試みる、という手法は、いまさらながら、ちょっと時代遅れで、古すぎるのではないか。

13)OSHOの禅シリーズは、決して、入矢本や山田本レベルには、字義ひとつひとつにこだわりを見せることはないし、体系的に仔細にこだわるところを見せない。そして、そのエッセンス部分だけを、現代によみがえらせようとしているのではないか。

14)と、今夜のところは探りを入れておく。まだ4分の1しか目を通していない。もうすこし、ページを進めたら、あらためてメモしよう。

<3>につづく

| | | コメント (0)

「Kyozan: A True Man of Zen 」 OSHO <3>

<2>からつづく

41ddqf7y4tl
「Kyozan: A True Man of Zen」<3>
OSHO (Author) Jan 1990 Publisher: Rebel Publishing House Hardcover 87 pages Language: English

★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次   

1)来ましたKyozan。楽しみにしていたのだけど、なんと、表紙カバーがなかった。_| ̄|○ 海外から取り寄せたから、時間も経費も余計にかかったのに、これは残念。

Dd2f3a9924744679bf955d3fcb8786d1

2)本当は、こんな美しいミーラの表紙がついていたはずなのだ。

Kyozan

 

3)クレームをつけようかなぁ、と思ったが、まあいいや。めんどうくさい。これは自前でカラープリントして、自作のカバーを作りましょう。

4)この仰山、山田史生「龐居士(ほう こじ)の語録」にもでてくるのだが(p401)、「仰山 生年出自は不詳。潙山(いさん)の法嗣である大仰山慧寂(807~883)とは別人。と書いてる。どうやら、仰山も複数いるらしい。要注意。

<4>につづく

| | | コメント (0)

2021/03/01

「これ これ 千回もこれ」  禅のまさに真髄 OSHO<4>

<3>からつづく


 

 






「これ これ 千回もこれ」 
禅のまさに真髄 <4>
Osho /スワミ・アナンド・ソパン 1993/06 和尚エンタープライズジャパン OEJ books 単行本 362p
★★★★★
Osho最後のZENシリーズ目次

1)最後の禅シリーズ27冊、読み返しは英語本オンリーや行こうと思っていたが、やっぱり邦訳本があれば、その方が楽だ。一日分は短いが、15日分もあるので、それなりの分量だ。名だたる唐代の禅師たちの名前も次々登場するが、ほとんどプロフィールもなしに登場してくるので、よくわからない。適当に付けられたジョークの主人公たちレベルに見えてしまう。

2)最初にOSHOと対峙した時、彼は言った。
「何か質問あるかね?」
「あります。いっぱいあります。」
「そうだろう。質問の99%は瞑想すれば消える。残りの一つの質問には、答えがない。だが、一つだけ質問してみなさい」
「私をインドにつれてきたものは、なんですか?」そのいきさつはすでにメモしてあるが、結局は、意味としては、祖師西来意、と同じことを問うたのである。
「グッド👍。まずは瞑想してみなさい。そうすればわかる(微笑)」

3)洞山についてだが、・・・この洞山は「麻三斤」の洞山ではなく、曹洞宗の開祖の洞山良价(とうざん りょうかい )だ。p78 「宇宙の鼓動」 私はここを混同していた。

4)数日前、私は洞山の創始した曹洞宗から招待状を受け取った。彼らは宗派成立千年を大々的に祝おうとしていた。曹洞宗の管長は、私の著作を読んだのにちがいない。そして彼は、私がゴータマ・ブッダの約束---二十五世紀後に、「友愛」の意味を表す「マイトレーヤ」という名前で戻ってくるという約束----の成就者たることを受け容れたことを聞いていたにちがいない。(略)
 私は自分のローブを一着、メッセージを添えて、彼らの祝典に贈った。その祝典にはきわめて多数の人々が参加しており、日本政府を代表して派遣された250人以上の官僚もそこに列席していた。
 私の指示によって、あちらのサニヤシンたちが、私のローブとメモとメッセージを持ってその会場までおもむいた。この宗派の管長は、深い愛と帰依をもって、そこに集まった人々に私のローブを公開し、私のメッセージを伝えた。彼が知らせてきたところでは、私に会い、私の人々に会うために、遠からず彼自身がここを訪れるということだ。p79 同上

5)この講話は1988年5月30日夕刻のこと。この年、3月3日には、奈良県天河神社で、柿坂神酒之介宮司による、OSHOのミロク宣言メッセージ代読があったことは知っているが、ここから5月までの間に、上のような出来事があったのかどうかは、私は寡聞にして知らない。あったのかもしれないし、あるいは、OSHO独特の美学による言辞なのかもしれず、私のジャーナリステッィク・マインドがちょっとだけ動く。

6)禅は議論ではないし信仰でもない。それは愛や美や沈黙と同じような純粋な体験だ。それは誰のものでもない。p88 同上

7)馬祖のもとでは百人余りの人びとが悟りを得た。彼はゴータマ・ブッダさえ打ち負かした。ボーディダルマさえ打ち負かした。しかも、彼のやり方はその風貌と同じくらいユニークだった。p105 自由が私の神

8)外側には暗闇があり、内側には----そこには光はあるが---あなたはない。光を得る唯一の方法は、自らの内側に入り込むことだ。それが「光明(エンライトメント)と呼ばれるのは、そのためだ。あなたは、誰にも吹き消されるこのない蝋燭になる。あなたは永遠の炎。存在の炎そのものを見いだす。あなた方はみな炎だ。問題はただ、自分の内側を見るか否かだ。p183炎の密林

9)雲居道膺(うんごどうよう)は洞山の第一の弟子として知られている。洞山に初めて対面した雲居は、「名はなんというか?」と尋ねられた。雲居は答えた。「道膺です」 洞山は言う。「それを超えたところを言ってみなさい!」 雲居は応えた。「それを超えたところを言うなら、私の名は道膺です」 洞山は言った。「私が師とお会いしたときも、同じように答えたものだ」p291 神は無名の人のためのもの


<5>につづく

 

| | | コメント (0)

「禅問答入門」石井清純

71dapt9bbpl
「禅問答入門」
石井 清純 (著) 2010/05 出版社 : KADOKAWA角川選書 単行本 : 256ページ 
No.4481★★★★★

1)無作為に我が図書館を検索してみると、禅問答の文言で、何冊かがヒットする。その中に、この一冊があった。いやはやまたまたびっくり。ここにもひょうたんナマズが登場して来るのである。しかも表紙だ。だが、最後まで、この禪画についての説明はない。禅画といえば、ひょうたんナマズがステロタイプとして定番化しているのだろうか

2)この方、私より4歳も若い。しかも10年前の本なのに、駒澤大学の学長と紹介されている。早熟な方なのか、それともこちらがいつの間にかひたすら馬齢を重ねてしまったのか。この方、当ブログの記録では「禅と林檎」スティーブ・ジョブズという生き方(2012/04 宮帯出版社)の監修者として登場している。

3)入門というだけ、わかりやすい。どうも禅問答などと言われるとタジタジしてしまうが、決して難しい本ではない。むしろ、すでに知っている逸話の連続で、ああ、こういうことを禅問答というのか、と思い知る。学生に対する先生なのだから、わかりやすく書いてあるのだろう、か

4)今の日本仏教の宗派で「禅宗」に分類されるのは、寺院数の多い順に、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗の三つとなっています。これらを総称して「日本禅宗三派」と呼びますが、これらの組織が明確に独立し、宗名を名乗るようになったのは、明治9年(1876)からです。p22「禅思想の基本」

5)一般に「一千七百則の公案」などと呼ばれtいますが、この1700とう数字は、じつは公案の数ではなく、公案を残した禅僧の数なのです。具体的には「景徳伝燈録」という禅の歴史書に名を連ねる僧の人数なのです(後略) P32 「代表的な禅問答」

6)石塔希遷は、(略)馬祖道一と同時代の人です。馬祖の禅が、日常生活全般を修行とし、それゆえ「雑貨舗(生活用品を扱う雑貨屋)」と呼ばれていた(略)が、石頭の宗風は、その対角に位置し、本質のみを意識しているという点で、「真金舗(純金だけを扱う店)」と呼ばれています。p84 同上

7)中国の禅僧にも、一言も語らぬ説法をした人がいます。薬山推儼という人です。(略)薬山は、多くの禅僧の中でも、特に坐禅を重視する宗風を持つ人として知られています。立派な伽藍の寺院に住することなく、牛小屋を坐禅堂にして僧を指導した、まさに修行の人として知られています。p87~88 同上

8)龐居士(ほう こじ)とは、龐蘊(ほううん ?~808)という名の在家の禅者です。在家でありながら、深く禅に傾倒し、高い境涯を得た人で、彼地震の言葉を綴った「龐居士語録」という典籍も残されています。(略)石頭希遷と馬祖道一という、唐代に禅を大きく発展させた二大禅者との出会いと、その二人による啓発の様子を伝えた(略)p92 同上

9)あまりに「無」にばかりこだわるのも、スローガンを嫌う禅の思想そのものから遠ざかる危険性をはらんでいる(略) p111 同上

10)洞山良价(とうざん りょうかい、807~69) は、「説くことのできないものを実践し、実践できないものを説くのだ」と述べました。(略)雲居道膺 (うんごどうよう ?~902) は、「実践している時には説法はなく、説くときに実践がなくなる。説きもせず実践もしないときに、どのような方法があるというのか」と、それぞれが表裏の関係にあるとして、両者の意義を最大限に評価しました。p187  同上

11)(「放行(ほうぎょう)」は)師匠が弟子を完全に自由に解き放ち、力量のままに修行させるというものです。その反対が「把定(はじょう)」あるいは「把住(はじゅう)」で、こちらは、弟子の首根っこを押さえつけ、雁字搦めにしながら方向性を見出させるというものです。p212 同上

12)などなど、禅問答全般に対する予備知識が不足している当ブログにおいては、大いに勉強になることが多い。というか、むしろ、これらは常識なのか。これらを踏まえないと、ちょっと面白味にかけるのであろう。

13)で、11)において、把不住、となれば、放行のことなのか、また別な、第三の意味なのか、興味あるところではある。

14)巻末に代表的な公案集などが紹介されている。

 

| | | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »