« 「禅林画賛」―中世水墨画を読む 入矢義高他<3> | トップページ | 京都人の密かな愉しみ <15> blue編 燃える秋 »

2021/02/01

「碧巌録」〈第1巻〉 佐橋 法龍 <1>

Heki
「碧巌録」〈第1巻〉―全訳 <1>
克勤 (著), 佐橋 法龍 (著) 1984/4/1 出版社 : 三一書房  224ページ
No.4453★★★★★ 

1)おお、なんということじゃ、ここに「把不住」と書いてある。

Img_6024

2)この本、いつの頃からか、我が書斎の一角に鎮座ましましておられたが、わたしゃ、これまで読解したことはありませぬ。いつかは読むかもな~、と言っているうちに、幾星霜の日々が過ぎてしまったことか。

 Img_60232

3)まずは、今夜はこの文字をこの本の中に発見したことで、大満足。でかした💛
  ずっと、我が部屋のすぐそばに、じっと私が見つけるのを待っていたのだなぁ~~。
  待たせたなぁ^^^^、なんちゃって。

<2>につづく

| |

« 「禅林画賛」―中世水墨画を読む 入矢義高他<3> | トップページ | 京都人の密かな愉しみ <15> blue編 燃える秋 »

07)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「禅林画賛」―中世水墨画を読む 入矢義高他<3> | トップページ | 京都人の密かな愉しみ <15> blue編 燃える秋 »