« ウィリアム・ブレイク リンク | トップページ | 「ノーマインド―永遠の花々」OSHO <6> »

2021/02/06

「道元」その探求と悟りの足跡 OSHO <9>

<8>からつづく

 41lcs3jfgml__sl500_
「道元」その探求と悟りの足跡<9>
OSHO スワミ・アンタール・ガータサンサ翻訳 1992/11 出版社: 和尚エンタープライズジャパン  (OEJ books)  単行本  472ページ
★★★★★

1)最後の禅シリーズ28冊のうち、邦訳は6冊。さらに巻末などで、その裏話が書かれているのは数冊。そのうちの一冊がこの「道元」。

2)ここでは、OSHOが使用した「正法眼蔵」は、「The Shoho-genzo by Yuho Ykoi: Tokyo Sankido Buddist Bookstore」である、と記録されている。漢字では横井雄峰、1986年発行である。つまり、OSHO直前の発行、ということか。

F3fba2ca019a475f9a3e46eeab3b20ed-1

56b460b1a06e4fce990bfb5a0399a502

F4eca5bc703a41449686b441db347810

<10>につづく

| |

« ウィリアム・ブレイク リンク | トップページ | 「ノーマインド―永遠の花々」OSHO <6> »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィリアム・ブレイク リンク | トップページ | 「ノーマインド―永遠の花々」OSHO <6> »