«  「真説・佐山サトル」 タイガーマスクと呼ばれた男 田崎 健太<2> | トップページ | 龐居士(ほう こじ)の語録<1> »

2021/02/24

William James



January 1987: He returns to the ashram in Pune, India, which is renamed Rajneeshdham.

July 1988: Osho begins, for the first time in 14 years, to personally lead the meditation at the end of each evening’s discourse. He also introduces a revolutionary new meditation technique called The Mystic Rose.

January-February 1989: He stops using the name “Bhagwan,” retaining only the name Rajneesh. However, His disciples ask to call Him ‘Osho’ and He accepts this form of address. Osho explains that His name is derived from William James’ word ‘oceanic’ which means dissolving into the ocean. Oceanic describes the experience, He says, but what about the experiencer? For that we use the word ‘Osho.’ At the same time, He came to find out that ‘Osho’ has also been used historically in the Far East, meaning “The Blessed One, on Whom the Sky Showers Flowers.”

1)ジャーン! 大変なことになってしまった。これまで、OSHOというネーミングの語源は、アメリカの詩人ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman)だとか、イギリスの詩人ウィリアム・ブレイク(William Blake)だとか、いい加減なことを書いてきてしまった。

2)少なくともこの記事に沿う形で理解するなら、それはアメリカの哲学=心理学者ウィリアム・ジェームズ(William James)であった可能性が高かくなった。_| ̄|○ いやいや、この記事元を見る限り、これが決定でしょう・・( ノД`)シクシク…

3)しかしだ。言葉は言葉だ。別段、誰の言葉だっていいじゃないか。少なくとも、これだけ詩人や学者たちが使っている言葉だとすれば、誰の所有物でも商標でもない。これだけ一般的な言葉だったのだ、ということでいいんじゃないか(;^_^A

4)まずは、もうすこし深堀してみよう。

| |

«  「真説・佐山サトル」 タイガーマスクと呼ばれた男 田崎 健太<2> | トップページ | 龐居士(ほう こじ)の語録<1> »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  「真説・佐山サトル」 タイガーマスクと呼ばれた男 田崎 健太<2> | トップページ | 龐居士(ほう こじ)の語録<1> »