« 京都人の密かな愉しみ <15> blue編 燃える秋 | トップページ | 「空っぽの鏡・馬祖」OSHO<5> »

2021/02/02

「碧巌録」〈第1巻〉 佐橋 法龍 <2>

<1>からつづく
Heki
「碧巌録」〈第1巻〉―全訳 <2>
克勤 (著), 佐橋 法龍 (著) 1984/4/1 出版社 : 三一書房  224ページ
★★★★★ 

1)こちらにも禅師系図があった。
小学館日本大百科全書(ニッポニカ)
版とは表現は違うが、ほぼ同等の内容だろう。違うのは、如浄の下に道元がないことくらいか。少なくとも、馬祖を中心とした、一塊の禅師たちがいわゆる唐代の禅を形作っている、ということだろう。ということはこの碧巌録が、OSHOの最後の全シリーズの骨格を作っている、ということもありうるかも。

 

Img_60262

つづく

| |

« 京都人の密かな愉しみ <15> blue編 燃える秋 | トップページ | 「空っぽの鏡・馬祖」OSHO<5> »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都人の密かな愉しみ <15> blue編 燃える秋 | トップページ | 「空っぽの鏡・馬祖」OSHO<5> »