« T | トップページ | Yakusan: Straight to the Point of Enlightenment OSHO <4> »

2021/02/23

 「真説・佐山サトル」 タイガーマスクと呼ばれた男 田崎 健太<1>

71pafariol
「真説・佐山サトル」 タイガーマスクと呼ばれた男 <1>
田崎 健太 (著) 2018/07 出版社 : 集英社インターナショナル 単行本 : 520ページ 
No.4478★★★★★

https://www.shueisha-int.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/0339.pdf

 

1) マーフィーの法則に、テストの前日はテレビ番組が面白い、という名言があったと思う。まさに、現在の当ブログはそのような状態だ。最後の禅シリーズに突入すべきタイミングに及んで、ついついよそ見をしてしまう。

2)この本、わが図書館にも入っているらしい。予約済みだが、どんな内容だろうと、ネット立ち読みしたのがいけなかった。100ページ中、黒塗り海苔弁の10ページほどを残して一気に読んでしまった。

3)もちろん、全ページ読めたわけじゃないから、いずれ図書館から借り出して続編を読まなくてはならないが、実に興味深い1冊だ。面白い。

4)当ブログは、中途半端なプロレス・ファンだが、これまでも、力道山や、レフリー本、長州力や、女子プロレス本などを散読してきた。それにしても興味深い世界だ。

5)佐山サトル。マーシャルアーツでも、きっと大成功を納める事の出来る存在であったに違いない。これほどまでに興味深い男だとは思わなかった。

6)まだ100ページしか読んでない。今後、どういう展開になっていくのか、ワクワクする。もちろん、大筋は知っている。しかし、タイガーマスクの2年数ヶ月に光に目がくらみ、一人の目撃者としては、あまりに影の部分を見落としてきた。

7)2021年の現在、彼は体調を崩し、パーキンソン病を患っているとの報道さえある。もうレスラーとしてはもうリングには戻れないだろう。もちろん年齢もすでに晩年の域に達している。

8)されど、その精神やいかに?

9)いやはや、テスト前日のテレビ番組は猛烈に面白い!

<2>につづく

 

 

| |

« T | トップページ | Yakusan: Straight to the Point of Enlightenment OSHO <4> »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« T | トップページ | Yakusan: Straight to the Point of Enlightenment OSHO <4> »