« 中国唐代禅師系図 | トップページ | 「碧巌録」〈第1巻〉 佐橋 法龍 <1> »

2021/02/01

「禅林画賛」―中世水墨画を読む 入矢義高他<3>

<2>からつづく

81cm73uapxl
「禅林画賛」―中世水墨画を読む<2>
島田修二郎・入矢義高監修 1987/10 毎日新聞社 大型本: 497ページ
★★★☆☆

1)これだけ大きい本なのに、「把不住」の文字があるのは、一か所だけ。ブツブツ。まぁ、行きがかり上、偶然見つけたものだから、文句は言うまい。鮎が元気良くて、捕まえられない、というような意味らしい。

Img_6018
p127 「45 瓢鮎図」

Img_60192

2)しかしだ、なんとここに

『碧巌録』一に「果然として把不住」とある。ここは、「瓢鮎図」を見ても向上の契機とならぬことを暗喩するか。

とある。

 Img_60163

3)おお、これは大発見。すわ、いざ、「碧巌録」へ!

| |

« 中国唐代禅師系図 | トップページ | 「碧巌録」〈第1巻〉 佐橋 法龍 <1> »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国唐代禅師系図 | トップページ | 「碧巌録」〈第1巻〉 佐橋 法龍 <1> »