« 最後の禅シリーズ<3> | トップページ | 中国唐代禅師系図 »

2021/01/31

雲居道膺和尚図像

絹本著色 雲居道膺和尚図像

 

 

 

Img_5190_20210131232601

  本図は袈裟を着けた雲居和尚の上半身を描いたものである。禅僧の堂々と、しかし、落ち着いた風格が写実的に描かれている。
  雲居和尚は唐時代の禅僧で、雲居山に30年間住んでいたことからその名がある。本図像は宝慶寺開山の寂円禅師が請来したものと伝えられ、画面上部には寂円禅師の高弟で、宝慶寺2世、永平寺5世になった義雲禅師の賛がある。寸法は縦100.0cm、横55.0cm。

--------------------------------------------------------

いやはや、とんでもないことになって来たぞ。いかに無知な戯れとはいえ、不可侵領域に足を踏み入れてしまっているのではないか・・・(~_~;)

| |

« 最後の禅シリーズ<3> | トップページ | 中国唐代禅師系図 »

05)蓮の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の禅シリーズ<3> | トップページ | 中国唐代禅師系図 »