« これ これ 千回もこれ <4> | トップページ | シルバー川柳入選作品 »

2021/01/27

THIS, THIS: A Thousand Times This: The Very Essence of Zen: OSHO<5>

<4>からつづく
376px278_lrg
THIS, THISA Thousand Times This: The Very Essence of Zen <5>Zen Discourse Series
OSHO 1988/05~06 Rebel Pub. House , English


UNGO DOYO WAS THE CHIEF DISCIPLE OF TOZAN. WHEN HE FIRST MET TOZAN, HE WAS ASKED, "WHAT IS YOUR NAME?"

HE ANSWERED, "DOYO."

TOZAN SAID, "TELL ME TRANSCENDENTALLY!"

UNGO REPLIED, "SPEAKING TRANSCENDENTALLY, MY NAME IS DOYO."

TOZAN SAID, "WHEN I SAW MY MASTER, MY ANSWER WAS NO DIFFERENT."

UNGO REMAINED WITH TOZAN MANY YEARS. TOZAN NEVER HAD LESS THAN ONE THOUSAND, FIVE HUNDRED DISCIPLES, OF WHOM TWENTY-EIGHT WERE ENLIGHTENED.

AFTER UNGO HAD REALIZED HIS OWN ENLIGHTENMENT AND BECAME A MASTER, A MONK ASKED HIM A QUESTION.

UNGO SAID, "YOU ARE A FOOL!"

THE MONK SAID, "SO ARE YOU!"

"WHAT IS THE MEANING OF 'FOOL'?" ASKED UNGO.

THE MONK DANCED.

OFF HE WENT, AND UNGO PRAISED HIM, IN HIS ABSENCE, SAYING, "AFTER ALL, EVERYBODY IS OUT TO GET SOMETHING, THOUGH OF COURSE ZEN-GETTING IS A NO- GETTING."

ON ANOTHER OCCASION, AN OFFICIAL SAID TO UNGO: "THE WORLD-HONORED ONE HAD A SECRET MESSAGE; MAHAKASHYAPA DID NOT KEEP IT A SECRET. WHAT IS THIS SECRET WORD OF BUDDHA?"

UNGO CALLED TO HIM, "YOUR HONOR!"

HE ANSWERED, "YES?"

UNGO SAID, "YOU UNDERSTAND?"

"NO," HE REPLIED.

UNGO SAID, "IF YOU DON'T UNDERSTAND, THAT IS BUDDHA'S SECRET WORD; IF YOU DO, THAT IS MAHAKASHYAPA'S NOT KEEPING IT A SECRET."

1)では、気になるあのUNGO DOYOとTOZANの対話の部分を、英語で転記しようと考えたが、ああめんどくせーということになる。それでは、画像で残そうかな、と思ったが、ひょっとするとOSHOの文献はほとんどネット上で読める時代だから、検索してみると、見事にありました

2)いつまでアクセス可能なのか不明なので、とりあえずその部分だけをコピペしておくけれど、たとえば雲居道膺がUNGO DOYO となったり、洞山良价
TOZANになったりすることに、どう対処すべきなのか。いや逆か。そもそもOSHOはUNGO DOYO と表現し、TOZAN と表現しているのである。それをさらに逆転させて雲居道膺 や洞山良价と翻訳したり、とらえ直したりすることに、日本人としての感覚がかなり揺さぶられていることを感じる。

3)OSHOの講話における人名は、ひとりひとりの実在性や研究成果の結果としての存在性を浮き彫りにしているわけではなくて、ひとつひとつのエピソードの小さなパラグラフに対して、多少のリアリティを加えてために使われているような気がする。

4)OSHOは研究者でもなく学者でもない。ましてや聴衆や読者が一つ一つ追いかけることは、ないだろう。あったとしてもかなりめんどくさいことになっているはずである。今回の当ブログのこの「ちょっとした小さな旅」は、たったワンワードを探る旅なのだが、結果として、大きな関わりのパラダイムに気づかされることになるだろう。

5)また、それに気づくためにこの小さな旅に旅立とうとしているのである。そもそも、OSHOの最後のZENシリーズとはなんだったのか?というところまで行きつくことになるだろう。

6)そしてまた、中国禅の爛熟期である唐代禅師祖師方の、決して膨大ではないが、かなりな多様性の悟り方を追いかけてみることになるだろう。

7)そしてまた、把不住、というキーワードとして、自らの在り方を私自身が私自身に問いかける旅となろう。

8)プネー2の中の、さらに最後のZENシリーズとなったもののリスト。

88/04/22 88/05/26 Live Zen 

88/05/27 88/06/10 This, This, A Thousand Times This: The Very Essence of Zen 「これ これ 千回もこれ」

88/06/11 88/06/26 Zen: The Quantum Leap From Mind to No-Mind 

88/06/27 88/07/11 Zen: The Solitary Bird, Cuckoo of the Forest 

88/07/12 88/07/24 Zen: The Diamond Thunderbolt 

88/07/25 88/08/01 Dogen, the Zen Master: A Search and a Fulfillment 「道元」

88/08/02 88/08/11 The Miracle 

88/08/12 88/08/28 Turning In 

88/08/16 88/08/25 The Original Man 

88/08/29 88/09/07 The Language of Existence 

88/09/08 88/09/15 The Buddha: The Emptiness of the Heart 

88/09/16 88/09/25 Ma Tzu: The Empty Mirror 「空っぽの鏡 馬祖」 

88/09/26 88/10/04 Hyakujo: The Everest of Zen, with Basho's Haikus 

88/10/05 88/10/14 Nansen: The Point of Departure 

88/10/15 88/10/22 Joshu: The Lion's Roar 

88/10/23 88/10/31 Rinzai: Master of the Irrational 「臨済録」

88/11/01 88/12/02 Isan: No Footprints in the Blue Sky 

88/12/03 88/12/06 Kyozan: A True Man of Zen 

88/12/26 89/01/07 No Mind: The Flowers of Eternity 「ノーマインド永遠の花々」 

89/01/08 89/01/12 Zen: The Mystery and The Poetry of the Beyond 

89/01/13 89/01/16 One Seed Makes the Whole Earth Green 

89/01/17 89/01/21 Yakusan: Straight to the Point of Enlightenment 

89/01/22 89/01/29 Christianity: The Deadliest Poison and Zen: The Antidote... 

89/01/30 89/02/05 Communism and Zen Fire, Zen Wind 

89/02/06 89/02/12 God is Dead, Now Zen is the Only Living Truth 

89/02/13 89/02/19 I Celebrate Myself: God Is No Where, Life Is Now Here 

89/02/20 89/04/10 The Zen Manifesto: Freedom From Oneself 「禅宣言」

9)この中には、現在手元にないものが多数ある。されど、それらを実態として購入する楽しみもあるが、場合によっては、今回みたいに、全文がネット上で読めてしまうものが多数あるはずである。むしろ、今後の拡張性から考えて、あやうくはあるが、ネット上のリンク幅を広げていくことのほうが大事なような気もしてきた。

10)本は本として、実体化した物理としての存在を集めていくのも楽しいことではあるが、積読だけでは意味がない。今回は、決して全体ではなく、一つのキーワードを広げていく意味で、いずれ全体が見えてきてしまう、という効果を狙ていきたいと思う。

11)あと、ちょっとひとつだけ。バージョンによって違いもあるのだろうが、英語本では14章は「Zen is Nobodies」となっているが、ネット版では、「No Title」となっていた。一応、それぞれにあたってみる価値はあるかも。

つづく

| |

« これ これ 千回もこれ <4> | トップページ | シルバー川柳入選作品 »

06)違の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これ これ 千回もこれ <4> | トップページ | シルバー川柳入選作品 »