« 2020年上半期に当ブログが読んだ新刊本ベスト10 | トップページ | 保険屋こぼれ話 マイストーリー »

2020/12/22

「花の誇り」藤沢周平

712sjfidrwl__ac_sl1149_
「花の誇り」
原作 藤沢周平 出演 : 瀬戸朝香, 酒井美紀, 田辺誠一, 山口馬木也, 葛山信吾 発売日 : 2009/4 販売元 : NHKエンタープライズ 時間 : 1 時間 39 分  形式: DVD
No.4450★★★★

1)「花のあと」「山桜」などのように、花は藤沢周平ワールドの女性主人公のシンボルのようである。その名のとおり「花の誇り」は女性のドラマである。

2)このドラマは、よくできたドラマなのだろうか? 二回続けてDVDを見て、それなりにその狙いはわかった。なるほど、そういう藤沢周平ワールドだったのだ。

3)しかし、その前にこのドラマは、NHK時代劇であった。豪華でなければならず、簡潔でなければならない。しかも美しく、茶の間を彩らなくてはならない。

4)そのしばりの下で、本当にこのドラマはよくできたドラマだと、言えるのだろうか。原作を読んでいない段階で、軽々しくは言えないが、このドラマについては、NHKvs藤沢ワールドは、ちょっとミスマッチだったように、私は感じた。一時間30分という時間もちょっとみじかすぎたのではないか。

5)いろいろな細工が重なりすぎている。それに殺陣で、女性主人公が左利きなのに、ワザと演じているのかどうか、その辺の迫力も、いまいちだったのではないか。

| |

« 2020年上半期に当ブログが読んだ新刊本ベスト10 | トップページ | 保険屋こぼれ話 マイストーリー »

06)違の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年上半期に当ブログが読んだ新刊本ベスト10 | トップページ | 保険屋こぼれ話 マイストーリー »