« 「花のあと」藤沢周平原作 <2> | トップページ | 「瞑想録: 静寂の言葉」OSHO <2> »

2020/11/22

「街道をゆく」 18 越前の諸道  司馬 遼太郎 <2>

<1>からつづく

81cbokibaks
「街道をゆく」 18 越前の諸道 <2>
司馬 遼太郎 (著) 2008/12  朝日新聞出版; 新装版 文庫 : 300ページ
★★★★★ 

 知人に遼太郎という名前を持っている人がいるので、いつか司馬遼太郎という人の本を読んでみたいと思っていた。思っていただけじゃなくて、こんなに有名は人のことだもの、少しは知っている、と、勝手ながら、自分では思い込んでいた。

 いやいや、ところがどうだ。私はこの作家、この人物については何も知ってはいなかった。調べようともしていなかったのだ。いや、今だって、何もわからない。だけど、今回、突然、なにかのチャンスがやってきた。

 この本、いきなり道元へ道筋がつく。しかも、その道元が、かなり身近で、肉感を身近に感じるほどの、肉迫さだ。私のわからなかった道元が、すでにずっと前にあった。

 どうして、こいうことを避けることができたのだろう。どうして縁がなかったのだろう。そして、そして、いま、どうして、こんな縁が巡って、きたのだろう。


<3>につづく

| |

« 「花のあと」藤沢周平原作 <2> | トップページ | 「瞑想録: 静寂の言葉」OSHO <2> »

10)違の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「花のあと」藤沢周平原作 <2> | トップページ | 「瞑想録: 静寂の言葉」OSHO <2> »