« 「瞑想録: 静寂の言葉」OSHO <2> | トップページ | 「サンガジャパン」 Vol.11「なぜ、いま瞑想なのか」 »

2020/11/26

「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき <5>

<4>からつづく

41msxuf3svl 
「ウィキペディアで何が起こっているのか」
わり始めるソーシャルメディア信仰 <5> 
山本 まさき (著), 古田 雄介 (著) 2008/9 出版社 : オーム社 単行本(ソフトカバー)236ページ 
★★★★★


私は全面的にD123の感性に賛成です。:イエローハート:
エンライトのためには「何をしてもいい」とか、「Club-med」にしても、若い感性で反応していくべきです。知らないものは知らないのですから。
伊藤雅之氏は、実名であれだけの大ナタを振るってくれたのだから、私は心から感謝しています。大筋で、彼は、研究論文まで下がって削除しても構わない、と示され、すでに一週間程度経過しているので、おおよそ合意は成立していると考えます。また当時の3分の1程度まで削除して、もっと読みやすくしたらどうか、ともアドバイスをしています。
伊藤氏のガイドラインでは、ジャーナリストやライター、研究者とは言え専門外の分野についての記述は削除して構わない、と理解しています。
例えば足沢一成なる人物は、名前を数度記述されたうえでまだ残っていますが、いそいで削除しなくても構わないですが、削除されてもしかたない位置にあります。
もっともWikipediaは研究論文ではないので、肩くるしくなく、一般の読者でも楽しめる文章スタイルがのぞまれますので、時にはいかに研究論文とは言え、削除したり、加筆したりすることは可能であると考えます。
万が一、議論があれば、ノートや特別ノートなどで議論をすべきであろうと思います。そして、誰かが半保護や拡張半保護などの申請をしたいのであれば、それはそれで権利が守られています。
少なくとも私は、半保護でも、拡張半保護でも、編集する権利をすでに獲得しました。登録後14年のキャリアを持つ、間もなく1,000回(ふたつのアカウントを合わせて)にとどく編集履歴をもつ編集者として、責任ある行動を問われますが。
先日私は「Oshoスバガット瞑想センター」の記事を立て、即時削除を申請され、数週間後に削除されました。基本、私の記事が悪いのではなく、そもそも私が「カテゴリ」を付け加えるのを忘れたのが原因です。それで編集エラーにひっかかり、悪意を持った人が、IPアドレス登録アカウントで、一回だけ申し立てたのです。それに同調する2名ほどが、いい加減なことを付け加え、最終的に削除されました。
私はこの処置に不満はありません。この機会に、スバガットを、少なくともWikipediaに対応できるほどの分量と質でまとめることができたのですから。友人の数名のアドバイスを受けて、いずれ私は再度挑戦します。


追記
ちなみに現在この人物は、世界中のWikipediaで50以上の言語で記述されていますが、Oshoと表記されるのが主流です。一歩譲ってOshoRajneeshがコモンです。今時、Bhagwan Shree Rajineeshをメインの入り口にしているのは、日本語バージョンと、その他いくつかの少数派です。


面白の少なきWikiを面白く   把不住



<6>につづく






| |

« 「瞑想録: 静寂の言葉」OSHO <2> | トップページ | 「サンガジャパン」 Vol.11「なぜ、いま瞑想なのか」 »

10)違の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「瞑想録: 静寂の言葉」OSHO <2> | トップページ | 「サンガジャパン」 Vol.11「なぜ、いま瞑想なのか」 »