« 「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき | トップページ | 「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき <3> »

2020/10/24

「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき <2>

<1>からつづく

41msxuf3svl 
「ウィキペディアで何が起こっているのか」
変わり始めるソーシャルメディア信仰 236ページ 
山本 まさき (著), 古田 雄介 (著) 2008/9 出版社 : オーム社 単行本(ソフトカバー)236ページ 
★★★★★

ここまで、このプロジェクトに加わって、今はちょうど中間地点にいると思うので、感想を述べておきます。

①第一の貢献者はダイヤモンド123 だと思う。彼女が叫び続けなかったら、私の眠気などぶっ飛びはしなかった。おいおい、いい加減にしてくれよ、寝てるんだから。しかし、それ以上叫ばれると、どれどれ、何が起きてんの、と眠い目をこすりこすり、ごそごそやりだした。

②経緯から考えて、今回のドサクサを作ったのは、ほとんど三日前氏一人だと思われる。履歴を見たり、彼の志向性を判断するにおいて、組織的ではないし、工作員でもない、と私は思う。だから、ページを見ていて、おかしい、と思うことのほとんどは、彼一人がわずか4月29日から10月21日までの半年間の作業が原因なので、即削除に踏み切っても、決して間違いではない。彼の作業は、批判もされなかったが、決して他の人の賛同も得ていない。

③三日前氏が今後このページに戻ってはこないだろう。むしろ、あのアカウントは、もう終わっている。パンデミックでヒマだったのだろう。そろそろまた仕事も忙しくなったかもしれない。彼は、きっと忘れてしまうだろう。だが、今回の事件を決して、彼ひとりのせいにすることができないのは、それを黙認していた、私をはじめ、Wikipediaの読者たちだと思う。アレ、おかしいなあ、と遠ざかっているうちに、これだけ荒らされてしまうのだ。中立、検証可能性、独自研究排除、という点から考えれば、彼の所業は決してはずれてはいない。少なくとも、検証可能性といういみでは、資料を探し続け、それらしく中立性を装い続けることができた。しかし、それは、やっぱりヒツジの皮をかぶったオオカミに過ぎなかった。

④ハッカー(Wikipedian)スピオタ(スピリチュアル・オタク) 反OSHO、という推測は間違いないだろう。彼は少なくとも、私(たち)よりもはるかにWikipediaを知っていた。そこがどのように成立し、どのように影響を与えるかも知っていた。そして、それは、自らの人生を賭けたものではなく、いたずら的要素を含んでいることも、自覚していた。彼は、おそらく戻ってはこないだろう。なぜなら、現在はダイヤモンド123一人ではないことがはっきりしたからだ。多勢に無勢。いたずらが終わって、おそらく、彼はアカウントを変えて、他に遊びに行っているのかもしれない。

⑤彼のいたずらが復活しないとは言えないが、それは、また私(たち)が寝こけてしまったあとだろう。その時、彼はまたいたずらをしたくなるに違いない。今回の体験から、私は、別の二つのWikipediaを立ち上げることができた。そういう意味においては、むしろ、三日前氏に感謝さえすることができるかもしれない。また、今後、ひとり湾岸パトロールを始めてもいいな、とさえ思っている。

⑥今は、とにかく三日前のいたずら落書きを消す作業に専念せざるを得ない。そして4月29日以前のページにまで押し戻そうとしている。しかし、おそらくそれでは不備であろう。この数年あるいはもっと長い間、大きくこのページは活性化されていなかったのではないか。もっともっとwithコロナ時代に向けて、積極的にOSHOのビジョンを提供できるページにならなくてはならないのではないか。

⑦近年、出版されるOSHOの本からは、OSHOの顔写真が消されつつある。このことを、実は私は大歓迎している。今回の「存在の詩」新装復刊本のカバーは、OSHOのサインのプリントが施されていた。新鮮であり、また違和感がなく、実にフィットしていた。

⑧このWikipediaの画像も、本当に必要のだろうか。いまだに私たちはOSHOという肉体を介さなければ、自らの瞑想に入れないのだろうか。ShiningStar1979 が努力してくれているのは、おそらくOSHO本人も感謝していることだろう。されど、むしろ、アップすべきは、別の画像になるべきなのではないだろうか。

⑨先日、ダイヤモンド123 は、加藤三郎のリンクは要らないのじゃないか、と述べた。私には、その意見がとても新鮮だった。オレゴンも関係ないし、シーラのことだって、シーラない、と切り捨てることも、必要な時代になってきているのではないか。彼女の動きや意見を聞いて、私はだんだん、そのように感じるようになってきた。

⑩提案 4月29日の前の段階まで戻すというのは、消極的な対応である。これをいい機会に、このWikipediaをもっと積極的でかつ更に魅力的なものに仕上げて行こう。そういう感じになってきた。先日、私はPB氏にも多少の参加要請の意味合いも含めてメールを書いたよ、と書いておいた。返信は来ました。私信ゆえ、内容はバラすことはできないが、それを読んでいて、ますます、時代は新しくなっているな、と感じた。

⑪ここに参加している 星本光一氏も今後どのような活躍をされるのか、注目しつづけていくつもりである。単に反グルイズムだの、反OSHOだのと、言っていても、何の成果もあがらないのであれば、また、私なんぞは、眠くなって、寝込んでしまうだろう。そのうち安楽死になってしまう可能性もある。

⑫う~ん、ここまで書いてきて、自分で何をいいたいのかわからなくなってきたけれど、まずは、今回のプロジェクトに誘ってくれた人たち、参加してくれた人たちに、改めてお礼を申し上げたい。私は、この一か月、鏡を見ていて、あ、俺って、いい顔してるな、と思った。やりたいことがやれてる気がした。何かが見えてきたようにさえ思う。

⑬今回のプロジェクトは、ようやく折り返し地点まで来たけれど、おそらくこれから1か月以上かかるだろう。それはWikipediaの再生、ということばかりではなく、OSHOの再生、という意味合いも込められているのではないか。今、私はそう思う。

⑭アメリカ大統領選挙の最中、大演説になってしまいました。 サンキュー \(^o^)/

<3>につづく

| |

« 「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき | トップページ | 「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき <3> »

07)違の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき | トップページ | 「ウィキペディアで何が起こっているのか」 変わり始めるソーシャルメディア信仰 山本 まさき <3> »