« 「最澄」 (京都・宗祖の旅) 百瀬 明治 (著) | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<30> »

2020/08/27

「空海」京都・宗祖の旅 澤田 ふじ子

81hx0e1kirl
「空海」京都・宗祖の旅 出版社 : 淡交社 
澤田 ふじ子 (著)  2014/8/26 出版社 : 淡交社 単行本 : 207ページ
No.4419★★★★☆

 この京都・宗祖の旅シリーズでは、一番、空海が縁遠いかなぁ、と思っていたが、どうしてどうして、なんと蝦夷の血を受け継ぐという記述を見て、ハッとした。

 なるほど、山伏などの山岳信仰をなどを取り入れた空海はなるほど、中国よりも、日本古来のスピリチュアリティを強く持っていたかも、と見直した。

 最澄に比べれば、野人であり、密教の取入れ方もかなり無鉄砲ながら、こうでもしなければ、空海も空海足り得なかったのだ、と納得。

 それにしてもこのシリーズは、私にとっては実に便利である。簡単なプロフィールと略歴、そして、由緒ある寺院、地名など、いままでバラバラで、別段興味もわかなかった世界が、それとなく繋がり始める。

 このシリーズは必帯だな。あと、残すは日蓮のみ。

 

 

| |

« 「最澄」 (京都・宗祖の旅) 百瀬 明治 (著) | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<30> »

07)違の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「最澄」 (京都・宗祖の旅) 百瀬 明治 (著) | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<30> »