« 「人気の三種が彫れる 仏像彫刻」 上達のポイント ~大日如来座像・阿弥陀如来像・不動明王像~ (コツがわかる本) 関侊雲他 <2> | トップページ | 「法隆寺五重塔 」不滅の建築 鈴木嘉吉他 <2> »

2020/07/04

「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<26>

<25>からつづく
51cf35abzl
「週刊 仏教新発見  改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<26>
朝日ビジュアルシリーズ 2015/12 朝日新聞出版 ムック 48ページ
★★★★☆ 

Img_4823 

 40分の1から20分の1へ、ということは、面積で4倍、体積で8倍のものを作ればいい、ということではなかった。視線が4倍にも8倍にも行き届いてしまう、ということであった。当然、ミスや不手際も8倍見えてくる。

Img_4812

 前回は、最初の工作だったので、当然すぎるほど不手際があったのだが、その最大の失敗は、一階部分の格子天井の位置を間違ってしまったということだった。

Img_4759_20200704075301

 資料が少ないから、仕方なかったとは言え、二回目の今回は、そんなことばっかりも言っていられない。複数の資料に当たりながら、より自信を持って制作を進めていく必要がある。

Img_4762_20200704075101 

 それでもやっぱり失敗の連続で、作り進んでみたものの、それを外してやり直し、行きつ戻りつして、なかなか思ったように進行表通りには進まない。

Img_4856

 そして、集まってきた材料次第で、無駄にしないように活用方法を考え直していく必要がある。あれがこう、これがああ、本体はともかく、わが作品は我が作品、自らの独自性を、無理をしない程度に発揮していく必要がある。

Img_4861

  法隆寺・五重塔・模型で検索すると、4年前に比べると、より多くの情報がアップされているようだ。とくに制作している人たちが増えているようで、その制作過程の画像の増加が半端じゃない。しかも、みんな、なかなかの腕前だ。これじゃぁ、わがブログの登場など恥ずかしくて、と気おくれしてしまいそうだ。  

Img_4851 
 
 自分の作品を、割りばしアート、と割り切る人もあれば、廃材アートと名づけている人もいる。廃材というと、そもそもが材料で、それが余った半端材料というニュアンスがある。ところで我がアートは、廃物アート、と名づけている。つまり、廃材ですらない、そもそも無価値なもの、処分するのに費用がかかりさえするもの、という意味合いがある。
 
Img_4863

 いい加減、いやになって、もうやめようかな、と思うこともないではないが、数日休んでいると、ここで投げ出してしまうのも、なんだかシャクだから、もう少し続けてみよう、という気になる。

Img_4857
<27>につづく


| |

« 「人気の三種が彫れる 仏像彫刻」 上達のポイント ~大日如来座像・阿弥陀如来像・不動明王像~ (コツがわかる本) 関侊雲他 <2> | トップページ | 「法隆寺五重塔 」不滅の建築 鈴木嘉吉他 <2> »

08)邏の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「人気の三種が彫れる 仏像彫刻」 上達のポイント ~大日如来座像・阿弥陀如来像・不動明王像~ (コツがわかる本) 関侊雲他 <2> | トップページ | 「法隆寺五重塔 」不滅の建築 鈴木嘉吉他 <2> »