« 「大停電の夜に」監督 源孝志 | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<23> »

2020/06/19

「究極の旅」: OSHO 禅の十牛図を語る <7>

<6>からつづく 

510unbzjodl
「究極の旅」
: OSHO 禅の十牛図を語る <7>
OSHO (著), スワミ・プレム・プラブッダ (翻訳)  2013/10/11 出版社: いまここ塾 河出書房新社 単行本(ソフトカバー): 484ページ ()

 きょう、ふと思った。OSHOは、日本の禅を多く語ったが、決して最終形の完成形と考えていたわけではなかろう。その証拠に、シャルノに対して、日本の禅は、十牛図の十番目が欠けている。この十番目を日本に伝えてほしい、と言ったという。

Cow10

 はて、その真意はいかほどのものであっただろうか。シャルノも、それをどこまで理解していたであろうか。いや、他の人はともかく、私自身は、どうなのか?

 多くの探求者が、禅ののちに最終的に親鸞に行きつくことが多々見られるが、ここに何かの秘密がないだろうか。OSHOは決して、玉川信明のようには、法然・親鸞・浄土教・阿弥陀仏をぶった切っていたわけではない。それなりの敬意を持って、扱っていた。

 ひょっとすると、十牛図の十番に、他力易行の真意を込めていたのではないか。直観である。今日のところは、多くを語るまい。いずれ、つながってくるはずだ。

つづく

 

| |

« 「大停電の夜に」監督 源孝志 | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<23> »

08)邏の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大停電の夜に」監督 源孝志 | トップページ | 「週刊 仏教新発見 改訂版」創刊号 01 法隆寺再建の謎に迫る<23> »