« 訃報 | トップページ | 「心通わすお茶」 茶の湯 裏千家 NHK趣味どきっ!<1> »

2020/02/06

「利休の生涯と伊達政宗」茶の湯は文化の下剋上 生形 貴重

Rikyuu
「利休の生涯と伊達政宗」茶の湯は文化の下剋
生形 貴重 (著)  2017/6/1 出版社: 河原書店 単行本: 434ページ

No.4386 

 多少時間もできたし、当面大きなプロジェクトもなくなった。この辺で、放送大学でも学んでみようかな、と思ったのもほんの数週間。どうやら、ちかぢかかわいい5人目の孫の誕生が近づいているらしい。これはびっくり、大喜び。さっそくスケジュールの大変更。

 ということで、心理学の再学習、という大きなプロジェクトは変更になってしまったが、この数週間、放送大学の放送素材に触れることができたことはラッキーだった。まだまだいろいろ楽しいことはありそうだな、という予感が高まった。

 この生形貴重(うぶかたたかしげ)氏著のタイトルには度肝を抜かれた。茶の湯と伊達家文化はそれぞれに異才を放ちつつ、なかなか近づけない領域と感じていたが、その二つの大きな固まりが、実は、かなり隣接していた、と気づかされたのだ。

 そのショックは、「知られざる中世の仙台地方」飯沼勇義 1986/11 や、「古代一木彫像の謎」成城学園 2015/12 などとの出会いの時と同じような衝撃の大きさである。

 細かくは以後に譲るが、利休の死は、伊達政宗の生につながっていたのだ、という断定は、歴史音痴の私の度肝を抜いた。まだ部分読みの段階だが、一冊読み下すころには、もっともっと、たくさんの糸口が見えてくるだろう。

 つづく

| |

« 訃報 | トップページ | 「心通わすお茶」 茶の湯 裏千家 NHK趣味どきっ!<1> »

21)辷の巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訃報 | トップページ | 「心通わすお茶」 茶の湯 裏千家 NHK趣味どきっ!<1> »